オスマン・サンコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスマン・ユーラ・サンコン
生誕 1949年3月11日(65歳)
ギニアの旗 ギニア
出身校 ソルボンヌ大学

オスマン・サンコンOusmane Sankhon、本名:オスマン・ユーラ・サンコン (Ousmane Youla Sankhon) 、1949年3月11日 - )はギニア共和国出身のタレント著作家、ギニア日本交流協会顧問、元外交官。サンコンシステムズ所属。

来歴[編集]

ギニアボッファ県出身。22人兄弟の4男。国立コナクリ大学卒業後、フランスソルボンヌ大学国費留学し、1972年にギニア外務省に入省。同年、日本に開設されたギニア大使館の大使館員(駐日親善大使[1])として来日し8年間を日本で過ごす。

アメリカワシントンD.C.勤務を経て、1984年にギニア外務省を休職して再来日。

同年、ギニア日本交流協会からの「ギニアを広めるため」との依頼もあって人気テレビ番組「笑っていいとも!」のオーディションに行き、当時のプロデューサー横澤彪との出会いをきっかけに番組出演に至る[2]。当初は2か月に1回程だったが、火曜日のレギュラーとなった[3]。これを機に、タレント活動を開始する。

笑顔を絶やさない明るいキャラクターと、いわゆる天然ボケで、デーブ・スペクターケント・デリカットらとともに「変なガイジン」タレントとして人気を博した。お決まりのフレーズは、「1コン2コン・サンコン![4]

暗い場所でサンコンさんを探すコーナーなどがあり、差別を指摘したり、「外交官がそんな番組に出ていいのか」という意見も耳にしたという。しかし本人は、肌の黒さにコンプレックスがなく、(その際の)みんなのジョークには愛情がこもっていたから番組を楽しめたと語っている[5]

タレント活動の傍ら、講演活動、故郷のボッファに15年間日本の文具や衣類を贈るなどのボランティア活動を行っている。また、鹿児島県徳之島観光大使も務めており、奄美海援隊株式会社の「サンコンウコン」のCMに自ら出演しているほか、むさしのFM2014年8月より週1回、自らパーソナリティを務める番組『ゆいの島★Breeze!』が放送されている[6]

息子のDJヨンコン[7]レゲエグループ笑連隊のメンバーとして活動している。

人物[編集]

身長162cm。ギニアの公用語であるフランス語、ギニアの土着語のスースー語日本語英語スペイン語イタリア語の6カ国語を話すマルチリンガルである。かつては6.0の視力を持っていたが、それでも故郷では近眼だったというエピソードがある。ただし、長い日本生活で現在の視力は1.2になってしまったとのこと[8]

少年時代に、サッカーで右足を骨折して入院したが、当時のギニアの医療設備・技術では完治に至らず、現在でも不自由で、日本の身体障害者手帳2級を持っている[9]。この出来事を体験したことが、「ギニアの医療をはじめ、経済・生活水準などを先進国並みに発展させ、未来の子供たちに同じ思いをさせたくない」という、ボランティア活動の原動力になっているとコメント。また、ギニアに住んでる頃はあまりをかかない体質だったが、日本に来てからはダラダラと汗をかくようになってしまったという。

介護ヘルパー2級の資格を持っており、福祉の問題への関心も高い。

ギニアではイスラム教が主であるため、の存在を知らなかった。来日して初めて酒を飲んだとき「おいしい飲み物」と思い、それ以降酒好きになった。また、豚肉を口にする習慣もなかったが、カツ丼を豚肉と知らず食べてしまったときも「おいしかった」と思ったという[10]

初めて仏式の葬儀に参列した際、他の参列者が焼香をして「ご愁傷様でした」と言っている姿を「『ご馳走様でした』と言っているのだから何か食べているのだろう」と勘違いし、抹香を食べてしまったことがあった。抹香の味は「酸っぱかった」とのこと。

「熱中症という言葉も日本で初めて聞いた。ギニアにはないですね」と語る[11]

著書・監修書[編集]

  • アフリカの星/サンコンの爆笑ギニア講座(1986年、シーズ、ISBN 4795002517
  • サンコンのとっておきアフリカむかし話〈1〉(1989年、金の星社、ISBN 4323012349
  • サンコンのとっておきアフリカむかし話〈2〉(1989年、金の星社、ISBN 4323012357
  • サガタラ―少年(1990年、ファンハウス、ISBN 4847011171
  • 大地の教え(1992年、講談社、ISBN 4062054736
  • “超自然人”サンコンの「視力6.0」が見たニッポン(1992年、光文社、ISBN 4334900321
  • サンコン少年のあふりか物語(1993年、講談社、ISBN 4062064200
  • オスマン・サンコンのアフリカ事典(1995年、国際開発ジャーナル社、ISBN 4875390319
  • 大地の教え(文庫版)(1996年、講談社、ISBN 4062631431
  • 明るく生きちゃ悪いですか?―障害を持って生きるボクたちからのメッセージ(1998年、広美出版事業部、ISBN 4877470115
  • サンコン少年のアフリカ物語(文庫版)(2001年、講談社、ISBN 4061485547
  • 母が教えた本当の人生―Merci maman(2002年、たちばな出版、ISBN 4813313337
  • 1コン2コン・サンコンと世界に旅立とう! 6カ国語会話集(オスマン ユーラ サンコン監修、武井こうじ著、2003年、河出書房新社、ISBN 9784309905273
  • ボケは神さまがくれたプレゼント―サンコンのハートで介護 イラスト版(2004年、エスケープランニング、ISBN 4434046950
  • 僕がヘルパー2級になった理由(わけ)「介護サービスガイド帳」(2007年版、全国介護者支援協会)

音楽作品[編集]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

CM[編集]

ラジオ番組[編集]

  • むさしのFM「ゆいの島★Breeze!」(2014年8月8日 - 、金曜日10:45-11:00)[6]

脚注[編集]

  1. ^ 2011年8月霊友会京都創立祭資料より
  2. ^ 【私の逆境時代】オスマン・サンコン、実は超エリート「バカにされても笑い飛ばしてた」 - ZAKZAK、2013年3月15日
  3. ^ 『笑っていいとも!』で有名なサンコンさん、アフリカへの熱い想いとは!?(前編) | マイナビニュース
  4. ^ オスマン ユーラ サンコン監修、武井こうじ著 『1コン2コン・サンコンと世界に旅立とう! 6カ国語会話集』 河出書房新社、2003年、ISBN 9784309905273
  5. ^ 「心はすっかり日本人/オスマン・ユーラ・サンコンさん」『ひらがなタイムズ』 No.325(2013年11月号) p.14
  6. ^ a b 奄美海援隊新聞 8月号トライアスロンに挑戦
  7. ^ 芸名はサンコンの息子だからヨンコンというニックネームから。
  8. ^ 『“超自然人”サンコンの「視力6.0」が見たニッポン』「第2章:文明への疑問 ボクの視力は6.0。ところが…」より。
  9. ^ 2011年8月霊友会京都創立祭資料より
  10. ^ 『“超自然人”サンコンの「視力6.0」が見たニッポン』「第1章:フシギの国ニッポン 世界1のヨッパライ天国」より。
  11. ^ 女性セブン2013年8月1日号
  12. ^ 清水P(映像企画P)は見た! - フジテレビZOO
  13. ^ 奄美海援隊新聞 9月号 CM放送決定

外部リンク[編集]