月島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
月島駅
10番出入口(2007年8月25日)
10番出入口(2007年8月25日)
つきしま - Tsukishima
東京都中央区月島一丁目3-9(東京メトロ)
北緯35度39分53.6秒東経139度47分3.3秒座標: 北緯35度39分53.6秒 東経139度47分3.3秒
東京都中央区月島一丁目5-4(都営地下鉄)
北緯35度39分51.4秒東経139度47分4.7秒
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局(都営地下鉄)
電報略号 ツマ(東京メトロ)
月(東京都交通局、駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 各1面2線(計2面4線)
乗降人員
-統計年度-
(東京メトロ)61,452人/日
(都営地下鉄)54,692人/日
-2012年-
開業年月日 1988年(昭和63年)6月8日
乗入路線 2 路線
所属路線 Y 東京メトロ有楽町線
駅番号 Y 21
キロ程 23.7km(和光市起点)
Y 20 新富町 (1.3km)
(1.4km) 豊洲 Y 22
所属路線 E 都営地下鉄大江戸線
駅番号 E 16
キロ程 15.9km(都庁前起点)
E 15 門前仲町 (1.4km)
(0.8km) 勝どき E 17

月島駅(つきしまえき)は、東京都中央区月島一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)、東京都交通局(都営地下鉄)のである。

東京メトロの有楽町線と、都営地下鉄の大江戸線が乗り入れ、接続駅となっている。駅番号は、有楽町線がY 21、大江戸線がE 16である。

歴史[編集]

  • 1988年(昭和63年)6月8日 - 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)有楽町線の駅が開業する(延伸・全線開業の開業式を当駅1番線で挙行)。
  • 2000年(平成12年)12月12日 - 都営地下鉄大江戸線の駅が開業し、乗換駅となる。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄の民営化により、有楽町線の駅が東京メトロに継承される。
  • 2010年(平成22年)9月17日 - 有楽町線の駅の改札内に駅ナカ「月島Metro pia」として「フレッシュベーカリー神戸屋 月島メトロピア店」と「月島駅メトロピア ココプレス (CocoPress) 」が開業する[1]
  • 2011年(平成23年)
    • 6月26日 - 大江戸線の駅の1番線と2番線の両方にホームドアが設置される(この時点では稼動していない)[要出典]
    • 8月6日 - 大江戸線の駅の1番線と2番線の両方のホームドアの供用(稼働)を開始する[要出典]
  • 2013年(平成25年)
    • 4月15日 - 有楽町線の駅の1番線にホームドアが設置される(この時点では稼動していない)[2]
    • 4月16日 - 有楽町線の駅の2番線にホームドアが設置される(この時点では稼動していない)[2]
    • 6月29日 - 有楽町線の駅の1番線と2番線の両方のホームドアの供用(稼働)を開始する[2]。同線の駅の自動放送を更新する[要出典]
  • 2014年(平成26年)2月1日 - 大江戸線の駅の自動放送を更新する[要出典]

駅構造[編集]

一般的に地下鉄の路線が交わる場合、後に開通した路線が既設線の下を通過する構造をとる事例が多いが、当駅では後から開業した大江戸線(地下2階)が有楽町線(地下3階)の上を通っている。これは、月島駅を通る計画は大江戸線の方が先になされたことによる[3]。なお、改札階は同一階層(地下1階)である。

有楽町線と大江戸線の乗換改札は設置されていない。なお、両社局による同様の構造をもつ連絡駅と同様、乗継割引の適用は双方の改札を30分以内に通過する必要がある。

東京メトロ[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅佃大橋通りの初見橋交差点の地下に位置する。

ホームは地下3階、改札は全て地下1階に位置している。ホームにはホームドアが設置されている[2]

豊洲側は駅を出るとすぐに単線シールドトンネルの並列となっているのに対し、新富町側は複線シールドトンネルとなることから、新木場方面への線路と和光市方面への線路の間隔が狭まる。

2000年代エレベーターを設置したのに伴い、新たに専用改札が設けられた。このエレベーター専用改札には窓口や自動精算機が設置されていない。また、自動券売機は中央改札周辺にしか設置されていないが、こちらはエレベーター専用改札から通路を通って行くことができる。

2010年に改札を入って右手にあったMETRO'S(売店)が左手階段の踊り場に移転した。また、改札を入って右手には新たに駅ナカ「月島Metro pia」が開業した。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 Y 有楽町線 豊洲辰巳新木場方面
2 Y 有楽町線 池袋和光市森林公園飯能方面

構内店舖[編集]

  • 月島Metro pia[4]
    • フレッシュベーカリー神戸屋 月島メトロピア店[5]
    • 月島駅メトロピア CocoPress[6]
  • METRO'S月島駅

都営地下鉄[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅。清澄通りの初見橋交差点の地下に位置する。

ホームは地下2階、改札は地下1階に位置している。ホームにはホームドアが設置されている。

当駅に大江戸線の列車が到着する際に、当駅に近い肉のたかさごの車内広告が放送される。同じ東京都交通局の都営バスでも月島駅前停留所に到着する際に肉のたかさごの車内広告が放送されるが、放送文が異なる。

駅業務は東京都営交通協力会に委託されており、大門駅務管理所管内の受託駅を統括する9区ブロック長が配置されている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 E 都営大江戸線 両国春日方面
2 E 都営大江戸線 大門六本木方面

構内店舗[編集]

  • メルシー月島駅
  • メルシーの横で東京都営交通協力会が実施する期間限定ショップがある[7]。事前告知はない。なお、この期間限定ショップは、東京都営交通協力会が出店する会社を随時募集して実施している[8]

写真[編集]

利用状況[編集]

東京メトロの2012年度の一日平均乗降人員は61,452人であった[9]

また、都営地下鉄の2012年度の一日平均乗降人員は58,860人(乗車人員 29,675人、降車人員 29,185人)[10]であった。

各年度の一日平均乗車人員数は下表のとおりである。

年度 東京メトロ 都営地下鉄 出典
1992年 15,726 - [11]
1993年 16,082 - [12]
1994年 15,934 - [13]
1995年 15,754 - [14]
1996年 15,726 - [15]
1997年 16,441 - [16]
1998年 17,252 - [17]
1999年 17,642 - [18]
2000年 18,132 10,182[19] [20]
2001年 19,814 13,411 [21]
2002年 20,710 15,044 [22]
2003年 21,139 16,443 [23]
2004年 21,666 17,460 [24]
2005年 22,910 18,997 [25]
2006年 24,693 21,589 [26]
2007年 26,743 24,139 [27]
2008年 28,318 25,862 [28]
2009年 28,562 26,094 [29]
2010年 29,345 27,197 [30]
2011年 29,123 27,625 [31]

駅周辺[編集]

当駅周辺は、佃は佃煮発祥の地として、月島は東京名物のもんじゃ焼きの街(西仲通り、愛称は「もんじゃストリート」)として有名である。相生橋を渡り江東区側に入ると、東京海洋大学越中島キャンパスがある。

市街地再開発事業による複合施設が駅に直結している。

路線バス[編集]

都営バス[編集]

東京都交通局により、以下の都営バスの路線が運行されている。

月島駅前[編集]

2・4番出入口付近に設置されている。

月島三丁目[編集]

10番出入口付近に設置されている。

江戸バス[編集]

中央区より日立自動車交通が受託し、以下の江戸バス(中央区コミュニティバス)の路線が運行されている。

月島スポーツプラザ[編集]

7番出入口付近に設置されている。

月島区民センター[編集]

10番出入口付近に設置されている。

水上バス[編集]

東京水辺ライン[編集]

東京都公園協会により、以下の東京水辺ラインの航路が運航されている。

越中島[編集]

4番出入口から徒歩約10分の、駅北方の相生橋を渡った隅田川沿いの位置に設置されている[33]

特記事項[編集]

隣の駅[編集]

東京地下鉄
Y 有楽町線
新富町駅 (Y-20) - 月島駅 (Y-21) - 豊洲駅 (Y-22)
東京都交通局
E 都営大江戸線
門前仲町駅 (E-15) - 月島駅 (E-16) - 勝どき駅 (E-17)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 有楽町線 月島駅に"ベーカリー&ファッション雑貨ショップ"9/17(金)オープン!(ニュースリリース) - 東京地下鉄(2010年8月26日付)
  2. ^ a b c d ホームドア設置計画進行中 有楽町線新富町、月島、新木場駅に設置! (PDF) (ニュースリリース) - 東京地下鉄(2013年3月25日付)
  3. ^ 鉄道トリビア(95) - マイコミジャーナル(2011年4月23日付)
  4. ^ 月島駅のお店・施設 - 東京地下鉄
  5. ^ フレッシュベーカリー神戸屋 月島メトロピア店
  6. ^ 月島メトロピア CocoPress
  7. ^ 収益事業 - 東京都営交通協力会
  8. ^ 出店公募情報 - 東京都営交通協力会
  9. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  10. ^ 各駅乗降人員一覧 - 東京都交通局
  11. ^ 東京都統計年鑑(平成4年)
  12. ^ 東京都統計年鑑(平成5年)
  13. ^ 東京都統計年鑑(平成6年)
  14. ^ 東京都統計年鑑(平成7年)
  15. ^ 東京都統計年鑑(平成8年)
  16. ^ 東京都統計年鑑(平成9年)
  17. ^ 東京都統計年鑑(平成10年) (PDF)
  18. ^ 東京都統計年鑑(平成11年) (PDF)
  19. ^ 2000年12月12日開業。
  20. ^ 東京都統計年鑑(平成12年)
  21. ^ 東京都統計年鑑(平成13年)
  22. ^ 東京都統計年鑑(平成14年)
  23. ^ 東京都統計年鑑(平成15年)
  24. ^ 東京都統計年鑑(平成16年)
  25. ^ 東京都統計年鑑(平成17年)
  26. ^ 東京都統計年鑑(平成18年)
  27. ^ 東京都統計年鑑(平成19年)
  28. ^ 東京都統計年鑑(平成20年)
  29. ^ 東京都統計年鑑(平成21年)
  30. ^ 東京都統計年鑑(平成22年)
  31. ^ 東京都統計年鑑(平成23年)
  32. ^ アクセス - キャピタルゲートプレース
  33. ^ 越中島発着場 - 水上バスで行こう!(東京都公園協会)
  34. ^ 十六茶の当駅が使用されているテレビCM「今日も朝から出勤」篇[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 月島駅(駅の情報・路線図) - 東京メトロ
  • 月島(各駅情報) - 東京都交通局