村上純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
村上純
本名 村上純
ニックネーム 村ちゃん、村純、純さん、など
生年月日 1981年1月14日(33歳)
出身地 東京都足立区
血液型 AB型
身長 169cm
方言 共通語
最終学歴 成蹊大学法学部
出身 NSC東京校9期
コンビ名 しずる
相方 池田一真
芸風 コント(ボケ)
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2003年 -
同期 ハリセンボン
えんにちなど
現在の代表番組 おはスタ645
過去の代表番組 爆笑レッドシアター
不可思議探偵団
配偶者 既婚(2012年 - )
親族 母・兄・姉
公式サイト よしもと芸人しずる村上の一雫
受賞歴
2009年キングオブコント第3位
2010年キングオブコント第6位
2012年キングオブコント第4位

村上 純(むらかみ じゅん、1981年1月14日 - )は、日本お笑い芸人であり、お笑いコンビ・しずるのボケ担当(相方は池田一真)。立ち位置は向かって右。愛称は村ちゃん、村純、など。

東京都足立区中央本町出身。吉本興業所属。東京NSC9期生。AB型。星座はやぎ座。身長169cm、体重62kg。

足立区立栗島中学校、東京都立駒場高等学校成蹊大学法学部卒業。

来歴[編集]

2003年、池田一真としずるを結成。半年で一度解散したその理由は池田が生理的に無理だったからだという。 『ヒロキング』という名前でピン芸人として活躍していた東京NSC同期の兄(現在は引退。以前は『哀愁ランデブー』というコンビで活動しており、元相方の河合は『こてつ』というコンビで活動中)と組んだ『村上団地』としてM-1グランプリに参戦している。しかし、1回戦目で敗退したため結局解散した。その半年後にしずるは再結成された。 2006年4月から3ヶ月活動休止の謹慎処分を受ける。 2008年初頭、自身の寝坊を事務所に報告しなかったことが原因で2度目の3ヶ月の謹慎処分を受ける。4月に活動を再開。

人物[編集]

  • 兄弟構成は、兄が一人、姉が一人である。
  • 母子家庭で育った。
  • 初恋は、小学2年生のときで、12歳までその相手を想っていた。
  • 昔はデブで運動オンチだったが、15歳を境にモテはじめた。いわゆる高校デビューであったらしい。
  • 母親は料理が非常に上手く、特にあんかけ仕立てのチンジャオロース等は池田も絶賛している[1]
  • 特技はグラビア分析。
  • 小4でグラビアに目覚めて以来グラビアアイドルを研究し尽くしている。本人の中での歴代グラビアアイドルベスト3は黒田美礼川村亜紀シェイプUPガールズ[2]。見ただけでバストの大体のカップ数はわかるという。
  • お笑いポポロでは「心はおとめ座な男」(本当は山羊座)、「考え方が女の子っぽい男」と述べている。『お試しかっ!』に女装で出演した際には、収録1か月前から張り切って衣装を考えていたという。
  • 以前は舞台でも眼鏡をかけている時とかけていない時があったが、レーシックの手術を受け視力を回復して以降は眼鏡をかけている姿は見られなくなった。ちなみに、眼鏡をかけていた頃は、よく後輩のオリエンタルラジオ藤森に間違われたらしい。
  • とても酒癖が悪く一旦寝てしまうと中々起きられない体質であることを、本人だけでなく周囲も認めている。それ故、仕事に遅刻してしまった経験が何度もあり、それが原因で謹慎になったこともある[3]。その為か、「自分に戒めとして(本人談)」自宅の部屋には「起きる」と書かれた貼り紙が貼られている[4]。池田曰く、起こし方は「臍に氷を置くこと」。
  • 敬愛するミュージシャンはロキノン系からKiroro、昔のEvery Little Thing森山直太朗CHARA中島みゆきさだまさしなど様々である。しかし、中にはCDを一枚も持っていないミュージシャンもいる。
  • 得意料理はパスタ。
  • 嫌いな食べ物は大葉系。
  • 吉本男前ランキングで2009年度10位、2010年度3位、2011年度6位、2012年度13位、2013年度7位。
  • 高所恐怖症で、ジェットコースターに乗ろうと誘うと「何で乗らなきゃいけないの」とキレたことがある。
  • ピース又吉直樹を尊敬し親交が深い。過去に2人でトークライブを行ったこともある。
  • フルーツポンチ村上健志と仲がよく、二人でディズニーシーに行ったことがある。同じ名字であることから「W(ダブル)村上」とよく呼ばれている。
  • 他事務所では、ロッチコカドケンタロウ我が家坪倉由幸と仲が良い。
  • 同期の畑中しんじろうが「Tokyo9」というライブで「おもしろいか・おもしろくないか/売れるか・売れないか/そしてその理由」を評価した際は「おもろい/売れない/斜に構えてる」と言われた。
  • LIVE STAND2010のKAWAI-MON STAGEで行われた「オレたちだっておしゃれしていいんじゃねー?」ステージでコーディネートチャンピオンに選ばれた。また、会場で販売された「よしもと男前芸人ジャンボうちわ」の売り上げが1位だった。
  • 小学生の時、空から降ってきたビニール袋を拾ったら、1万円札が入っていた事がある。[5]
  • ラーメン二郎を愛するジロリアンであり、阿佐ヶ谷ロフトAでイベントも開催している。
  • 2010年頃からループタイに目をつけ、流行らせようとして身につけることが多くなった。
  • 2012年2月27日、所属事務所を通じて約10年交際した同い年の一般女性と結婚することを発表。翌28日に婚姻届を提出したとTwitterで報告した[6]
  • 映画「ワラライフ!!」の宣伝を機にTwitterを始める。そのTwitterをきっかけにして芸人だけではなく幅広い有名人との交流を広げている。また、1日に呟く回数がとても多い。
  • TBSアナウンサーの高畑百合子と漫画家の後藤隼平は高校時代の同級生である。

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

単独での出演を記載。コンビでの出演はしずるを参照。

DVD[編集]

  • 「ワラライフ!!」(2011年7月22日)

PV[編集]

書籍[編集]

  • 「What a Wonderful Life!!」(講談社、2011年1月25日)
  • 30秒で「思いが伝わる」技術 (PHP、2013年5月10日)(牧田幸裕との共同出版)

脚注[編集]

  1. ^ 『しずるのよしもとオンライン』での発言より
  2. ^ 『なましずる』での発言より
  3. ^ 2009年4月21日『お台場おしゃべり観覧車vol.5』での発言より
  4. ^ 『億万笑者!』より
  5. ^ 「笑っていいとも!」2010年8月19日分より
  6. ^ Twitter @shizurumurakami 2012年2月28日

外部リンク[編集]