子供番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

子供番組(こどもばんぐみ)とは、おもに子供幼児中学生が中心)の視聴を対象とした、放送番組を言う。「子供向け番組」ともいう。

その大半は学校教育社会教育情操教育を目的とした教育番組だが、『おはスタ』など娯楽を主とした子供番組もあり、広義ではアニメ番組特撮番組や『ケンちゃんシリーズ』のような、子供向けのドラマも含まれる。子供番組としての実写ドラマは80年代以降減少し、枠自体もなくほぼ壊滅状態であったが、2000年代以降には、特撮番組や『まるまるちびまる子ちゃん』のような児童向けドラマが製作され状況は比較的好転している(詳細は児童向けドラマ#歴史参照)。

子供の興味や好奇心を惹くような工夫がこらされ、いくつかのコーナーを組み合わせた比較的テンポの早い展開のものや、近年ではコンピュータグラフィックス(CG)を駆使したものも増えている。着ぐるみ人形・CGなどによる、マスコットキャラクターが出演している事も多い(『ポンキッキ』シリーズガチャピンムックなど)。

中には「親子で楽しめる」事を目的に、大人の鑑賞にも耐えうるような練り込んだ内容で、大人のファンがついているものもある。『カリキュラマシーン』『ウゴウゴルーガ』『ピタゴラスイッチ』等はその先進的・実験的な内容で、幅広い年齢層に話題を呼んだ。また数年もの長きにわたってシリーズ化され、世代を通じて視聴されているものも多い。

日本では近年、地上波民放で放送される子供番組は減少傾向にある。その理由に生活様式の変化や少子化による視聴者数の減少、各テレビ局では視聴率優先の番組編成が主体になり、時間枠の確保が難しくなった事などの他、内容によって些細な事でも保護者側からクレームを寄せられる傾向があり、制作側にとっても当初予定していた番組が作りづらくデメリットが多いという事情もある。当初は高学年児童向けや娯楽主体に番組が作られていたものの、大衆化したり保護者の要望によって、次第に低年齢層向けや教育的な内容へのターゲット変更がされる事もしばしばある。これらの背景によって、地上波に比べて視聴率や編成に左右されないBS放送スカパー!ケーブルテレビなどに放送の主体が移りつつもある。

尚、民放各社は子供番組減少に対して、『天才!志村どうぶつ園』や『どうぶつ奇想天外!』(終了)、『ペット大集合!ポチたま』(終了)のような動物を扱った教養バラエティ番組も子供番組であるという見解を示している。[1]

商業展開や傾向に関しては『子供向けアニメ』の項に詳しく記述されている為、そちらを参照。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]