松居直美 (タレント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まつい なおみ
松居 直美
本名 松居 直美
別名義 岡山 直美(結婚当時の本名)
生年月日 1968年1月14日(46歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県筑波郡(現:つくば市
身長 159cm[1]
血液型 B型
職業 タレント
歌手
女優
ものまねタレント
ジャンル テレビ番組
テレビドラマ
舞台
活動期間 1982年 -
公式サイト 松居直美 WEB SITE

松居 直美(まつい なおみ、1968年1月14日 - )は、茨城県筑波郡(現:つくば市)出身のタレント歌手女優ものまねタレントゴールデンミュージックプロモーション所属。

来歴[編集]

1968年11月14日茨城県筑波郡(現:つくば市)に生まれる。「直美」という名前は、歌手佐良直美にあやかりつけられた名前である(1968年から4年間、親が子供につける名前ナンバーワンであった)。小学校6年生の時に実家がペットショップを経営していたが、隣の家が肉屋であったため、1年で閉店を余儀なくされた。

中学校2年生で『歌まね振りまねスターに挑戦!!』(日本テレビ)に出演。そのまま芸能界にスカウトされ、谷田部町立高山中学校(現:つくば市立高山中学校)在学中の1982年に『電話のむこうに故郷が』で歌手デビューする。

もともとアイドル演歌歌手だったが、『欽ドン!良い子悪い子普通の子』(フジテレビ)のコーナー「良いOL・悪いOL・普通のOL 」で「普通のOL」役に起用される。素人っぽさの残る動き、茨城訛りでのアドリブや会話のやり取りなどがお茶の間に浸透。瞬く間に人気コーナーとなり、OL役三人で「よせなべトリオ」を結成してレコードデビュー。

「よせなべトリオ」のデビュー曲『大きな恋の物語』はオリコンで最高位8位・16万枚を越すヒットを記録。歌番組に出演する機会もあったが、松居はデビュー当時中学生であったため(18歳未満の者の21時以降の就業を禁じた労働基準法の従来規定に抵触していたため)、生放送の番組に出演することはなかった。ただし、「よせなべトリオ」の生田悦子小柳みゆきの二人が生出演し、松居はVTRでの出演ということは幾度かあった。

明治大学付属中野高等学校定時制中退後、東海大学付属望星高等学校へ進学したが中退。その後は、得意のものまねやトークなどを活かし、バラエティー路線を中心に活躍。ものまねのレパートリーも多く、坂本冬美石川さゆり演歌歌手のものまねを得意とする。また、都はるみのものまねは十八番である。

1994年6月声帯ポリープ摘出手術のため入院。

私生活では、1995年にフジテレビのものまね番組などでADを務めていた男性と結婚し、1男をもうけるが、教育方針の対立により2003年離婚した[2][3]

2004年には、自身をモチーフにした『CR松居直美』なるパチンコ台が藤商事からリリースされた。

人物[編集]

  • ドリフ大爆笑』(フジテレビ)に度々ゲストで出演した際はいわゆる三枚目女の子キャラという扱われ方が多く、志村けんがコーチ役に扮した部活コントでは石川秀美と比較されることが多かった。
  • TBS系の人気番組『クイズダービー』に度々ゲスト回答者として出演したが、勝率は1割台(1勝7敗ペース)とあまり成績はよくなかった。
特に3回目のゲスト出演(第698回、1989年7月15日放送分)となった際の最終問題「高校生が自分達で企画したい学校行事第1位は何?」で、松居は北野大と同様「テスト試験)」と解答して不正解(松居の倍率は18倍。北野は2チームから指名されたものの減点させた)。その後司会の大橋巨泉が、不正解の二人に思わず「バカじゃないの!」とけなした直後、その発言にキレた松居は「面と向かって『馬鹿』とは何ですか!?」と怒り口調で反論。巨泉は思わず苦笑いしながら「第2の(片岡)鶴太郎ですね...」と、松居に対して申し訳なさそうに反省していた(正解は「修学旅行」で、井森美幸はらたいら竹下景子の三人が正解。井森のみ指名あり。ちなみに片岡鶴太郎も過去にゲスト出演の時、巨泉に貶され続けて腹立たしい思いをしたという)。

ものまねレパートリー[編集]


主な出演作品[編集]

バラエティ番組[編集]

太字は現在出演中の番組。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

A面曲に収録されているエンディングテーマはCD化済み。

シングル[編集]

  1. 電話のむこうに故郷が/夕焼け(1982年2月25日
  2. 大きな恋の物語/よせなべ行進曲(「よせなべトリオ」、1982年8月5日
  3. 微妙なとこネ/涙色のまま(1983年3月3日
  4. あンあン渡り鳥/母子草(1983年7月25日
  5. 兄さん/純潔だもの(1983年11月21日
  6. ギザギザハートの子守唄(1984年3月1日) ※チェッカーズのデビュー曲のカバー
  7. 恋は御知合い!/バビブベBOY(1984年4月25日) ※『まんがどうして物語』B面が主題歌、A面が副主題歌
  8. ちんぴら/おちこぼれ数え唄(1984年10月25日
  9. おとうさん/ふるさとはふれあう町(1985年9月1日
  10. Starship Blue ~夢エネルギー~/心の中の楽園(1985年12月1日) ※『まんがどうして物語』主題歌
  11. TALK TO ME(QUATERFLASHのカバー曲) ※ドラマ『天使のアッパーカット』主題歌/BIT BY BIT(1986年6月21日) 
  12. もう泣かないで(1988年2月21日
  13. からかわないで/勝手じゃないの(1989年10月21日
  14. その名は太郎/燃えてドドンパ(1992年10月28日
  15. 乳白色のプリズム/わかって(1995年1月18日
  16. Happy Line(「森の磯松」、1997年11月19日) 
  17. おそく起きた朝は…(「森の磯松」、1999年3月17日
  18. 秘そやかに華やかに(2012年7月25日) ※増位山太志郎とのデュエット
  19. 男と女のオルゴール(2013年7月17日) ※増位山太志郎とのデュエット

アルバム[編集]

  • 15のノンノ
    1. 踝ジプシー
    2. 15のノンノ
    3. ほどほどI LOVE YOU
    4. 微妙なとこネ
    5. 八月の雨
    6. ちょっと変なんじゃない!
    7. 涙色のまま
    8. 暗いCRYクライ

NHK みんなのうた[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]