ナイン・ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nine Network
Channelnine.svg
Nine Network Logo
開局 1956年9月16日
所有者 Nine Entertainment Co.
映像形式 576i (16:9 SDTV)
視聴率 国内シェア31.8% (2010 Ratings Year現在、[1])
スローガン Welcome Home
オーストラリア
言語 英語
放送地域 シドニー, メルボルン, ブリスベン, ニューキャッスル, ダーウィン
加盟 パース, アデレード
姉妹チャンネル GO!
GEM
公式サイト ninemsn.com.au

Nine Network(ナインネットワーク)は、シドニーに本拠を置くオーストラリアの民間テレビネットワークである。オーストラリアの大手メディア企業PBL(Publishing & Broadcasting Limited)の一部門である。PBLの傘下には有料の衛星テレビチャンネルやケーブルテレビ局(この2事業はニューズコーポレーションとの共同事業)、出版社、またメルボルンパースのカジノなどがある。

1956年シドニーメルボルンでテレビ放送を開始した。1963年に主要都市を結ぶネットワークを完成、ナショナルテレビジョンネットワークとなった。現在のチャンネル9との名称は1974年から用いている。

テレビ放送における視聴率争いで2000年以来、トップを走り続けている。(占有率でチャンネル9は29%前後、ライバルのチャンネル7は27%前後。出典:2005年度のオーストラリア国内でのテレビ局別占有率)。スポーツでは2010年2012年のオリンピック、ラグビーの国内リーグ、ナショナルラグビーリーグの地上波独占中継権。ゴルフ全英オープン全米オープン。また、世界でも屈指の選手層を誇る水泳の豪州選手権の放映権を持つ。2006年にメルボルンで開催されたコモンウェルスゲームズではホスト制作局を務めた。日韓ワールドカップまではFIFAワールドカップも放映していた(2006年からは国営のSBSが放映)。ニュース番組でもトップをひた走り、ドラマやコメディ番組では『CSI』や『FBI失踪者を追え』といったCBS制作の番組が人気を集めている。『テスト・ザ・ネイション』や『サバイバー』、『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』のオーストラリア版もこの局が制作している。

NineMSN[編集]

マイクロソフトとPBLが50%ずつ出資し、1997年からオーストラリア版のMSNを提供している。Mozilla Firefoxのブラウザでは閲覧できない。同様にライバルのチャンネル7もYahoo!と共同でYahoo!7を運営している。

外部リンク[編集]