ModNation 無限のカート王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ModNation 無限のカート王国
ジャンル レーシング(クリエイティブ・ゲーミング)
対応機種 プレイステーション3 プレイステーション・ヴィータ
開発元 United Front Games
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
人数 1~12人(オフライン時最大4人、オンライン時最大12人)
メディア BD-ROM
発売日 アメリカ合衆国の旗 2010年5月25日
日本の旗 2010年7月29日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
PEGI:7+
デバイス SIXAXIS 6軸検出システム対応
DUALSHOCK3 振動対応
PLAYSTATION Eye、キーボード 他
テンプレートを表示

ModNation 無限のカート王国(モッドネーション むげんのカートおうこく)(海外版タイトルはModNation Racers)とはソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したプレイステーション3用ゲームソフトである。開発はカナダUnited Front Games社。

概要[編集]

本作は2008年に発表されたMedia Molecule社の『リトルビッグプラネット』の提唱した「Play Create Share」という3要素を引き継いだカートレースゲームである。 2009年のトレーラー公開以来、キャラクターデザインをはじめとして意図的にLBPを意識したつくりになっており、発売に先駆けて、LBP内でも本作のレーサー衣装が配信されるなど両者での交流も盛んに行われている。

日本ではイメージキャラクターにフジテレビの人気キャラクター「ガチャピン」「ムック」が起用され、両者の激しいバトルがCMとして製作されたほか、Webページではギャルに大人気のガチャピンに対しジェラシーを燃やすムックが(レースゲームにもかかわらず)サンドバッグでトレーニングをしたり、ご機嫌でゲームをプレイするユニークなネットCMが公開されている。

沿革[編集]

  • 2009年6月3日E3にて製作発表。
  • 2010年5月18日、北米発売を1週間後に控え、体験版を配信(海外のみ)。
  • 2010年7月29日、PS3およびPSP版が日本国内で発売。
  • 2011年6月07日、PlayStation Vitaで発売が決定  Vitaの機能を利用し、自由な形のコースデザインなどが可能。更にPS3版で作成された車両やコースも使用できる。

ゲーム内容[編集]

ストーリーモード[編集]

ゲームを初めてプレイするときは必ずストーリーモードからプレイすることになる。 5ツアー、全28コースを物語を見ながらクリアするもので、各コースに特定の課題及びライバルレーサーがあり、それらをクリアすることで、クリエイトに必要なパーツを入手できるようになっている。 また、トークンと呼ばれるものが各コースに5つ隠されており、それを獲得してパーツを入手することもできる。

売れないペンキ屋で、おふくろと共に暮らしている主人公は、歴史長いカートレース「MRC」に挑もうとする。 MRCに参加するには優秀なチーフが必要だったが、偶然にも、来客した人物がチーフであり、主人公はMRCに参加する決意をした。 一方のチーフは元MRCレーサーであり、現チャンピオン「エスプレッソ」によるクラッシュ事故で引退を余儀なくされた過去を持ち、このレースに対する熱意を主人公に注ぎ込むのであった。

クリエイトと共有[編集]

このゲームでは自分の分身となるキャラクター「モッド」、カート、コースを自由に作ることが出来る。 それらの作成したものは、オンラインで世界中のプレイヤーと共有することで、ダウンロードや評価などができるようになる。 モッドは髪型から目、服などに加え、装飾品やステッカーと非常に幅広いクリエイトが可能。 同じようにカートも、パーツとステッカーで奥深いクリエイトができる。 コースクリエイトはそれぞれのテーマの景観を選び、そこから先は自由に作ることが出来る。 テーマにそったオブジェクトを駆使することで、ビルや遺跡などをコース周りまたはコース自体に設置することができ、 同じように車体を加速させるパネルやアイテムなども配置でき、コースのバランスをユーザーが自在に変化させることも可能。 比較的簡単に作成できるようになっており、コースを敷いたらあとはオート作成でオブジェクトを敷き詰めることが出来るなど、手軽にコースを作ることができるようにもなっている。

レース[編集]

ストーリーモードの他に、画面分割で最大4人まで参加できるオフラインレース。 CPUレーサーと自由にできるレースに、コースのラップタイムを競うタイムアタック。 開発陣が作った公式のコースをオンラインで競う公式レースに、公開されているユーザー作成のコースでレースができるカジュアルレースなど、様々な種類のレースが楽しめる。 オンラインの場合、モッドスポットと呼ばれる交流所で、タイムアタックや人気のコース紹介などのオンラインイベントが常に開催されている。

レース自体は、コースに散りばめられたアイテムを駆使し、先を行くレーサーたちを妨害しながら一位を目指すというもの。 アイテム有りのアクションレース。アイテム無しのシンプルレースも選択できる。

登場キャラクター[編集]

主人公

プレイヤー自身。 おふくろの息子で、MRCに新人として参加する人物。 容姿などはプレイヤーのクリエイトによって変わるため、個性はなく、台詞もない。 初期のキャラクターの場合、若い男性となる。

ビフ (Biff Tradwell)
- 大塚明夫

MRCを実況中継する人物の一人。 ギャリーとは10年組んでいるのだが、時に悪質過ぎるとも言える嫌がらせもしていたりと、10年も共にしていたとは思えないほどの言動・行動をしている。 ギャリーの母親に惚れてギャリーに「独身かな?」と質問したり、ギャリーを褒めていたかと思えば「勿論嘘だよ」と言い、大笑いしまくるなど。

ギャリー (Gray Reason)
- 堀内賢雄

MRCを実況中継する人物の一人。 非常に仕事熱心で、解説者らしい人物だが、10年共にしているビフに虐められているとも言えるぐらいの被害を毎回受けている。 蟻のペットがおり、蟻が脱走したら放送をすっぽかして帰ってしまうなど、時に解説者らしからぬ行動を取ったりもする。 ストーリー序盤はビフに散々虐められている状況だったが、終盤にいくに従って、ビフに対して反撃しはじめたりする。

チーフ (Crew Chief)
- 内海賢治

現MRCチャンピオンであるエスプレッソにクラッシュされ、引退を余儀なくされた人物。 メカニック関連の仕事をするが、主人公よりもカートを大事にしているような言動が目立つ。 オンライン対戦などでも走行中に語りかけてくる。

リチャードおじさん (Uncle Richard)
- 天田益男

並平モーターの社長であり、おふくろの兄。 メキメキと腕をあげる主人公に目をつけ、主人公を宣伝材料にしようとする。 過激な行動を指示したり、なりふりかまわずクビにしたりと、非常に冷徹かつ効率的な性格。 並平モーターは、非常に地味な車を販売している会社で、コマーシャルでも「盗まれないのが利点」という宣伝文句を使っている。

エスプレッソ (Espresso)
- 坂口候一

金と女好きな現MRCチャンピオン。 チーフを引退させた張本人であり、主人公に対しても同じような目にあわせようと企む人物。 非常にずる賢い性格。ペットのサルがいつも傍にいる。

おふくろ (Mother)
- 一城みゆ希

売れないペンキ屋を営む主人公のおふくろ。 資金難からの脱却を目指し、ペンキ屋の宣伝を大々的に放送し、主人公をサポートする。 リチャードおじさんとは兄弟。

ライバルたち

ストーリーモードではMRCのツワモノとしてライバルが参戦する。 彼らを打倒することで、新たなパーツが貰えたり、ライバルのモッドを獲得できたりする。

追加アイテム[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]