ガチャピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガチャピン(生年不詳4月2日 - )はフジテレビ系の子供番組ひらけ!ポンキッキ』を初めとする様々なフジテレビ系番組において、主として着ぐるみの形で登場するキャラクター。設定上、南国生まれの恐竜の男の子で、年齢は永遠の5歳(かつては5年に1歳ずつ年をとるという設定だった)、身長は165cm、体重は80kgとされる。

誕生日である4月2日は『ひらけ!ポンキッキ』の放送が開始された1973年4月2日に由来する(「正確な誕生日は不明だが、テレビで日本のお友達に初めて会った日を誕生日にしている」という設定[1])。

概要[編集]

キャラクターについて[編集]

全身緑色で丸い頭、半開きで眠そうな垂れ眼。口元からは前歯が2本飛び出している。背中には背があり、お腹の部分だけが黄色とピンクの縞模様になっている。ムック(雪男の子供)とコンビを組む。日本ソフト映像倶楽部社長の片桐襄二が原案・デザインを担当(一説にはスタジオぬえがデザインしたともされる)。眠たげで穏やかなその表情は、同番組を制作した日本テレワーク野田昌宏社長をモデルとしている。ビートルズポール・マッカートニーがモデルだという説もあった(相方のムックのモデルがジョン・レノンであるという説と合わせて、これは都市伝説と化しているが、根拠はない[2])。

自己紹介の決まり文句は「ガチャガチャピンピン、ガチャピンで~す」。

初代の声優は矢沢邦江、現在の声優は雨宮玖二子

「ポンキッキ」シリーズでの活躍[編集]

『ひらけ!ポンキッキ』放送初期では「船長(キャプテン)」が南の島から持ってきた卵から生まれたという設定で、のんびりとした内気な性格だった。その後、冒険心旺盛なスポーツマンという性格が前面に押し出されるようになり、番組内でスキージムカーナならびにサーキット走行[3]ロッククライミングハンググライダースクーバダイビング空手極真空手初段)、体操ボウリングフィギュアスケート、果ては1998年8月にカザフスタンバイコヌール宇宙基地より宇宙船ソユーズTM-28に搭乗し、ロシアの宇宙ステーションミールに到着、宇宙飛行まで行っている(地球環境問題に興味を持っており、宇宙飛行を決意したのもこれがきっかけと語る)。ただし2003年『ポンキッキーズ21』内で放送されたボウリングの試合でミスを連発し、ボウリングは苦手だと語っている。2008年11月17日には『Beポンキッキ』で共演のダンテ・カーヴァーと共にヒマラヤ山脈のヤラピーク登頂に成功した。これはソフトバンクのコマーシャルとしてフジテレビ限定で放送された。

両手首に7個ずつあるエネルギーボールが勇気と力の源とされている。柳田理科雄は「エネルギーボール内に炭水化物が入っているのならば大きさ的には運動神経抜群の理由が分かる」と語っている。

番組内の曲「2100ねん ガチャピンキッド」では地球の危機が迫った時の正義のヒーロー「ガチャピンキッド」に変身している。また、同じく正義のヒーロー・科学忍者隊ガッチャピンが登場している。ガチャピンとの関連は不明だが、本人曰くガッチャピンとは別人(友人)とのこと。

フジテレビ『ガチャガチャポン!』では「友情出演」としてバーのマスター役でレギュラー出演し、キャラクターのガチャパン!からは「師匠」と呼ばれていた。

ブロガー[編集]

2006年7月からフジテレビKIDSクラブ公式サイト内でブログを開始。本当はコメントへのレスをしたいのだが、手指の構造上、タイピング速度が非常に遅いため断念しているとのこと。書籍「ガチャピン日記」では一部のコメントの紹介と共にレスを返している。記事によると意外にも流行や新しい物に敏感のようである。パソコンWindowsMacintosh両方を使いこなし、2007年1月マイクロソフトが発売した新しいOSソフトWindows Vistaにも興味があるらしく、発売日のブログには番組プロデューサーに自身のPCにも入れ替えて欲しいと要望案を書いている。またiPhoneは、ガチャピンの指では反応しないとのこと。また2009年7月1日からはTwitterも開始しており[4]、日本語アカウントとしては最多のフォロワー数だったこともある[5]

ルーツ[編集]

2012年4月より、ポンキッキシリーズ40周年記念事業の一環に、ガチャピンを実際の恐竜に当てはめ、そのルーツ(先祖)を研究した『ガチャピン創世記』が福井県立恐竜博物館の協力で企画された。背中の骨板や両肘のエネルギーボール(装甲)は剣竜類に似た特徴を持ち、骨格は鳥盤目に近い事から、分類は恐竜綱 鳥盤目 剣竜下目と定義された。またガチャピンの祖先達のイラストが創作され、グッズも販売されている[6]

[icon] この節の加筆・修正が望まれています。

「たべちゃうぞ」[編集]

1975年にガチャピンは「たべちゃうぞ」という歌を歌っている。ちなみに『ひらけ!ポンキッキ』から市販された第1号のシングルである。

シングルレコードは1975年4月に発売され、B面は石川進の「パンダがなんだ」。歌詞は一般から公募し、作曲は吉田拓郎。「親の言う事を聞かない子は食べちゃうぞ」という内容で、本来は親から子への優しい視線をユーモラスに折り込んだ詞だが、やはり視聴者から「怖い」などといった反発や苦情が多く、わずか一週間で放送中止になった。

なお、「たべちゃうぞ」は2003年にフジテレビ系『トリビアの泉』で紹介された事で「ガチャピンが子供を食べようとする歌」として再び知られるようになったが、当時のアニメ映像では全く別の怪獣が出ていたため、厳密に言うとこの表現は適切ではない。ガチャピン本人も同番組でこの歌が取り上げられたことを受けてコメントを求められた際は「記憶にありません」と発言している。現在はCDアルバム「ガチャピン&ムックが選ぶポンキッキーズ・ベスト30」に収録されている。また一部のカラオケ機種でも配信されている。

レギュラー出演番組[編集]

ポンキッキシリーズ
派生番組
その他

ゲスト出演[編集]

ムックと共に、フジテレビをはじめ各局のテレビ番組ラジオ番組、各種イベントなどにゲスト出演している。但し、在京テレビ局では日本テレビテレビ朝日の出演は2011年現在ない。(CMに関しては日テレ、テレ朝共に流れており視聴することはできる。)

[icon] この節の加筆・修正が望まれています。

コラボレーション[編集]

[icon] この節の加筆・修正が望まれています。

書籍[編集]

  • ガチャピン日記(メディアファクトリー
  • ガチャピン・ムックのゆっくりゆったり東京散歩(ワニブックス
  • ガチャピン&ムックの中国語教室(小学館
  • ガチャピン・ムック グッズ大図鑑(扶桑社
  • とびだせ!ガチャピン ~ムックはかせのはつめいひん~(学研
[icon] この節の加筆・修正が望まれています。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ポンキッキーズ』旧公式サイトに掲載されていたプロフィールよりインターネット・アーカイブのキャッシュ)。
  2. ^ 日経エンタテインメント誌に於いて、ガチャピン・ムックが公式に否定している記事もある。
  3. ^ このシリーズの前半ではホンダ・S2000をマックスターンさせ、ホンダ・インテグラタイプRで225km/hの最高速を叩きだしている。後半ではツインリンクもてぎでインテグラタイプRによるワンメイクレース(タイムアタック)も行なわれ中嶋悟鈴木亜久里高橋国光と勝負して最下位だった(当日、参戦はしていないが佐藤琢磨もいた)。
  4. ^ ねとらぼ:ガチャピンさんもTwitter開始、ITmedia、2009年7月3日14時26分。
  5. ^ 孫社長、フォロワー100万人突破 日本一に - ITmedia ニュース、ITmedia、2011年4月6日 11時44分。
  6. ^ ガチャピン創世記 ガチャピンのルーツを探る
  7. ^ ガチャピンさんがエアギターで日本3位に 悔しがるアメーバニュース 2007年8月13日
  8. ^ ガチャピンが Google マップのアドバイザーに就任!
  9. ^ ガチャピンGRAND PRIX - ModNation 無限のカート王国特設サイト
  10. ^ J's GOAL | フォトニュース
  11. ^ TBC:TBC広告キャラクターにガチャピン・ムック、 ジローラモさん、坂田梨香子さんを起用
  12. ^ TBC:TBC広告キャラクターにローラさん、溝端淳平さんを起用
  13. ^ 4月中旬から「ファニー★プロジェクト」がはじまるよ! (ワンタメ ミュージックチャンネル★ワンタメニュース★)[リンク切れ]
  14. ^ ガンバ大阪ニュースリリース[1]
  15. ^ GACHAPIN×TSURUOKAコラボグッズがついに発売! | 北海道日本ハムファイターズ
  16. ^ ポンキッキーズシリーズのキャラクターが中華まんに!「ガチャピンまん」と「ムックまん」を発売! - 2014年1月28日付ファミリーマート公式サイトのニュースリリースより。
  17. ^ 光子館、きぐるみ

外部リンク[編集]