きかんしゃトーマス 伝説の英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きかんしゃトーマス 伝説の英雄
Hero of the Rails
監督 グレッグ・ティアナン
脚本 シャロン・ミラー
製作 サイモン・スペンサー
製作総指揮 クリストファー・スカラ
マリオン・エドワーズ
配給 ヒット・エンターテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年9月8日
イギリスの旗 2009年10月12日
日本の旗 2010年4月24日
製作国 カナダ
言語 英語
テンプレートを表示

きかんしゃトーマス 伝説の英雄』( - でんせつのヒロ、Hero of the Rails)は、人気人形劇『きかんしゃトーマス』の長編シリーズ第4作目の作品である。

概要[編集]

2008年ヒット・エンターテインメントがきかんしゃトーマスのTVシリーズのCG化移管を決定し、そのフルCGアニメーション化企画として公開された。アメリカでは2009年9月6日(イギリスでは10月12日)にDVDとして発売された。アメリカ及びイギリスでは例年通り劇場公開されたが、アメリカでは非常に好評だったため、2010年の5月6日に再上映された。また、アメリカ及びイギリスではこの作品のニンテンドーWiiニンテンドーDSのソフトが発売された(日本での発売は不明)。

本作の特徴[編集]

今回からはフルCGという事もあり、模型では表現できなかった映像効果も制作された。長編第1作「魔法の線路」と同じく、英米版ではこの作品は日本と同様、個々の声優がキャラクターの声を担当しており、ナレーションは今までと同様である。なお、ヒロのオリジナル(英語版)の声を担当しているのは、英国在住の俳優、伊川東吾である。

日本での公開[編集]

日本では、2010年4月24日より全国の劇場で一斉ロードショーされた(一部劇場を除く)。本作より日本のきかんしゃ「ヒロ」が登場するということもあり、「ヒロ」を中心とする映画関連商品が数多く発売された。また劇場限定商品も、劇場作品前作の「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」とは違い、パンフレットを始め、様々なアイテムが販売された。興行成績は、オープニングの土日に1万567人で興行収入1114万1700円に達し、前作同様好調なスタートを切った。作品に関しては、生誕65周年記念として本編上映前にきかんしゃトーマスの歴史を短く紹介した特別映像が公開された。英米版では、日本の絵画を表現したシーンで五重塔が登場するシーンが存在するが、日本版ではその場面が他の映像に差し替えられている。また、米国ではエンドクレジットにオリジナル挿入歌「Go Go Thomas!」が流れるが、英国版・日本版ではエンディングで本編オープニングの挿入歌(Engines Roll Call)が再流用され、本編の一部シーンの静止画をバックにクレジットが表示された。また、日本独自のエンディングが製作された。公開4日後の4月28日には、お台場シネマメディアージュにて午後の上映回で、俳優の石田純一によるトークショーも開催された。本作の吹き替え版DVDは2010年10月22日に発売された。また、2011年5月4日、8月14日、12月31日にNHK Eテレで、12月26日にBSプレミアムで地上波放送された。

登場キャラクター[編集]

レギュラーメンバーはほとんど登場し、準主役の悪役でスペンサーも登場する。

蒸気機関車[編集]

トーマス
日本吹き替え - 比嘉久美子
エドワード
日本吹き替え - 佐々木望
ヘンリー
日本吹き替え - 金丸淳一
ゴードン
日本吹き替え - 三宅健太
ジェームス
日本吹き替え - 江原正士
パーシー
日本吹き替え - 神代知衣
トビー
日本吹き替え - 坪井智浩
エミリー
日本吹き替え - 山崎依里奈
スペンサー
日本吹き替え - 宗矢樹頼

新キャラクター[編集]

ヒロ
日本吹き替え- 玄田哲章
英語版オリジナル - 伊川東吾
ビクター
日本吹き替え - 坂口候一

ディーゼル機関車[編集]

メイビス
日本吹き替え - 伊東久美子

クレーン車[編集]

ロッキー
日本吹き替え - 河本邦弘

自動車[編集]

新キャラクター[編集]

ケビン
日本吹き替え - 河杉貴志

人物[編集]

トップハム・ハット卿
日本吹き替え - 納谷六朗
ボックスフォード侯爵
日本吹き替え - 樫井笙人
ボックスフォード侯爵夫人
日本吹き替え - 伊東久美子

トリビア[編集]

  • ディーゼル10が唯一、出演またはカメオ出演していない作品である。
  • スペンサーが初めて事故を起こす。

外部リンク[編集]