ポコニャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポコニャン』は、藤子・F・不二雄によるSF漫画作品、および同作の主人公の名前である。本稿では、それを原作としたテレビアニメ作品『ポコニャン!』についても扱う。

沿革[編集]

漫画は1975年4月号から1978年5月号まで『希望の友』(潮出版社)で連載した。また1970年7月号から1974年1月号にかけて、前身となる『ぽこにゃん』が『ようじえほん』(潮出版社)にて連載されている。不思議な生物ポコニャンが、同居する男の子を不思議な能力と道具で助けるという内容の作品である[1]

連載終了後15年を経た1993年に『ポコニャン!』のタイトルでテレビアニメ化した(全170話)。テレビアニメ化にあたっては、藤子・F・不二雄の別作品『ドラえもん』と差別化を図るため、内容に大幅なアレンジを加え、視聴層も『ドラえもん』より低い幼児から小学校低学年を対象としている。同年には田中道明藤子・F・不二雄プロ)によってテレビアニメ版の設定を踏襲した同名の漫画が描かれ『小学一年生』に掲載された。

1994年ゲームボーイスーパーファミコンにて、アニメ版をもとにしたゲームソフトが発売された。

漫画[編集]

ネコのようなタヌキのような不思議な生き物であるポコニャンは、太郎の家に住んでいる。ポコニャンは太郎に不思議な遊び道具を出してあげたり、困っていると不思議な力で助けてあげたりする。

単行本[編集]

登場人物[編集]

ポコニャン
超能力を持つ不思議な動物。超能力を使ったり、機械を操作したりする。最初の内は人間の言葉を喋っていたが[2][3]、後に「ポコニャン」としか発音しなくなった(ただし、「ポンポコニャン」や「ペケニャン」などと発することもある[1])。その一方で字を書くことができ、「ぼくのことはしんぱいしないで ぼくならひとりでもいきていけるから」と置手紙を書いて家出したことがある。
太郎(たろう)
都内の山川小学校に通う少年。遅刻の常習者。幼少期に山でポコニャンを拾って以来、家族としてともに育ってきた[1]
太郎の父(たろうのちち)
片道2時間の距離の会社に勤めるサラリーマン[4]。だんごが大好物[5]
太郎の母(たろうのはは)
専業主婦。口うるさい。
みきちゃん(みき子)
太郎の同級生の少女。成績は太郎よりもいい。歌が上手。
ヒヒ山(ヒヒやま)
太郎の同級生の少年。乱暴者。陰でカバ口と呼ばれる。
ラッキョ
太郎の同級生の少年。

道具[編集]

ポコニャンが作ったり、どこからか持ってきたりする、不思議な道具。

おしゃれカメラ
なんでもきれいに写る。
こどくガス
ガスに包まれると、1人きりになったようになる。
マジック・コントロール
マジ・コン。これをくっつけるとなんでも動かせる。
過去へ手紙を出すポスト
これを使えばずっと前に手紙を出したことになる。
インドア・スノー
絶対にとけないし、つめたくもない。
ミニミニ・スキー
絶対に転ばない。体重のかけ方によって、スピード調節やブレーキも思いどおり。
手品ステッキ
どんな手品でもできる。種も仕掛けもいらない。隠し芸には十分。
メモリーキャップ
記憶を映しだす帽子。
泳げるきかい
どんな泳ぎ方もできる。へそにくっつけてポコン、ペコンと操作する。
エアコンジオラマアルバム
切り抜いて組み立てると、部屋の空気ができあがったジオラマのとおりになる。
トイレットペーパーみたいな紙
鉄板みたいに丈夫。作る前はやわらかい。
強力な瞬間接着剤
紙を貼り合わせるのに使う。
お年玉箱
スイッチを入れると電波が出て、それを受けた人は、箱の持ち主にお金をあげたくなる。
実物時間逆転機
任意の事象を8ミリフィルムに録画し、フィルムをあべこべに回すと、映画みたいに本物が逆戻りする。名称の初出はテレビアニメ『ドラえもん』第2作第1期「逆もどし」(『ポコニャン』「逆もどし」のアニメ化作品。1980年6月2日放送、レンタル用ビデオ『テレビ版ドラえもん』35巻に収録)。
パニック機
立体映画と立体音響で、地震や火事や洪水の幻を作り出す。
レール・チューブ
絵の具のチューブようにレールがニュルニュルと出てくる。
引力さえぎりガス
吹き付けると、引力のない状態になる。
もしもしメガホン
このメガホンでしゃべると、昆虫に話しかけ、自分の意思を伝えることができる。虫と友だちになることもできる。名称の初出はテレビアニメ『ドラえもん』第2作第1期「黒べえをすくえ!」(『ポコニャン』「黒べえをすくえ!」のアニメ化作品。1980年4月28日放送、ビデオ『テレビ版ドラえもん』24巻、DVD『テレビ版ドラえもん』12巻に収録)。
人間を煙に変える煙突
円筒の形をした道具。頭に載せると、人体が円筒を通り抜けて煙になる。煙になった状態で、円筒の上の穴に入ると、円筒の下から人体として出ることができる。
ねがい星花火
この花火を打ち上げ、花火が消える前に願いごとを言うと、その願いごとがかなう。
ドリームねんど
箱庭の山を作ることができる粘土。名称の初出はテレビアニメ『ドラえもん』第2作第1期「庭で山のぼり」(『ポコニャン』「庭で山のぼり」のアニメ化作品。1980年04月21日放送、DVD『TV版ドラえもん』34巻に収録)。
『ドラえもん』では、未来の子供たちが庭で山登りをして遊ぶための粘土として登場する。作中ではドラえもんとのび太がこの粘土で山の大まかな形や山道などを作った後に丸木橋や木のミニチュアを付け、水道からホースを引っ張り川を流しその上、山の風景画を周りに貼りドライアイスで雲まで作り本格的な山のミニチュアを作った。

テレビアニメ[編集]

ポコニャン!』のタイトルで1993年4月5日から1996年3月29日まで、NHK総合テレビおよびNHK教育テレビに放送した(再放送を含め全170話)。

NHK総合テレビ
1993年4月5日から1994年4月1日までの月曜日から金曜日、17:50から18:00
第1話「シッポがあるおとうとニャン」から第150話「みんなポコニャンのともだちニャン」までの初回放送と第9話「お留守番は楽しいニャン」の再放送。第116話「シロは名犬だニャン」から第118話「とんだ魔法のランプだニャン」までは、1993年12月31日にNHK教育テレビ『母と子のテレビタイムスペシャル (2)』内で、16:10から16:35に放送した。
NHK教育テレビ
1994年4月4日から1996年3月29日までの月曜日から金曜日、8:50から9:00、および17:25から17:35
第151話「大渋滞は楽しいニャン」から第170話「おじいちゃんの交通安全だニャン」までの初回放送と全170話の再放送をランダムに放送。同一日で午前午後ともに同一作品を放送(午後は午前の再放送扱い)。1994年度および1995年度の初めに第1話、年度末に最終話(第148話「さよならはスタートニャン」)を放送した。

キャラクター[編集]

ポコニャン
声 - 三田ゆう子
主人公。「ポコニャンの国」出身の動物で、へんぽこりんパワーを使うことができる。しかし自分がパワーを使えることは、ミキと幹の助以外には隠している。親友のミキにのみ、語尾に「ニャン」を付けた口調で話すが、普段は「ポコニャン」「ニャン」などとしか言わない。生物的にはネコというよりタヌキに近いらしい。性別は雄。
木の葉 ミキ(このは ミキ)
声 - 平松晶子
準主人公。小学生の女子。ハイキングでポコニャンと出会い、親友となる。クラスのアイドル的存在。性格はお調子者で活発なおてんば。勝気で虚栄心が強い一面もある。算数が苦手で字が汚いらしい。へんぽこりんパワーの助けを借りることが多い。髪は水色のポニーテール。赤いスカートを好む。
木の葉 ミドリ(このは ミドリ)
声 - 向井真理子
ミキの母。専業主婦。趣味はテニス。夫のことを「シゲル」と名前で呼ぶ。
木の葉 シゲル(このは シゲル)
声 - 江原正士
ミキの父。会社員。愛妻家でミドリとは今でもラブラブ。歌が下手。サッカーも下手で、会社のサッカーチームではキャプテンを務めているものの、控えである。その他、料理の腕も壊滅的。一見若く見えるが、社内ではすでに中堅らしい。会社では営業を担当。
いっぽんぎ 幹の助(いっぽんぎ みきのすけ)
声 - 肝付兼太
ミキの母方の祖父。元警察官。趣味はゴルフ。暑いのが大好き。夫人に先立たれている。ミキの家の近くに在住。へそ曲がりの頑固者の老人で、ポコニャンのことも当初はいぶかしく思っていたが、ポコニャンが土産の大判せんべいを嬉しそうに食べたことから後に和解し可愛がるようになる。ポコニャンがパワーを使うことを知る数少ない人物の1人。入れ歯ではない。警察官退職後に川でおぼれた子供を助け、新聞に掲載された。
檜 秀作(ひのき しゅうさく)
声 - 柏倉つとむ
ミキの級友の男子。機械好きで、たまに発明をする。眼鏡をかけており、かなりの近眼。自分のパソコンには「コン太」と名づけている。お金持ちのお坊ちゃま。髪は茶髪。頭は良いがイヤミな性格。
檜 ユウ(ひのき ユウ)
声 - 小林優子
秀作の妹。幼稚園児。かなり腕白で、しばしばポコニャンを「ニャンポコ」と呼んでいじめているが、恐怖で泣きわめくポコニャンを叱咤激励したり身を呈して庇ったこともある。実はポコニャンがパワーを使えることを知っている。髪は金髪。常に幼稚園の赤い園児服を着用。
花田 菊の助(はなだ きくのすけ)
声 - 桜井敏治
ミキの級友の男子。花屋の息子。「菊の助、感激〜」「菊の助、納得〜」などが口癖。ミキちゃんには「菊ちゃん」とよばれている(あだ名で呼ばれている唯一の人物)。大柄だが所謂ガキ大将キャラではなく、温厚で優しい少年。ミキちゃんが好き。サボテン栽培が趣味。サスペンダーのついた継ぎはぎのズボンを愛用。
菊の助の母(きくのすけのはは)
声 - 巴菁子
花屋の店主。典型的なおばさん。よく登場する。
桜 アタリ(さくら アタリ)
声 - 白石文子
ミキの級友の女子。占い好きでおっとりとしているが、言うべきことは言うタイプ。三つ編み。初期はメインキャラに預定で、後期登場回数は多くない。
楠木 ノボル(くすのき ノボル)
声 - 三木眞一郎
ミキの級友の男子。格好良くて凛々しい顔立ちをしている。登場回数は多くないが、ポコニャンスロットにはよく登場する。青色の髪をしている。常に半ズボン。
若葉 モモコ(わかば モモコ)
声 - 島本須美
ミキたちの担任の先生。ピンク色の髪をしている。ロングスカートを好む。
チンプク
声 - 江原正士
野良ネコ。いたずら好き。「チンプクメゲレンコ〜」と鳴く。ポコニャンに意地悪をよくする。
ポン吉(ポンきち)
動物園の演芸タヌキ。動物園を脱走しポコニャンの元へ身を寄せた。
コン太(コンた)
声 - 木藤聡子
パワーを使えるキツネ。へんぽこりんパワーのように、「コンコンコンの、コンピラ様の、コーン!」と呪文を唱え、茸集めや、吹雪を起こしたりできる。ポコニャンにのみ、語尾に「コン」を付けて話す。なお、秀作のパソコン「コン太」のことではない。

へんぽこりんパワー[編集]

ポコニャンが持つ不思議なパワー。「ぽんぽこぽんの、へんぽこりんの、ニャン!」と呪文を唱えてからパワーの名前を叫び、パワーを使う。また、一度唱えた始めの呪文は、(各話の中では)再度唱える必要はない。一度使ったパワーは、(各話の中では)「ニャン!」で代用できる。

化けポコリン
自分の姿を別の姿に変えることができる。ただし、しっぽは付いたままとなる。一番使用頻度の高かったパワー。
変えポコリン
物体を別の姿に変えたり、物体に別の能力を付加することができる。
換えポコリン
人と人の中身を交換することができる。
跳びポコリン
他人の跳び箱の能力を格段に上昇させることができる。ただし、暴発することもある。
飛びポコリン
  1. 物体を自由に飛ばし、操ることができる。
  2. 自分や他人に空を飛ぶ能力を与えることができる。
浮きポコリン
物体を宙に浮かせることができる。
耳ポコリン
自分の耳を操ることができる。耳で背中を掻くことも可能。
聞きポコリン
言語を持たない物体から話を聞くことができる。
口ポコリン
言語を持たない物体に口を与え、話をさせることができる。
しゃべポコリン
言語を持たない物体にしゃべらせることができる。
動きポコリン
自分で動くことのできない物体に、動く能力を与えることができる。
見つけポコリン
自分の生まれたときに、一瞬だけ戻ることができる。
見えポコリン
遠くの様子を見ることができる。
消えポコリン
自分や他人の姿を消すことができる。
出るポコリン
  1. 絵本から物を出すことができる。ただし、関係ないものも出る。
  2. 足跡を出すことができる。(第103話)
入るポコリン
絵本やテレビゲームの中に入ることができる。
ドアポコリン
何もない壁にドアを作ることができる。
穴ポコリン
  1. 光の穴を使い、太古やパラレルワールド、異次元に行くことができる。光の穴は、しっぽで地面などに円を描いて出現させる。
  2. ゴルフの穴(カップ)にボール等を飲み込む意思を持たせる事が出来る。穴は人や物を飲み込むと巨大化する。(第112話)
ミニポコリン
物体を小さくすることができる。
デカポコリン
物体を大きくすることができる。
付きポコリン
人と人を磁石のようにくっつけることができる。
取れポコリン
人と人を磁石のように反発させることができる。
分けポコリン
物体を中心で2分割することができる。
花ポコリン
物体から花を咲かせることができる。
咲きポコリン
玄関マットに花を咲かせる能力を与えることができる。
晴れポコリン
天候を操り、晴れさせることができる。
風ポコリン
天候を操り、風を起こすことができる。
波ポコリン
  1. おもちゃなどを操って、部屋の中で魚のように泳がせることができる。
  2. 海などの波を自在に操ることができる。
  3. 水のない場所に波を起こすことができる。
たまポコリン
  1. ボールに化けることができる。
  2. 物体を透明な玉に閉じ込めることができる。無関係の人には絶対に玉を割ることはできない。
切りポコリン
切り抜いたものを実体化させることができる。ただし、水に触れると元に戻ってしまう。
服ポコリン
他人や自分に服を着せることができる。
缶ポコリン
何でも缶詰(「へんぽこりん缶詰」)にすることができる。物体でも大嵐でも可能。
買うポコリン
他人に商品を買わせることができる。
生えポコリン
他人にフサフサの髪を生やすことができる。
伸びポコリン
滑り台の滑走路や鉄道の線路など、物体を延長させることができる。
迷路ポコリン
町を迷路にすることができる。迷路の出入口は自由に設定可能。
集めポコリン
山に生えている茸を集めることができる。
立ちポコリン
倒れている物体を立たせることができる。
縄ポコリン
縄を操ることができる。人を縛ることも可能。
夢ポコリン
自分の夢に他人を招待したり、他人の夢に自分や他人が入ることができる。
虹ポコリン
虹の橋を架けることができる。大きさは自在。
色ポコリン
ペンキの色をいくつでも増やすことができる。
塗りポコリン
ペンキやハケを操り、壁などに色を塗らせることができる。
カチポコリン
燃えている物体を凍らせることができる。
テレポコリン
ビデオカメラを操って自由に動かしたり、いろいろなテレビにカメラの映像を映すことができる。
ゴミポコリン
ゴミ箱に捨てた書類などをチリにして飛ばすことができる。ただし、地面に落ちたチリからは植物が生え、花が書類の秘密をしゃべり続けてしまう。
ピカポコリン
  1. 汚れている物体をピカピカにすることができる。
  2. 壊れている照明を点灯させることができる。
キラポコリン
あちこちにネオンやカラフルな照明を点灯させることができる。
ミキポコリン
鏡や水面に映ったミキを増殖させることができる。ただし、映るたびにコピーが出てしまう。また、水面からのコピーであれば揺らぐなど増殖したミキは映ったときの姿そのままの性質・状態。
ポコニャンポコリン
雪だるまをポコニャンの姿に整え、自分で動くようにすることができる。ただし、雪だるまにへんぽこりんパワーの能力が移転してしまう。
しっポコリン
しっぽの先をアンテナのように使って目当ての物を探し出す。
ビデポコリン
リモコンでビデオのように早送り、スローで人を動かすことができる。(第102話)
家ポコリン
木にリスの家を造ることができる。(第103話)
包みポコリン
おもちゃを箱に入れ、包装紙とリボンで包む。(第104話)
ギャルポコリン
若い女性に変身することができる。(第106話)
声ポコリン
2人の間で声を替える。人や動物を問わず入れ替えることが出来る。(第109話)
怪力ポコリン
怪力になり、力こぶが出来て、敵にパンチ、チョップ、キック等の技をかけることが出来るようになる。(第114話)
ツリーポコリン
大きなクリスマスツリーを生やすことができる。ツリーには空から無数の小さな光が降り注ぐ。(第115話)
あきポコリン
閉じている車のトランク開ける。(第116話)
チョキポコリン
貯金箱を意思を持たせて、ひたすらお金を集めるよう働いてくれるようになる。(第124話)
風邪ポコリン
人の風邪のバイキンを袋に集める。風邪のバイキンを持っている人の症状は良くなる。(第126話)
雪ポコリン
テレビの中の雪を持ってくることができる。(第129話)
かきポコリン
フォークを孫の手にする。手を使わなくても背中を掻くことができる。(第131話)
壁ポコリン
何もない壁を通り抜けることができる。(第133話)
聞くポコリン
このへんぽこりんパワーをかけたヘルメットを被ると人の言うことを強制的に聞くようになる。(第134話)
ビルポコリン
ビルの鉄筋の組み立てることができる。(第139話)
来るポコリン
指をさした人や物を呼び寄せる事ができる。(第140話)
時間ポコリン
過去に時間をさかのぼることができる。(第144話)
雲ポコリン
雲に乗って空を飛ぶことができる。(第146話)
花ポコリンの耳ポコリン
花を電話の代りに使うことができる。(第148話)
音ポコリン
指揮者のバトンにへんぽこりんパワーをかけると、バトンを持っている人から全体の気持ちを合わせることができる。(第152話)
箱ポコリン
箱にラッピングする。箱のリボンは笛のリズムで結ぶことができる。(第156話)
パパポコリン
シゲルを日曜大工の天才にする。(第160話)
カードポコリン
紙を何でも出てくるへんぽこりんカードにすることができる。カードを使うと物を呼び寄せることができる。(第161話)
呼びポコリン
落とし物を呼び寄せることができる。(第163話)
撮りポコリン
普通のカメラを何でも思ったことを写すカメラにすることができる。(第166話)
すべポコリン
このへんぽこりんパワーをかけたスケートを履くと滑れるようになる。(第168話)
戻りポコリン
他の方向に歩く人の方向を戻すことができる。(第170話)

ポコニャンスロット[編集]

スロットマシンのコーナーが本編とエンディングの間にあり、毎回「今日は誰かニャン」の台詞と共にリールが止まり始める。毎回、2つのリールが揃ったリーチの状態になり、最後のリールが揃うか見所である。6人のキャラクター(ポコニャン、ミキ、秀作、菊の助、ノボル、アタリ)の絵柄があり、揃った場合コインの代りに揃ったキャラクターが出てくる。外れた場合、ユウが出てきて「あかんべえ」をする。出目は、当たりが6種類、外れが30種類の全36種類ある。ポコニャンスロットの全結果は、10分の放送169話分(最終回は放送なし)で、当たりは93回、外れ76回。1993年12月31日放送では、2回放送され当たり1回、外れ1回である。また、このポコニャンスロットは「ポコニャンフレンド」という名前のプライズゲームとして実現化された。スロットが揃うとポコニャンの鉛筆が景品としてプレゼントされる。

  • ポコニャンスロットの出目と放送話数 (太字は当たり)
スロットの出目 放送話
ポコニャン・ポコニャン・ポコニャン 第7、26、51、58、61、63、76、81、82、96、99、113、119、132、138、142、165、166話、
1993年12月31日放送2回目
ポコニャン・ポコニャン・ミキ 第22、126、136話、1993年12月31日放送1回目
ポコニャン・ポコニャン・秀作 第30、94、154話
ポコニャン・ポコニャン・菊の助 第5話、97話
ポコニャン・ポコニャン・ノボル 第68、162話
ポコニャン・ポコニャン・アタリ 第32、79、84、116話
ミキ・ミキ・ミキ 第1、12、21、28、35、38、46、69、78、91、102、104、121、123、129、131、141、153、169話
ミキ・ミキ・ポコニャン 第27、66、147話
ミキ・ミキ・秀作 第43、57、70、155話
ミキ・ミキ・菊の助 第34、115話
ミキ・ミキ・ノボル 第86、130話
ミキ・ミキ・アタリ 第50、72、89、98、110話
秀作・秀作・秀作 第2、11、23、40、49、62、85、88、101、106、127、135、168話
秀作・秀作・ポコニャン 第10、48、54、139話
秀作・秀作・ミキ 第67、134、137、161話
秀作・秀作・菊の助 第80話
秀作・秀作・ノボル 第55、87、95話
秀作・秀作・アタリ 第24、152話
菊の助・菊の助・菊の助 第4、9、15、19、31、52、60、75、109、114、128、133、149、156、160、170話
菊の助・菊の助・ポコニャン 第25、125話
菊の助・菊の助・ミキ 第44、158、159話
菊の助・菊の助・秀作 第29話
菊の助・菊の助・ノボル 第20、42話
菊の助・菊の助・アタリ 第111話
ノボル・ノボル・ノボル 第8、17、45、47、56、64、71、74、77、83、108、112、117、120、124、146、157話
ノボル・ノボル・ポコニャン 第13、163話
ノボル・ノボル・ミキ 第33、65話
ノボル・ノボル・秀作 第143、145話
ノボル・ノボル・菊の助 第39話
ノボル・ノボル・アタリ 第93、150話
アタリ・アタリ・アタリ 第6、14、37、41、73、90、92、100、122、140話
アタリ・アタリ・ポコニャン 第16、144、167話
アタリ・アタリ・ミキ 第36、107、118話
アタリ・アタリ・秀作 第59、105、164話
アタリ・アタリ・菊の助 第18、151話
アタリ・アタリ・ノボル 第3、53、103話

スタッフ[編集]

  • 原作:藤子・F・不二雄
  • 総監督:笹川ひろし
  • 監督:原征太郎
  • シリーズ構成:雪室俊一
  • 音楽:相良まさえ、宮原恵太
  • キャラクターデザイン:橋本とよ子
  • 美術監督:内田好之
  • 音響監督:山田悦司
  • アニメーション製作:アニメーション21小学館日本ヘラルド映画(現:角川映画角川書店
  • アニメーションプロデューサー:菅野てつ勇
  • 制作統括:村上憲一、茂手木秀樹
  • 脚本:雪室俊一、柳川茂、水出弘一、桜井正明池田眞美子、吉田通代、池野みのり、小山真弓、三宅直子、植村更、石原静雄、小松崎康弘、大森俊治、笹川ひろし
  • コンテ:池野文雄、笹川ひろし、生瀬昭憲、福本潔、原征太郎、遠藤克己、野館誠一、神戸守、高木真司、奥田誠治、浅田裕二、牧野行洋、渡辺健一郎、牛草健、吉田健次郎、大地丙太郎、香川豊、大町繁、岩崎良明、佐山聖子、山吉康夫、岩根雅明、井硲清高、西本由紀夫、石黒育
  • 演出:岩崎良明、高木真司、生瀬昭憲、福本潔、渡辺健一郎、池野文雄、古川政美、高橋幸雄、浅田裕二、藤谷和宏、大町繁、大地丙太郎、佐山聖子、神戸守、岡田宇啓、吉田健次郎、香川豊、西本由紀夫、井硲清高
  • 作画監督:郷敏治、岡迫亘弘、高橋明信、服部一郎、河合静男、小林勝利、野館誠一、西山里枝、進藤満尾岩根雅明、奥野浩行、畑良子、石川修、鈴木満、はしもとかつみ、小島彰、玉井公子、星川信芳
  • 原画:宇田川一彦、今川よしみ、谷田陽子、河合静男、石川修、越崎鉄也、野館誠一、小島秀人、西山里枝、坪川正、白石悟、河野一男、進藤満尾、森利夫、塚本哲哉、昆進之助、浜森理宏、高橋明信、武田政次なかじまちゅうじ、星川信芳、西尾彰子、小塚左知子、的場敦、広瀬数子、長谷川仁、矢花馨、小島彰、郷敏治、窪敏、小林之浩、小野ひろみ、長坂寛治、松下純子、行武三枝、林和男、諏訪昌夫、井上英二、井尻博之、臼井孝二、杉本功、松井陸容、渡辺和夫、言世高実、天花馨、中田正彦、岩根雅明、玉井公子、長縄宏美、小塚佐知子
  • 動画:松崎靖、福崎美香、小川祐子、片寄祐子、駒田壮司、大宮ルミ子、手島典子、沢崎信孝、勝部知子、菅野由美子、本間孝宏、藤本真弓、木口準、水口豊子、星合貴彦、鈴木香里、細木隆浩、大塚岩男、言世高実、今井仁美、田頭しのぶ、花房 明、富田誠司、三浦一世、上野美智子、山田大二朗、降旗昌弘、石井邦俊、上野千夏、堀正二郎、阿武恵子、石黒直美、飯岡真理子、白石 悟、上田明美、斉藤美枝子、林あけみ、森重早苗、三木俊明、西岡茂、村上えり子、今井正春、仲野一弘、南雲礼子、山崎真美、伊藤武、根本かおる、高田靖仁、佐藤元朗、進藤満尾、星野浩一、遠藤省二、永井達朗、堀越新太郎、藤田淳也、堀越久美子、鈴木晃子、秋山薫、落合 匡、小林直生、花沢宏樹、鈴木満、佐藤美智子、村上えりこ、瀬上幸雄、須藤千夏、柿原剛、松島純子、村松啓子、佐藤智子、西尾彰子、島崎知美、矢花薫、渡辺信司、槙田一章、大塚岩夫
  • 仕上:辛和美、及川教恵、柴田美知子、吉田さよ子、中島淑子、渡辺妙子、大澤孝子、笛吹康二、大須賀隆純、池田和恵、福井薫、須田由美、福間栄子、佐伯歌子、高橋由紀子、天野千秋、栗崎ひろみ、仲神加代子、成田照美、田村三枝子、久保明美、稲葉真、折目絵美子、佐々木三枝子、細田敦子、大谷京子、谷田陽子、細田敏子、開發博美、青柳留美子、五木田幸子、塩谷麗子、羽田佐代子、荒川喜代美、羽田定子、渋谷圭子、青木晴美、外山由美子、渡邊美栄子、沢井里美、伊藤貴子、高山恭代、沼田貴子、箱田明美、山崎美奈子、平賀真紀、熊本ゆか、木村千登世、志田智啓、中村忍、小川幸枝、中島和子、須藤美穂、湯浅麗子、服部洋子、氏家靖子、和田登志子、木村祥子、田中文子、渡辺恵子、前田嶺子、北野恵介、堤雅代、片山りつ子、三徳三枝、久下真由美、山縣知己、山口規子、高山照美
  • 背景:森繁、美都宮聖咲、藤原敏晃、本多美紀、下道一範、早川司、源田治行、東條俊寿、内田祥子、亀崎経史、佐藤正行、村石静恵、関口健治、伊藤朱美、水野尾純一、石津節子、中村靖、山田祐子、大江真潮、新井由章、川島むつみ、新井由華、本間薫、本吉幸子、大野美千代、子名木麻起子、菅野博司、加藤納央、越膳滝美、中山恭子、谷口百範
  • 撮影監督:白井久男
  • 編集:高山智江子、坂本雅紀、森田清次、青木正子
  • 効果:糸川幸良
  • 共同制作:NHKエンタープライズ21
  • 製作著作:NHK

主題歌[編集]

オープニングテーマ(OP)は1つのみだが、エンディングテーマ(ED)は5種類をランダムに使用している。(1993年12月31日放送分のEDは、3話分を1つのEDにまとめられて放送されたため、第116〜118話の各EDについては再放送から記載)

  • オープニング
  • エンディング
    1. おやじと話す - 第1 - 5、13 - 23話(全16回)
      • 作詞・作曲:立川俊之/歌:大事MANブラザーズバンド
    2. 幸福(しあわせ)のプレゼント - 第6 - 8、24 - 28、34 - 38、76、83、91、95、99、103、108、115、124、128、131、138、143、144、147、149、150、155、160、162、164、166話(全35回)
      • 作詞:及川眠子/作曲:山口美央子/歌:CHIHARU
    3. けっこんしようよ - 第9 - 12、29 - 33、77、80、102、106、114、125、137、159話(全17回)
      • 作詞・作曲・歌:MOONCATS
    4. 湯あがりハッスル - 第39 - 46、60、67、78、82、85 - 87、89、93、94、97、98、100、105、110、116、119 - 122、126、130、133、134、136、161、163、167、170話(全37回)
    5. ポコニャラ音頭 - 第47 - 59、61 - 66、68 - 75、79、81、84、88、90、92、96、101、104、107、109、111 - 113、117、118、123、127、129、132、135、139 - 142、145、146、148、151 - 154、156 - 158、165、168、169話と1993年12月31日放送分(全66回)
      • 作詞:藤子・F・不二雄/作曲:赤坂東児/振付:瀬戸口清文/歌:リン・M・ハリス

サブタイトルリスト[編集]

全170話。NHK総合での放送時に年間予定以外の放送(ニュース、国会中継、相撲など)で休止が多かった。またこの度重なる休止によって、当初の放送予定は大幅に変更されて放送された。リストは、初回放送順に準拠したものである。物語としての最終話は第148話。

  1. シッポがあるおとうとニャン
  2. 街でゲームをするニャン
  3. ようちえんに行くニャン
  4. すてきな紙ヒコーキニャン
  5. イエーデランドへようこそニャン
  6. ペットをかいたいニャン
  7. アタリちゃんの占いはすごいニャン
  8. 男の子を吸いこむニャン
  9. お留守番は楽しいニャン
  10. へんぽこりんパワーは禁止ニャン
  11. パパの手作り料理だニャン
  12. 夢のなかにはいるニャン
  13. ダイエットはほどほどニャン
  14. 水ぞくかんをつくるニャン
  15. ミキちゃんの宝物ニャン
  16. 菊ちゃんは王子様だニャン
  17. ミキちゃんがいっぱいニャン
  18. 父ちゃん鳥になるニャン
  19. パパの歌は最高ニャン
  20. 家ごとキャンプするニャン
  21. ひとりでおでかけニャン
  22. ママに赤ちゃんが・・・ニャン
  23. ミキちゃんはミカちゃん人形ニャン
  24. ユウちゃんのおとうとになるニャン
  25. 花咲かマットだニャン
  1. とび箱をとぶニャン
  2. へんぽこりん缶詰はめいわくニャン
  3. おじいちゃんがやって来たニャン
  4. ユウちゃんは迷たんていニャン
  5. パパを応援するニャン
  6. レーテン草が咲いたニャン
  7. のらネコ三兄弟ニャン
  8. さよならミキちゃんニャン
  9. お化けやしきだニャン
  10. おそうじぴっかぴかニャン
  11. ユウちゃんのパーティーだニャン
  12. きれいになるのはたいへんニャン
  13. カエルはつらいニャン
  14. 忘れものになったニャン
  15. おもちゃのパーティーだニャン
  16. ポコニャンはおにいニャン
  17. カラスのかってだニャン
  18. 忘れてた大事な日ニャン
  19. とうめい人間だニャン
  20. 海ぞくごっこはたのしいニャン
  21. 山にかえるポコニャン
  22. はじめての海だニャン
  23. ヘソまがりのウサギニャン
  24. 何でも切り抜いちゃうニャン
  25. お菓子の家の魔女だニャン
  1. サボ子ちゃんはかわいいニャン
  2. パパのプレゼントニャン
  3. スケボーにのった犬だニャン
  4. 恐竜がうごいたニャン
  5. 夏の雪ダルマだニャン
  6. アタリちゃんがこわれた? ニャン
  7. パパの時計をさがすニャン
  8. いいオトコになるニャン
  9. 夏は寒い? ニャン
  10. アイドルもつらいニャン
  11. ジャングルは楽しいニャン
  12. ウエスタン牧場の決闘だニャン
  13. でんしゃは楽しいニャン
  14. とべとべヒコーキニャン
  15. こわ〜い花だニャン
  16. はじめてのお手紙ニャン
  17. ちていたんけんだニャン
  18. ポコニャン救助隊だニャン
  19. 飛び出したヒーローだニャン
  20. サーカスのスターだニャン
  21. おえかきはたのしいニャン
  22. なかよしになるニャン
  23. おじいちゃんのガンコパワーだニャン
  24. はなよめさんになりたいニャン
  25. ミキちゃんはオルゴールニャン
  1. イルカくんとおともだちニャン
  2. じてんしゃにのるニャン
  3. ハチさんを守るニャン
  4. 影とあそぶニャン
  5. タコのお願いニャン
  6. 菊ちゃんの運動会ニャン
  7. ふしぎなきのこ山だニャン
  8. SLはともだちニャン
  9. ひつじが何びき? ニャン
  10. ふしぎなタマゴだニャン
  11. チンプクはへんなネコニャン
  12. ヘディングシュートだニャン
  13. 南の島はとおいニャン
  14. 笑顔がいっぱいニャン
  15. レストランは大さわぎニャン
  16. お星さまはおいしいニャン
  17. ママのかわりは大変ニャン
  18. がんばれ! ポンコツ飛行機ニャン
  19. 一発逆転ホームランだニャン
  20. 本をだいじにするニャン
  21. ナゾの魚をつかまえるニャン
  22. ナミダはかざりじゃないニャン
  23. 走れ! ポコニャン
  24. うちの車はいちばんニャン
  25. 注射はいやだニャン
  1. テレビ局はメチャクチャニャン
  2. ビデオみたいだニャン
  3. リス君のおうち探しニャン
  4. サンタさんをさがすニャン
  5. ポコニャンがあぶないニャン
  6. ママのおてつだいニャン
  7. おさわがせカメラだニャン
  8. 冬ごもりはコリゴリニャン
  9. パパの声になったニャン
  10. ペンキぬりは楽しいニャン
  11. おねしょはつらいニャン
  12. あなポコリンで大騒ぎニャン
  13. ニャンポコオーはがんばるニャン
  14. デパートで遊ぶニャン
  15. あべこべサンタだニャン
  16. シロは名犬だニャン
  17. お話ランドに行くニャン
  18. とんだ魔法のランプだニャン
  19. いい夢を見るニャン
  20. 鏡の国にとびこむニャン
  21. 鏡の国の冒険ニャン
  22. たこ上げするニャン
  23. 空飛ぶペンギンだニャン
  24. チョッキン貯金だニャン
  25. 警察犬はつらいニャン
  1. カゼをひきたいニャン
  2. 絵が逃げだした!? ニャン
  3. 双子ちゃんはかわいいニャン
  4. 飛んできたシロクマニャン
  5. ビデオカメラにポーズニャン
  6. ヒヨコちゃんをかえすニャン
  7. ゲームに飛び込むニャン
  8. 飛行機に乗りたいニャン
  9. シロの散歩があべこべニャン
  10. ポコニャンの雪まつりニャン
  11. まぼろしの雪男ニャン
  12. 引っ越しのお手伝いニャン
  13. チンチン電車に乗りたいニャン
  14. よっぱらいはあぶないニャン
  15. やってきた魔女っ子ニャン
  16. 魔人はオモチャどろぼうニャン
  17. 魔人の国の対決ニャン
  18. おばあちゃんの柱時計ニャン
  19. 柱時計の秘密ニャン
  20. 学校のユウレイだニャン
  21. 雲に乗って遊ぶニャン
  22. 赤いトウモロコシはすてきニャン
  23. さよならはスタートニャン
  24. 菊ちゃんとおるすばんニャン
  25. みんなポコニャンのともだちニャン
  1. 大渋滞は楽しいニャン
  2. ミキちゃんのこてき隊だニャン
  3. 運がいいニャン
  4. 台風がくるニャン
  5. パパと出張するニャン
  6. ポコニャンが初恋? ニャン
  7. 誕生日がほしいニャン
  8. ふしぎなスケッチブックニャン
  9. いじめっこはいいやつニャン
  10. パパの日曜大工ニャン
  11. 何でも出てくるカードだニャン
  12. パーティは秘密ニャン
  13. ごほうびがほしいニャン
  14. パパの転勤ニャン
  15. 日記をつけるニャン
  16. モデルは誰だ? ニャン
  17. ミキちゃんは手品師ニャン
  18. まちはスケートリンクニャン
  19. 原始時代はコリゴリニャン
  20. おじいちゃんの交通安全だニャン

ビデオソフト[編集]

ゲームソフト[編集]

ポコニャン! 夢の大冒険(ゲームボーイ
東宝 / 小学館プロダクション、1994年8月5日発売
ポコニャン! へんぽこりんアドベンチャー(スーパーファミコン
東宝 / 小学館プロダクション、1994年12月22日発売

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「第3期 第2回配本 ポコニャン」、『藤子・F・不二雄大全集 月報26-3(2011年10月)』、小学館、 2頁。
  2. ^ 藤子・F・不二雄 「おもちゃのおうち」『藤子・F・不二雄大全集ポコニャン』、307頁。
  3. ^ 藤子・F・不二雄 「おへやで水あそび」『藤子・F・不二雄大全集ポコニャン』、308頁。
  4. ^ 藤子・F・不二雄 「でんわでただいま」『藤子・F・不二雄大全集ポコニャン』、315頁。
  5. ^ 藤子・F・不二雄 「他人のゆめをみる」『藤子・F・不二雄大全集ポコニャン』、34頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合 月曜 - 金曜帯17:50枠
前番組 番組名 次番組
ポコニャン
(1993年4月5日 - 1994年4月1日)
大草原の小さな家
(再放送)