両国 (墨田区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 墨田区 > 両国

両国(りょうごく)は、東京都中央区墨田区両区の両国橋周辺一帯。また、墨田区の町名のひとつである。

歴史[編集]

江戸時代1659年万治2年)12月13日に架橋され、当初幕府によって大橋と名づけられたが、両国橋と通称された。 これにより両国橋東岸の地域、現在の両国が神田日本橋方面と直接結ばれ、以後江戸が隅田川をはさんで東側に拡大する足がかりとなった。現在の両国を含む北側が本所、両国よりも南側が深川であり、双方とも江戸時代の新興住宅地域にあたる。 1686年貞享3年)(一説によれば寛永年間1622年-1643年))に、のちの南葛飾郡武蔵国へ編入されるまでは隅田川(当時は大川)が下総国と武蔵国の国境であったため、大橋(両国橋)はその両方の国に跨っていた。これが両国橋の名称の由来となっている。

中央区側の両国(日本橋両国)[編集]

本来、両国とは、隅田川西側の武蔵国側の称である。元禄時代(1688年)からの本所深川開発以降、現在の両国である旧下総国側(墨田区側)を東両国(向う両国とも)と呼ぶようになった。

両国の北に隣接する柳橋も含め、両国は江戸屈指の歓楽街として栄え、特に両国橋西詰の両国広小路見世物などの小屋が立ち並んで賑わった。

特に江戸期には、後に町名への正式採用に至った東日本橋地区に留まらず、近隣の日本橋馬喰町日本橋横山町日本橋久松町なども含めて、両国の名称を使用していたり、両国を冠称していたりした。

本所深川は旧来の下町神田日本橋京橋下谷浅草)からは「川向こう」であり、西側は本家の両国、川向こうは東両国(向う両国)という感覚が定着したと思われる。両国は隅田川をはさんで西、東が対等ではなくあくまで西側が本家で優越だったと考えられる。 そのことは両国近隣に関わらず、明治期以降正式採用された町名からうかがい知れる(隅田川を挟んで、日本橋両国に対しての本所東両国、浅草駒形に対しての本所東駒形など)。

過去に存在した路面電車の「両国停留所」、現在も存在する「両国郵便局」などに「両国」の名称が使用されていたのも、本家の両国とした名残である。

1878年明治11年)の東京市15区創設後、西側を日本橋両国、東側を本所東両国という言うようになった。中央区側を西両国と表現するのは適切ではない。

その後、両国駅の開業や両国国技館の開館にともない、両国という地名は主に東両国を指すようになっていったと考えられる。1971年には住居表示にともない、中央区の日本橋両国は周囲の日本橋米沢町、日本橋薬研堀町などとあわせ東日本橋と改められ、現在は中央区東日本橋二丁目となっている。一方、墨田区側は1967年に東両国から両国へ改称された。

すなわちおおざっぱに言えば隅田川の右岸の名称は両国、日本橋両国、東日本橋と変遷し、一方左岸は向両国、本所東両国、両国と変遷したため、本来右岸にあった両国が左岸へと移動した。

東日本橋地区内には東日本橋二丁目両国町会、東日本橋両国商店街が存在した。現在は共に名称を変更し、東日本橋二丁目町会、東日本橋やげん堀商店会(2004年前後)となった。

両国広小路[編集]

現在の中央区東日本橋に設けられた広小路。明暦の大火の教訓を元に整備され、江戸三大広小路のひとつにあげられる。現在、両国橋西交差点付近に、「両国広小路記念碑」が設けられている。

2013年4月、墨田区側のJR両国駅前に「両国駅広小路」なる駅前広場が整備された。「両国広小路の賑わい」を模したとのことであるが、実際の両国広小路とは場所が全く異なり、ここが両国広小路であったかのような誤解を与えかねない命名と言える。

両国花火[編集]

1732年享保17年)に起こった全国的な大飢饉(いわゆる享保の大飢饉)や江戸におけるコレラの流行を受けて、八代将軍徳川吉宗が死者の弔いと悪病退散を願って両国にて水神祭と施餓鬼を行った。この際に花火を打ち上げて川開きを同時に行ったことが両国花火大会の始まりといわれている。1733年享保18年)5月のことであった。担当した花火師が両国の篠原弥兵衛、有名な「鍵屋」六代目である。後にこの鍵屋から暖簾分けした「玉屋」が加わり、それぞれ両国を挟んで上流側・下流側を担当した。花火を打ち上げるたびに「たまやー かぎやー」という掛け声がかかるのは、この競演に由来する。

両国花火大会は、何度かの中断があったものの、現在も続いている日本で最も歴史の長い花火大会である。1978年昭和53年)に15年ぶりの復活を遂げた際、現在の「隅田川花火大会」へと名を変えた。

両国(町名)[編集]

両国
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 墨田区
地域 本所地域
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 130-0026

東京都墨田区の地名。現在の両国は旧本所区にあたる本所地域内である。

地理[編集]

本所地域の西側に位置し、中央区東日本橋)、台東区柳橋)との区境にあたり、区分は一丁目から四丁目に至る。

河川

歴史[編集]

江戸期には主に「向こう両国」と呼ばれた地区で、本所区時代に使用していた「東両国」から、従来の両国(中央区側の両国)から先取りする形で住居表示に両国の町名を採用する。

吉良邸に赤穂浪士が討ち入った元禄赤穂事件の舞台として知られている。現在そのごく一部が吉良邸跡として保存され、区立本所松坂町公園となっている。

近代、墨田区側の両国が全国に知られているのは両国国技館によるところが大きいと思われる。1909年に完成し1944年まで使用された旧両国国技館は、両国二丁目の回向院の旧境内にあった。その後、蔵前国技館への移転を経て、1985年に新しく完成した現・両国国技館は、両国駅の北側、墨田区横網に位置している。

交通[編集]

道路
首都高速道路・出入口

ゆかりの人物[編集]

大江戸・両国からくり祭[編集]

2006年から毎年10月に開催されている。各種のからくりが展示される。江戸手妻(てづま)の紹介や街頭芸人も集まる。

2011年より「大江戸両国・伝統祭」と名称変更する。江戸手妻、殺陣、琵琶、相撲甚句、大道芸、江戸の音曲その他からくりも含めつつ、江戸時代の芸能すべてを紹介する祭りへと変わった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]