渋谷ヒカリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
渋谷ヒカリエ
渋谷ヒカリエのロゴ
Shibuya HIKARIE 2012-11.jpg
渋谷ヒカリエ(2012年11月撮影)
施設情報
所在地 東京都渋谷区渋谷二丁目 21-1
座標 北緯35度39分32.2秒
東経139度42分12.3秒
座標: 北緯35度39分32.2秒 東経139度42分12.3秒
状態 完成
着工 2009年6月30日[1]
竣工 2012年3月[1]
開業 2012年4月26日(商業施設)
用途 店舗多目的ホール劇場事務所駐車場
地上高
高さ 182.5m
各種諸元
階数 地上34階、地下4階
敷地面積 9,640.18m2
建築面積 8,314.09m2
延床面積 144,545.75m2
構造形式 コンクリート充填鋼管構造(CFT造)
関連企業
設計 日建設計, 東急設計コンサルタント
施工 東急建設大成建設共同企業体
所有者 東京急行電鉄

渋谷ヒカリエ(しぶやヒカリエ)は、東京都渋谷区渋谷駅東口に位置する東急文化会館跡地に建設された複合商業施設東急百貨店や飲食店、事務所のほか、ミュージカル劇場「東急シアターオーブ」などが入居している。

2012年(平成24年)のグッドデザイン賞を受賞[2]

概要[編集]

2005年に渋谷駅周辺(139ha)が都市再生特別措置法に基づく特定都市再生緊急整備地域に指定されて以降[注釈 1]、同地域では複数の大型開発プロジェクトや区画整理事業(渋谷駅街区土地区画整理事業)が進められている[3][4]。そのトップバッターとして開業したのが、渋谷駅東口に竣工した高層複合施設・渋谷ヒカリエである。

東京メトロ副都心線東急東横線の渋谷駅と地下で直結し、低層部には東急百貨店が運営する「ShinQs(シンクス)」やカフェ・レストランフロア「dining6」等の商業施設、中層部には「東急シアターオーブ」「ヒカリエホール」等の文化施設、高層部にはディー・エヌ・エー等が入居する業務施設がゾーニングされ、それらを立体的に集積している。渋谷における情報・文化の発信拠点として、渋谷の新たなランドマークとなることが期待される[4]

また、渋谷特有の谷状の地形に合わせて立体的に街をつなぐ役割も有し、「アーバンコア」と呼ばれる巨大な吹き抜けを通して縦方向の動きを確保している[4]。渋谷という交通の結節点において公的動線の一翼を担い、人々を有機的に結び付ける役目も果たしている[4][注釈 2]

無料公衆無線LAN[編集]

渋谷ヒカリエでは多くの場所でイッツ・コミュニケーションズの提供する無料公衆無線LANサービスが利用できる。

沿革[編集]

当初は仮称として「渋谷新文化街区プロジェクト」あるいは「(仮称)渋谷二丁目21地区開発計画」と呼ばれていたが、正式名称を「渋谷ヒカリエ」とすることが2010年4月14日に発表された。2009年6月30日に着工となり、2012年3月に竣工した。

地下3階から8階までの商業スペースが2012年4月26日、11階から16階までの「東急シアターオーブ」が同年7月18日に開業している[5]

建築物の概略[編集]

  • 所在 東京都渋谷区渋谷2 - 21ほか
  • 用途 商業、オフィス、文化施設、駐車場ほか
  • 敷地面積 約9,640m²
    • 延床面積 約144,000m²
    • 用途別面積
      • 商業 約32,000m²
      • オフィス 約50,000m²
      • 文化施設 約24,000m²
      • その他 約38,000m²
  • 階数 地上34階、地下4階
    • 高さ 約182.5m

施工技術[編集]

ヒカリエホール
渋谷駅東口を望む

渋谷ヒカリエの建設工事「渋谷新文化街区プロジェクト新築工事」は、東急建設大成建設とのJVにより、2009年6月から2012年3月までの33か月の期間で進められた。

敷地内の高低差は12m[6]。元々この敷地は区道によって隔てられていた街区を結合させたものであり、この区道は渋谷駅と青山方面を結び、1日に5万人の通行人が行き交う主要通路であった。このため工事中でも通路を閉鎖することはできず、期間中に10回以上の切り替えを行って歩行者の通路を確保しながら上空で高層ビルを築造するという、非常に繊細な安全管理が要求されるものだった[6]。 また、開業から70年が経過した銀座線や、ボックスカルバート躯体の副都心線渋谷駅と隣接しており、とりわけ後者に関してはボックスの変形防止のため、土圧と同程度の圧力を掛け続けなければならないという特異な事情もあったほか、渋谷ヒカリエの地下3 - 4階が駅の吹き抜け部分とつながって駅構内への換気塔の役割を担っており、その機能を妨げないよう配慮しながらの施工となった[6]

工期の制約もあったため、地下部と地上部、中層部と高層部とを同時に施工する多段施工方式となった。敷地を「開口」「文化」「三社」という3つの区割りを設け、それぞれ街区の事情に合わせながら順打ち工法・逆打ち工法を使い分けた[6]。中層部と高層部では、中層部に位置する劇場空間の天井部分躯体となる4台の大型トラス梁(長さ25.7m、重量260t)をベアロックジャッキやエレクションガーダーを用いて配置し、これにより中高層で工事を同時進行することを可能にした[6]。このリフトアップ方法は一般に橋梁等の土木現場でしか採用されない方法である[6]

オフィスビルから商業施設、劇場、更には駅への連絡口という多彩な顔を持つ高層ビルであり、また都心という地理的な要因も加わった難工事を経て、渋谷ヒカリエは2012年の春に竣工した。今後も複数の開発プロジェクトが予定されている渋谷駅周辺地域において、そのリーディング・プロジェクトを担う建築物に仕上がっている[4]

フロア構成[編集]

主要施設[編集]

東急シアターオーブ

その他[編集]

当施設の開業一周年を記念して、2013年4月26日より東急東横線に特別列車「Shibuya Hikarie号」(5050系4000番台)がデビューしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 都内では他に、東京都心・臨海エリア(1,991ha)、新宿駅周辺エリア(220ha)、品川駅田町駅周辺エリア(184h)が指定されている。
  2. ^ 将来的には2階で地下鉄銀座線の改札口と接続し、4階部分でもスカイデッキを介して渋谷駅中央口・西口方面との往来が可能となる予定である。

出典[編集]

  1. ^ a b 渋谷ヒカリエ 竣工”. 日刊建設工業新聞社. 2012年4月16日閲覧。
  2. ^ グッドデザイン賞公式HP内「渋谷ヒカリエ」
  3. ^ “渋谷駅にツインタワー計画、都内一なるか”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年3月7日) 
  4. ^ a b c d e “渋谷ヒカリエ竣工 -文化・商業・業務 新ランドマーク-”. 建設通信新聞 (日刊建設通信新聞社). (2012年4月5日) 
  5. ^ 「渋谷ヒカリエ」開業日および東急百貨店新店名称・事業戦略・フロア概要記者発表会 (PDF)”. 東京急行電鉄株式会社・株式会社東急百貨店 (2011年11月28日). 2011年11月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f “Shibuya Hikarie -施工メモ 多段施工で工程短縮-”. 建設通信新聞 (日刊建設通信新聞社). (2012年4月5日) 
  7. ^ 「東急シアターオーブ」オープニングで『ウエスト・サイド・ストーリー』が来日(シアターガイド、2011年7月21日)

外部リンク[編集]