チャンス! (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャンス!』は、フジテレビ系列で1993年4月14日から6月30日まで『水曜劇場』枠で放送されたテレビドラマ。

最終話のラストに「To be continued Chance2」と表示されるが、いまだ続編は作られていない。また、2013年現在、DVD化もされていない。

登場人物[編集]

  • 本城裕二:三上博史
    人気絶頂の折、ライブ中に突然渡米と充電を表明し、2年後帰ってきたら忘れ去られていた売れない歌手。プライドが高い。1962年7月23日生まれ。O型。横浜出身。
  • 白金葵(ポンタ):西田ひかる
    本城の新任マネージャー。レコード会社をクビになり、転職してきた業界3年目のマネージャー。本城に名前ではなく「ポンタ」と呼ばれている。「夢を売る仕事をしたい」と決め、どんなことにもまっすぐに体当たりしていく(しかし取ってくる仕事は小さいものばかり)。いつも一生懸命のため、まわりの評判も良い。性格の正反対な本城にいつも振り回されるが、彼の音楽に対する真摯な姿勢に心を打たれ、成功させたいと奔走する。ポンタとは本城が昔飼っていた犬の名前である。金沢出身。
  • 日向麗太:東幹久
    本城のバックバンドを務めていたが、現在では売れっ子歌手でワンダーミュージックの稼ぎ頭。生真面目で礼儀正しく、業界受けもいい。しかし時代の盛り上がりと反比例し、自分に自信が持てず常に悩んでいる。自分の心のままに生きる本城にジレンマを感じ内心反発心を抱いているが、曲作りのセンスは高く認めている。本城に憧れてこの世界に入った。
  • 松田伝次郎:武田真治
    本城の元マネージャーで、現在は日向のマネージャー。おかっぱ頭と大きな眼鏡が特徴。マネージャー時代に苦労させられたことや本人から(担当を)クビと言われた経緯から、本城のことを目の敵にしている。その本城からは嫌われている。日向や本城のことを「先生」と呼ぶ。
  • 武藤慎一:鶴見辰吾
    本城の大学時代の同級生。レコード会社の課長で、プロデューサー。
  • 植原正:森本レオ
    本城とゼロから立ち上げた芸能事務所「ワンダーミュージック」の社長。いつもは飄々として穏やかな人だが、業界にはその人柄で顔が利く。何かとトラブルを起こす本城を陰ながら温かく見守り支援している。
  • 平栗洋子:相田翔子
    「ワンダーミュージック」の社長秘書。社長の植原に気があるようだが…。いつもは冷静でいるが、社長のこととなると時にかなり積極的になりまわりが見えなくなる。
  • 斎藤弘:渡辺航
    ワンダーミュージックの社員。
  • 結城真理:手塚理美
    売れっ子雑誌記者。本城の学生時代からの友人であり元彼女。一緒にバンドを組んでいたこともあった。音楽に関する知識や見識はプロであり、辛口である。自分の好きなように生きている本城とは馬が合い、よく飲みに行ったり家に泊まりにも行っている。白金とは対照的な「大人の女性」。

白鳥由夏

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル・主なゲスト出演者[編集]

  1. 忘れられたスター
  2. 幻のコンサート
  3. スキャンダルな奴
    • 吉永美奈子:芳本美代子
      本城の古い友人。本城宅に息子の裕一を置いて姿を消す。
    • 婦人警官:篠原涼子
      本城の元彼女のうちの一人。
    • 電波子:電波子
      素人のど自慢大会の審査員の一人。
  4. キスして何が悪い
    • 白鳥百合子:今村恵子
      ドラマの撮影で無理矢理本城にキスをされ、一方的に恋に落ちるアイドル。勝手に結婚引退宣言までした。
  5. スター誕生
    • 山崎洋二:浅野忠信
      本城が発掘した新人アーティスト。日向の大ファン。
  6. 突然人気者になる
  7. ヌード
    • 吉野矢太郎:西村雅彦
      手がけたアーティストを必ず売れっ子にすると言われる業界の敏腕マネージャー。常にパソコン(ダイアンと命名している)を携帯し、今を冷静に合理的に分析し、確実に売れる方向へ導いていく。その手腕は本城からも本物だと言わしめる。
    • 中山プロデューサー:鈴木ヒロミツ
    • 神田瀧夢
  8. 夢は必ず実現する
  9. 選ばれた男
  10. その曲は売れない
    • 白石礼子:ジュディ・オング(特別出演)
      業界に大きな影響力を持つ芸能事務所社長。通称「ホワイトストーン」。目をつけられたら生きてはいけないと恐れられている業界の女帝。過去に本城に逃げられて大変な損失を出している。
  11. チャンス
  12. ハッピーエンド

エピソード[編集]

  • 主演の三上博史は当ドラマ放映期間中に『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」のゲストに呼ばれ、番宣を兼ねて『本城裕二』のいでたちで出演し、タモリに髪型について振られた際にこの長髪はヘアーエクステンションであることを明かした。
  • 劇中歌である「HANG OUT!」と「夢 with You」が、実際に本城裕二名義でCDリリースされた(「夢 with You」はオリコンチャート最高位3位、ドラマ内のチャートでは1位)。
  • 久保田利伸が1993年のコンサートツアーの中で、本城のセリフにちなんで「大きくまとまれよ」と言っていた。
  • 本城宅の冷蔵庫にはハイネケンのビールしか入っていない。
  • 日向麗太も劇中で「俺は叫んでる」という歌を歌っているが、実際にはこれは非売品で視聴者プレゼントとなった。
  • 同じフジ系ドラマ「恋ノチカラ」で、主人公が初めて手がけた仕事であるアイドルのライブチラシは「日向麗太」のライブのもの。
  • テレビ朝日系ドラマ「時効警察」の第5話の被害者であるロック歌手の名前が本郷高志。そのマネージャーを演じる役者が東幹久で、事務所の壁に「小さくまとまんなよ」と書かれていた。

関連商品[編集]

  • サウンドトラック
    • CHANCE! ORIGINAL SOUNDTRACK(Sony Records、1993年6月21日発売)SRCL2661
  • ノベライズ本
    • チャンス!(ワニブックス、1993年6月発売) ISBN 4847011783
フジテレビ 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
振り返れば奴がいる
(1993.1.13 - 1993.3.24)
チャンス!
(1993.4.14 - 1993.6.30)
悪魔のKISS
(1993.7.7 - 1993.9.22)