キテレツ大百科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(藤子不二雄(A)/(F)の丸A/F)が含まれています詳細
キテレツ大百科
ジャンル 児童SF・生活ギャグ漫画
漫画
作者 藤子不二雄 (F) [注 1]
出版社 家の光協会
掲載誌 こどもの光
レーベル てんとう虫コミックス (TC)
藤子不二雄ランド (FF)
小学館コロコロ文庫(文庫)
藤子・F・不二雄大全集(F全)
発表号 1974年4月号 - 1977年7月号
巻数 TC:全3巻
FF:全4巻
文庫・F全:全2巻
話数 全40話
漫画:新キテレツ大百科
原作・原案など 藤子・F・不二雄
作画 田中道明
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表号 1988年5月号 - 1994年2月号
巻数 全6巻
テレビドラマ:キテレツ
原作 藤子・F・不二雄
演出 一色隆司
制作 NHKエンタープライズ21
放送局 NHK教育
放送期間 2002年1月1日18:30 - 19:45
話数 1話
アニメ
  • キテレツ大百科
    • 90分スペシャル(1987年)
    • テレビシリーズ(1988年 - 1996年)
テンプレート - ノート 

キテレツ大百科』(キテレツだいひゃっか)は、藤子不二雄藤子・F・不二雄[注 1]による日本の児童向け生活ギャグ漫画作品[1]タイムマシンなども登場し、サイエンス・フィクション作品としての一面も持つ[2]

※ 記事中の各話の話数・副題は、特記のない限り〈藤子・F・不二雄大全集〉版に準拠する。

概要[編集]

特徴[編集]

発明好きの小学生・木手英一(通称:キテレツ)が、江戸時代の発明家であった先祖・キテレツ斎の残した書物『奇天烈大百科』(キテレツだいひゃっか)を参考として様々な発明道具を作り、その発明道具で起こす騒動を描く。

藤子Fは平凡な日常の中に異世界のキャラクターを投入してそのズレによって笑いを作り出す「生活ギャグ漫画」を多く執筆したが、本作はこの「生活ギャグ漫画」から発展した作品の一つであり、異世界要素である発明道具を主人公自らが作り上げ、ものを作り上げる喜びや楽しみが描かれている点が大きな特徴となっている[1][3]。こうしたものを作り上げる喜びや楽しみ描写は、工作を愛した藤子Fの趣味が反映されたものと考えられている[1]

発行元の家の光協会農協系の出版団体であったために掲載誌の『こどもの光』は普通の書店では購入することができず、連載当時にはマイナーな作品であった[注 2][4]

初出・収録[編集]

初出は子供向け雑誌『こどもの光』(家の光協会)で、1974年(昭和49年)4月号から1977年(昭和52年)年7月号にかけて全40回が藤子不二雄名義で連載された。実際の執筆は藤本(藤子・F・不二雄)が担当。同誌における藤子Fの連載作としては『ドビンソン漂流記[注 3]の終了よりおよそ1年ぶりの作品であり、3作目[注 4]かつ最後の連載作品となっている[注 5]。本作は藤子Fが多くの連載を抱えていた時期に連載されており、最大で同時に8タイトル・連載開始から終了までの間に合計14タイトルが本作と並行して連載されている(詳細は#並行連載を参照)。

連載中の単行本化はされず、最初の単行本は連載終了と同年の1977年に小学館の〈てんとう虫コミックス〉より全3巻で発行されている。その後廉価版を含めて4度再出版されている[注 6]。単行本も当初は藤子不二雄名義で発行されていたが、安孫子(藤子不二雄Ⓐ)とのコンビ解消後に藤子・F・不二雄名義へと変更されている。(詳細は#単行本を参照)

話によってキャラクターの設定や顔が異なっている箇所があるが、いずれの単行本でも統一・修正はされていない[注 7]

メディア展開[編集]

連載終了より10年以上が経った1988年(昭和63年)にはテレビアニメ化がされ、ゴールデンタイムで8年以上続く長寿番組となった(詳細はキテレツ大百科 (アニメ)を参照)。このアニメ化に合わせて[4]、同年より田中道明によるリメイク作品『新キテレツ大百科』が『月刊コロコロコミック』で連載されている(詳細は#新キテレツ大百科を参照)。また1990年(平成2年)以降3度ゲーム化され(詳細は#ゲームを参照)、2002年(平成14年)には『キテレツ』のタイトルでテレビドラマ化もされている(詳細は#テレビドラマを参照)。

あらすじ[編集]

発明が大好きな小学生・キテレツこと木手英一は、発明家であった先祖のキテレツ斎がその発明道具を書き記したと伝えられる『奇天烈大百科』を親から譲り受けるも全てが白紙で何も書かれていなかった。一度は落胆するも、共に伝わった眼鏡神通鏡(じんつうきょう)を通して見た場合にのみ読めることを発見し、第1作としてロボット・コロ助を作り上げる。

コロ助を助手として『大百科』を参考にした発明道具作りを続けていたキテレツであったが、一見すると何も書かれていない『大百科』を母親がゴミと間違え捨ててしまう。必死に捜索も間に合わずに『大百科』は灰となってしまうが、『大百科』に頼らない自力での発明を目指し、キテレツは勉強を始める。

登場キャラクター[編集]

藤子・F・不二雄ミュージアム発着バスに使用されているキテレツたちのイラスト
キテレツ(本名:木手英一)
本作の主人公で、発明が大好きな小学生。『奇天烈大百科』を参考として、様々な発明道具を自作する。常にサンバイザーと神通鏡を身につけている。発明に夢中になると群を抜いた集中力を見せ、周りが見えなくなる[5][6]。藤子F作品としては例の少ない、優秀で知的な主人公[6]
コロ助
意思や感情を持ちしゃべることもできるロボット[6]。キテレツが『奇天烈大百科』を参考として初めに作った発明道具であり[7]、以降キテレツの助手を務める。頭に丁髷を結い、語尾に「〜ナリ」をつけて話す。
キテレツ斎
キテレツが尊敬している先祖で、江戸時代の発明家。リリエンタールグライダーよりも前に飛行機を完成させたが、「怪しげな術を用いて世間を騒がせた」として捕まり、死ぬまで座敷牢に軟禁された。自分の発明を密かに『奇天烈大百科』として書き残し子孫に伝えた。[7]
みよちゃん
本作のヒロイン。キテレツとは昔からの友達[8]でクラスメイト[9]。キテレツとは互いに密かに思いを寄せ合っている[10]

発明道具[編集]

本作はキテレツが『奇天烈大百科』を参考として発明道具を作り、その発明道具によって騒動が起きるというのが基本プロットとなっている。毎話新しい発明道具が必ず登場し、一度出た道具の再登場はほとんどない。例外は第25話「物置でアフリカへ」に登場した熱気球が第38話「仙鏡水」にも再登場しているのみ。

『奇天烈大百科』は目には見えない光を出すインクで書かれており、この光を感知できる眼鏡・神通鏡を通さなければ読むことができない。

以下、各話に登場する発明道具と簡単な説明を列記する。各発明道具の詳細については、発明道具名からのリンク(いずれもキテレツ大百科の発明道具内の該当記述へリンクしている)先を参照のこと。

副題 発明道具 説明
1 ワガハイはコロ助ナリ からくり人形 ロボットコロ助
2 脱時機でのんびり 脱時機 時間を止める
3 しん気ろうでやっつけろ 蜃気楼鏡 蜃気楼を作る
4 キッコー船の冒険 亀甲船 潜水艦
酸素製造薬[注 8] から酸素を作る
5 聞き耳ずきん 聞き耳ずきん 動物と話せる
6 片道タイムマシン 航時機 タイムマシン
7 モグラ・マンション かべぬけ服 物体をすり抜ける
8 江戸時代の月面図 昇月紗 重力を調整する
千里鏡 無線ファックス
9 公園の恐竜 夢遊境 場所を入れ替える
10 キテレツの団体 分身機 複製を作る
11 冥府刀 冥府刀 四次元へ行く
12 一寸ガードマン 一寸法師 ガードマンロボット
打ち出のマイク 一寸法師に命令する
13 チョーチンおばけ捕物帖 召し捕り人 不正取締りロボット
14 地震の作り方 地震発生機 疑似地震を発生
15 サイボーグ金ちゃん 加楽利生物台 生物をサイボーグ
16 潜地球 潜地球 地中に潜る乗り物
17 水ねん土で子どもビル 粘土水 粘土の様にする
戻すガス[注 9] 元の水に戻す
18 うらみキャンデー うらみ糖 恨みを幽霊に実体化
19 失恋はラブミ膏 羅部身膏 異性を惹く
20 らくらくハイキング 天狗の抜け穴 ワープ道具
副題 発明道具 説明
21 念力帽 念力帽 念力が使える
22 如意光で引っこし 如意光 物体を拡大・縮小
23 人間植物リリー 人間植物 人間のような植物
24 わすれん帽 忘れん帽 嫌な記憶を吸い取る
25 物置でアフリカへ 熱気球 小型で高性能な熱気球
26 宇宙怪魔人 夢幻燈 高性能ビデオカメラ
27 動物芝居を作るナリ 獣類操り機 動物を操る
28 地獄へいらっしゃい 地獄 テーマパーク
29 海底の五億円 宝物探知機 宝物の探知機
水中呼吸膏[注 8] 水中で呼吸可能になる
30 ネパール・オパール ビードロ丹 透明人間になる薬
31 ボール紙の町 こども町正門[注 8] 通ると小さくなる
32 スーパー天狗 枢破天狗 怪力面 怪力になる 正義の味方
変身セット
羽うちわ 風を操る
33 おもい出カメラ 回古鏡 過去を写すカメラ
34 空き地の銀世界 奇天烈スキー[注 8] 周りを広く感じる
35 ままごとハウス こころみの家 入ると疑似夫婦になる
36 遊魂帽 遊魂帽 幽体離脱ができる
37 超鈍速ジェット機 空中遊歩台 超鈍足ジェット機
38 仙鏡水 仙鏡水 乗れるを作る
雲シャベル 乗れる雲を加工する
熱気球 25話からの再登場
39 唐倶利武者 唐倶利武者 のロボット
40 さらば大百科 操縦座 動物の体内に入って操る

単行本[編集]

本節では各単行本の概説を記載する。各単行本の書誌情報については#書誌情報を参照。

てんとう虫コミックス〉版(以下、TC)と〈藤子不二雄ランド〉版は当初藤子不二雄名義で発行され、コンビ解消後の増版時に藤子・F・不二雄名義に変更されている。この他は初版より全て藤子・F・不二雄名義で発行。書名はいずれも『キテレツ大百科』。

  • 話数列には「収録話数/未収録話数」の形で記載。
発行年 出版社 レーベル 判型 巻数 話数 解説
1977年 小学館 てんとう虫コミックス 新書 全3 33/7 連載終了の同年に発売された最初の単行本。選集であり、7話が未収録となっている。また、第22話「如意光で引っ越し」内の1ページが未収録となっている。
1995年に増刷されたものでは「きちがい」などの差別用語とされるものが改変された。
1984年 中央公論社 中公コミックス
藤子不二雄ランド
小B6 全4 40/0 藤子不二雄の全集として発行された藤子不二雄ランド内の4冊で、唯一小学館以外から発行された単行本。全話・全ページを完全に収録。3・4巻にはそれぞれ、少年SF短編の「ぼくのオキちゃん」・「ボクラ共和国」を併録。
1995年 小学館 小学館コロコロ文庫 文庫 全2 32/8 〈TC〉をベースとしており、〈TC〉未収録のものはそのまま未収録となっている。また、〈TC〉に収録されていた第14話「地震の作り方」が阪神大震災への配慮という形で未収録となった。2巻とも巻末に解説などが掲載されていない。
2003年 My First BIG 全2 32/8 文庫版をベースとしたのコンビニ販売用廉価版ペーパーバック。収録話は文庫版と同様。
2009年 藤子・F・不二雄大全集 A5 全2 40/0 藤子・F・不二雄の全集として発行された藤子・F・不二雄大全集の第1期で発行。全話・全ページを完全に収録しており、発表順に第1話から第20話を1巻に、第21話から第40話を2巻に収録。原稿紛失のため、「聞き耳ずきん」の全ページと「如意光で引っ越し」の〈TC〉で割愛された1ページを初出の『こどもの光』より復刻している[11][12]
各巻巻頭にはカラーイラスト、巻末には初出掲載リスト・新連載予告のカット等の特別資料・解説が収録されている。解説は1巻では『新キテレツ』の作画を担当した田中道明、2巻ではアニメの脚本を担当した雪室俊一がそれぞれ執筆している。

未収録話[編集]

〈TC〉で7話、文庫版・廉価版で8話が未収録となっている。また、これらの単行本では第22話「如意光で引っ越し」の1ページ(7ページ目)も未収録となっている。

  • 〈TC〉未収録話
    • 第5話「聞き耳ずきん」
    • 第9話「公園の恐竜」
    • 第11話「冥府刀」
    • 第12話「一寸ガードマン」
    • 第32話「スーパー天狗」
    • 第38話「仙鏡水」
    • 第39話「唐倶利武者」
  • 文庫版・廉価版での追加未収録話
    • 第14話「地震の作り方」

並行連載[編集]

[13]『キテレツ大百科』の連載時期は、藤子Fが多くの作品を並行して連載していた時期に当たる。連載開始から終了までの間に合計で14タイトルが本作と並行して連載されており、この他にも40本の読切漫画(内32本がSF短編)が『キテレツ大百科』の連載中に発表されている。

特に1974年(昭和49年)9月号掲載分としては、『キテレツ』を含めて連載9タイトルに読切「間引き」を合わせた10タイトル・20本を発表しており、一月当たりのタイトル数としては最多、本数としても最多記録の21本(1966年1月号掲載分)に次ぐ本数となっている。

週刊の「Uボー」と隔週刊「エスパー魔美」を除き、並行連載作品は全て月刊連載であった。

年表[編集]

  • 凡例
    • 小学館の学年誌(『小学一年生』から『小学六年生』までの6誌に加え、便宜的に『幼稚園』も含める)については、3月号の続きは1学年上の4月号に掲載されるという連載の特色を重視し、年度毎に学年を繰り上げる形で記載。各雑誌における表中の左端に学年を以下の形で記載した。
      • 『幼』:幼稚園
      • 『一』 - 『六』:小学一年生 - 小学六年生
    • 表の範囲よりも広く継続している連載については矢印を記載。
      • ←:1974年3月以前より連載開始。学年誌の場合は一つ下の学年より繰り上がっての継続。
      • →:1977年8月以降まで連載が継続。
    • タイトル右の ( ) 付き数字は#一覧の通し番号に対応し、一覧内の対応するデータを表示するためのリンクとなっている。
1974年度 1975年度 1976年度 1977年度
1974年 1975年 1976年 1977年
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7






1962年度生 『六』 ドラえもん (1)
1963年度生 『五』 ドラえもん (2) 『六』
『五』 みきおとミキオ (3)
1964年度生 『四』 ドラえもん (4) 『五』 『六』
『四』 みきおとミキオ (5)
1965年度生 『三』 ドラえもん (6) 『四』 『五』 『六』
『三』 バケルくん (7) 『四』
1966年度生 『二』 ドラえもん (8) 『三』 『四』 『五』
『二』 バケルくん (9) 『三』 『四』 バウバウ大臣 (10)
1967年度生 『一』 『二』 ドラえもん (11) 『三』 『四』
『一』 モッコロくん (12) 『三』 バウバウ大臣 (13)
1968年度生 『一』 ドラえもん (14) 『二』 『三』
『幼』 モッコロくん (15) 『一』 4じげんぼうPポコ (16) 『二』 バウバウ大臣 (17)
1969年度生 『幼』 4じげんぼうPポコ (18) 『一』 ドラえもん (19) 『二』
1970年度生 ドラえもん (20) 『一』
こどもの光 キテレツ大百科
たのしい幼稚園 パジャママン (21)
おともだち パジャママン (22)
テレビマガジン パジャママン (23)
ディズニーランド パジャママン (24) 希望の友 ポコニャン (28)
小学生ブック ドラミちゃん (25) 毎日こどもしんぶん Uボー (29)
キンダーブック つくるくん (26) てれびくん きゃぷてんボン (30) ドラえもん (31)
めばえ ぞうくんとりすちゃん (27) マンガくん エスパー魔美 (32)
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7
1974年 1975年 1976年 1977年
1974年度 1975年度 1976年度 1977年度

一覧[編集]

  • 凡例
    • 年表と同様に、便宜的に『幼稚園』を含めた小学館の学年誌については年度毎に学年を繰り上げる形で記載。
      • 「雑誌」欄では「1962年生まれが読んだ学年誌」を「学年誌(1962年度生)」として記載。
      • 「開始」欄と「終了」欄では連載開始・終了誌を号数に併記。
        • 「開始:『幼稚園』1980年5月号・終了:『小三』1984年2月」と記載した場合、『幼稚園』1980年5月号 - 1981年3月号・『小学二年生』1982年4月号 - 1983年3月号・『小学三年生』1983年4月号 - 1984年2月号と学年を繰り上がり連載されたことを意味する。
    • 藤子・F・不二雄大全集〉に収録済の作品についてはその通巻数を「F全集」欄に記載。巻数とタイトルの対応については藤子・F・不二雄大全集#書誌情報を参照。
    • 「表」列の数字は上記年表の該当箇所へとリンクしており、色は年表に対応。
タイトル 出版社 雑誌 開始 終了 F全集 備考
1 ドラえもん 小学館 学年誌(1962年度生) 1970年01月号1『小一』1970年01月号 1975年03月号6『小六』1975年03月号 FZ-002 (1)
2 ドラえもん 小学館 学年誌(1963年度生) 1970年04月号1『小一』1970年04月号 1976年03月号6『小六』1976年03月号 FZ-003 (2)
3 みきおとミキオ 小学館 学年誌(1963年度生) 1974年05月号5『小五』1974年05月号 1975年03月号5『小五』1975年03月号 FZ-088 (3)
4 ドラえもん 小学館 学年誌(1964年度生) 1971年04月号1『小一』1971年04月号 1977年03月号6『小六』1977年03月号 FZ-004 (4)
5 みきおとミキオ 小学館 学年誌(1964年度生) 1974年05月号4『小四』1974年05月号 1975年03月号4『小四』1975年03月号 FZ-088 (5)
6 ドラえもん 小学館 学年誌(1965年度生) 1972年04月号1『小一』1972年04月号 1978年03月号6『小六』1978年03月号 FZ-005 (6)
7 バケルくん 小学館 学年誌(1965年度生) 1974年02月号2『小二』1974年02月号 1976年03月号4『小四』1976年03月号 FZ-058 (7)
8 ドラえもん 小学館 学年誌(1966年度生) 1973年04月号1『小一』1973年04月号 1979年03月号6『小六』1979年03月号 FZ-006 (8)
9 バケルくん 小学館 学年誌(1966年度生) 1974年04月号2『小二』1974年04月号 1976年03月号3『小三』1976年03月号 FZ-058 (9)
10 バウバウ大臣 小学館 学年誌(1966年度生) 1976年05月号4『小四』1976年05月号 1976年12月号4『小四』1976年12月号 FZ-088 (10)
11 ドラえもん 小学館 学年誌(1967年度生) 1975年03月号1『小一』1975年03月号 1980年03月号6『小六』1980年03月号 FZ-007 (11) 1977年4月号は2話掲載。
12 モッコロくん 小学館 学年誌(1967年度生) 1974年04月号1幼稚園』1974年01月号 1975年03月号1『小一』1975年03月号 FZ-092 (12)
13 バウバウ大臣 小学館 学年誌(1967年度生) 1976年05月号3『小三』1976年05月号 1976年12月号3『小三』1976年12月号 FZ-088 (13)
14 ドラえもん 小学館 学年誌(1968年度生) 1975年09月号1『小一』1975年09月号 1981年03月号6『小六』1981年03月号 FZ-008 (14)
15 モッコロくん 小学館 学年誌(1968年度生) 1974年04月号0幼稚園』1974年04月号 1975年03月号0幼稚園』1975年03月号 FZ-092 (15)
16 4じげんぼうPポコ 小学館 学年誌(1968年度生) 1975年04月号1『小一』1975年04月号 1976年02月号1『小一』1976年02月号 FZ-092 (16)
17 バウバウ大臣 小学館 学年誌(1967年度生) 1976年06月号2『小二』1976年06月号 1976年12月号2『小二』1976年12月号 FZ-088 (17)
18 4じげんぼうPポコ 小学館 学年誌(1969年度生) 1975年04月号0幼稚園』1975年04月号 1976年03月号0幼稚園』1976年03月号 FZ-092 (18)
19 ドラえもん 小学館 学年誌(1969年度生) 1976年04月号1『小一』1976年04月号 1982年04月号6『小六』1982年04月号 FZ-009 (19)
20 ドラえもん 小学館 学年誌(1970年度生) 1977年04月号1『小一』1977年04月号 1983年04月号6『小六』1983年04月号 FZ-010 (20)
21 パジャママン 講談社 たのしい幼稚園 1973年12月号 1974年11月号 FZ-091 (21)
22 パジャママン 講談社 おともだち 1973年12月号 1974年11月号 FZ-091 (22)
23 パジャママン 講談社 てろテレビマガジン 1973年12月号 1974年10月号 FZ-091 (23)
24 パジャママン 講談社 ていディズニーランド 1974年01月号 1974年11月号 FZ-091 (24)
25 ドラミちゃん 小学館 小学生ブック[注 10] 1974年01月号 1974年09月号 FZ-020 (25)
26 つくるくん フレーベル館 きんキンダーブック 1974年04月号 1975年03月号 FZ-092 (26)
27 ぞうくんとりすちゃん 小学館 めばえ 1974年05月号 1975年03月号 FZ-092 (27)
28 ポコニャン 潮出版社 きほ希望の友 1975年04月号 1978年05月号 FZ-094 (28)
29 Uボー 毎日新聞社 まい毎日こどもしんぶん 1976年03月27日付 1979年08月25日付 FZ-093 (29)
30 きゃぷてんボン 小学館 てれびくん 1976年06月号創刊号 1976年10月号 FZ-091 (30)
31 ドラえもん 小学館 てれびくん 1976年12月号 1977年8月号 FZ-019 (31)
32 エスパー魔美 小学館 まんマンガくん 1977年01月10日号1977年創刊号(1月10日) 1978年08月25日号1978年16号(8月25日) FZ-053-055 (32) この後、掲載誌が誌名変更。

テレビアニメ[編集]

原作漫画の連載終了より10年以上が経った1987年(昭和62年)11月2日フジテレビ系列で、90分のテレビスペシャル版を放送。この特番が好評を博したため、翌1988年(昭和63年)3月27日から毎週日曜19時からの30分番組として同系列局でテレビシリーズが放映が開始された。フジテレビが藤子アニメのキー局となったのは本作が初。以降テレビシリーズは1996年(平成8年)6月9日まで全331話が放送され、ゴールデンタイムで8年以上続く長寿番組となった。

新キテレツ大百科[編集]

アニメ化に合わせて連載されたリメイク作品で[4]、執筆は田中道明が担当。『月刊コロコロコミック1988年(昭和63年)5月号から1994年(平成6年)2月号までで連載された。単行本は〈てんとう虫コミックス〉より全6巻が発行されている。

原作『キテレツ大百科』をベースにその世界観を広げたものであり、原稿を作成する際に、何度も藤子Fにネームや内容を修正してもらい、制作していたものである。また、キャラクターの人格形成やコロ助のコロッケ好きなど、アニメの設定に大いに影響を与えている。

ゲーム[編集]

以下の3タイトルが発売されている。

発売日 タイトル プラットフォーム ジャンル メーカー
1990年2月23日 キテレツ大百科 ファミリーコンピュータ アクションゲーム エポック社
1994年7月15日 キテレツ大百科 冒険大江戸ジュラ紀 ゲームボーイ ビデオシステム
1995年1月27日 キテレツ大百科 超時空すごろく スーパーファミコン ボードゲーム

ファミリーコンピュータ版は、夢見鏡の世界に引き込まれたキテレツ達が脱出を目指すというもの。ボタン連打による発明や、仲間が増える毎に「当たり判定(ダメージを受ける部位)」が増加してしまい、逆にお荷物になってしまう斬新なシステムを持つ。

この他、2002年11月21日コナミから発売されたプレイステーション2用のソフト『pop'n music 7』には、アニメ主題歌の「はじめてのチュウ」と「すいみん不足」が収録されている。

テレビドラマ[編集]

ドラマ愛の詩』のスペシャルとして、NHKによる実写ドラマが製作されている。タイトルは『キテレツ』。初回の放送はNHK教育2002年1月1日の18時30分から19時45まで。その後、NHK総合・教育の双方で何度か再放送されている。

コロ助はCGで作られて実写と合成され、声はアニメ版で初代にコロ助を演じた小山茉美が担当した。また、キテレツ斎役としては清川元夢が声のみで出演している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

CM[編集]

2013年にキリンビバレッジ『キリン にっぽん米茶』TVCMに起用、佐藤浩市がCGのコロ助と共演している[14]。コロ助の声優は浅野まゆみ

書誌情報[編集]

特記のないかぎり、著者は藤子・F・不二雄、発行は小学館

参考文献[編集]

#書誌情報記載したものを除いた主要参考文献のみを記載。この他の参考文献については個別脚注方式で#出典に記載している。

  • 「キテレツ大百科」『Fの森の歩き方 藤子・F・不二雄まんがワールド探検公式ガイド』小学館藤子・F・不二雄大全集〉別巻、2010年7月28日初版第一刷発行(7月23日発日[小 11])、ISBN 978-4-09-143434-0、86 - 95頁
  • 『キテレツ大百科 アッとおどろくからくり道具大図解』小学館〈コロタン文庫〉115、1990年

Web[編集]

#書誌情報の参考とした。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 発表当時は藤子不二雄名義。藤子不二雄Ⓐとのコンビ解消後、単行本の名義を藤子・F・不二雄名義に変更。
  2. ^ 藤子ファンであり、『キテレツ大百科』連載中の1975年頃にアシスタントとなった田中道明も、アシスタントに入るまで本作を知らなかった。
  3. ^ 1971年1月号から1972年12月号まで連載。
  4. ^ ただし、連載1作目の「名犬タンタン」は藤子不二雄Ⓐ久米みのるとの合作。
  5. ^ 読切はこの後にも2編(共に少年SF短編)が掲載されている。
  6. ^ 2010年現在。
  7. ^ 例:キテレツの父親は第1話をはじめとしてほとんどの場合は眼鏡をかけた厚い唇の人物として描かれているが、最終話では眼鏡をかけず唇も厚くはなく、全く外見の異なる人物として描かれている。
  8. ^ a b c d 名称は作中では登場しないため、『Fの森の歩き方』に因る。
  9. ^ 名称は作中では登場しない
  10. ^ 3月号までの誌名は『小学館BOOK』。
  11. ^ a b コンビ解消後の増版・増刷時に藤子・F・不二雄名義に変更している。
  12. ^ ( ) 内はFFランドの通巻数。
  13. ^ ( ) 内は大全集の通巻数。

出典[編集]

『キテレツ大百科』の漫画本編については単行本を指定せず、話数と副題で示す。

  1. ^ a b c 「第1の森 生活ギャグ漫画の世界」『Fの森の歩き方』36-37頁
  2. ^ 『藤子・F・不二雄大全集 月報』2-2(『キテレツ大百科』2巻付録)2頁
  3. ^ 「キテレツ大百科」『Fの森の歩き方』86-87頁
  4. ^ a b c 田中道明「藤子まんがから僕が学んだこと」『キテレツ大百科』2巻 〈藤子・F・不二雄大全集〉352-355頁。
  5. ^ 「F系男子という生き方」『Fの森の歩き方』182頁
  6. ^ a b c 『Fの森の歩き方』88頁
  7. ^ a b 第1話「ワガハイはコロ助ナリ」
  8. ^ 第23話「人間植物リリー」
  9. ^ 『Fの森の歩き方』89頁
  10. ^ 『Fの森の歩き方』94頁
  11. ^ 「初出掲載リスト」『キテレツ大百科』1巻〈藤子・F・不二雄大全集〉334頁
  12. ^ 「初出掲載リスト」『キテレツ大百科』2巻〈藤子・F・不二雄大全集〉347頁
  13. ^ この節は、『Fの森の歩き方』の「藤子・F・不二雄まんが連載史大年表」(7-10頁)および「「藤子・F・不二雄まんが連載史大年表」を味わう! パート2」(226-227頁)を参照。
  14. ^ キリンビバレッジ、「キリン にっぽん米茶」を発売、佐藤浩市、コロ助初共演TVCMを公開navicom 2013年5月28日

小学館コミック[編集]

以下の出典は『小学館:コミック』(小学館)内のページ。書誌情報で発売日の出典としている。

  1. ^ 『キテレツ大百科〔小学館コロコロ文庫〕 1』”. 2010年12月1日閲覧。
  2. ^ 『キテレツ大百科〔小学館コロコロ文庫〕 2』”. 2010年12月1日閲覧。
  3. ^ 『藤子・F・不二雄大全集 キテレツ大百科1』”. 2010年12月1日閲覧。
  4. ^ 『藤子・F・不二雄大全集 キテレツ大百科2』”. 2010年12月1日閲覧。
  5. ^ 『新キテレツ大百科 1』”. 2010年12月1日閲覧。
  6. ^ 『新キテレツ大百科 2』”. 2010年12月1日閲覧。
  7. ^ 『新キテレツ大百科 3』”. 2010年12月1日閲覧。
  8. ^ 『新キテレツ大百科 4』”. 2010年12月1日閲覧。
  9. ^ 『新キテレツ大百科 5』”. 2010年12月1日閲覧。
  10. ^ 『新キテレツ大百科 6』”. 2010年12月1日閲覧。
  11. ^ 『藤子・F・不二雄大全集 別巻 Fの森の歩き方』”. 2010年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]