たかの友梨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

たかの友梨(たかの ゆり、本名:髙野 友梨1948年1月22日 - )は、エステティシャン、アンチエイジング美容研究家。日本エステティックサロンたかの友梨ビューティクリニック」を展開する株式会社不二ビューティの創業者。同社についても暫定的に併載する。

略歴・人物[編集]

新潟県南魚沼郡湯沢町出身。群馬県立前橋女子高等学校卒業[1]医師の父と看護師の母との間の不義の子として生まれ、3歳のとき鉄道員の家へ養子に出される[2]

中学卒業後、昼は理容師の学校へ、夜は高校の定時制[3]に通いながら、住み込みのインターン1998年に廃止)を経て20歳で上京[2]東京では理容師として働きながら夜は皿洗いのアルバイト、帰宅後も美容学校通信教育の勉強をこなすが、やがて過労による目の隈ニキビだらけの顔に悩まされるようになる。

美容師免許取得に協力的でない理容所を辞め免許を取得。外資系化粧品会社の美容部員になる[4]1972年エステティックを学ぶため単身渡仏。8ヶ月間の修行を経て帰国後、たかの友梨ビューティクリニックを設立。エステ業界の草分け的存在として世界中からエステティック技術を取り入れ、紹介を続けており、次世代セラピストの育成にも力を注いでいる。また、オリジナル化粧品の開発なども行う。

一般社団法人エステティックセラピスト協会会長、厚生労働大臣指定学校法人たかの友梨学園たかの友梨美容専門学校理事長、日本肥満学会員、ミス・ユニバース審査員。フジテレビ系列「ビューティー・コロシアム」などのメディアに美容家として多数出演中。

NPO法人地球こどもクラブ副会長、児童養護施設鐘の鳴る丘少年の家」および社会福祉法人「鐘の鳴る丘 愛誠会」後援会長。ボランティア寄付などの社会貢献活動も積極的に行っている。

矢沢永吉の「成り上がり」と藤田田の「ユダヤの商法」が愛読書。矢沢の大ファンで、矢沢のポスターやグッズを集めた専用の矢沢部屋がある[5]。矢沢にCMのオファーを出したことがあるが「イメージと違う」と断られたという[5]

生みの母親は群馬県沼田市保健婦となり、地域医療への貢献が認められ、黄綬褒章を受勲している[6]

著書[編集]

「アーユルヴェーダ美人道」「大成功できる人のちいさな心づかい」「レッドビューティ」「運が悪くってよかった」「なぜか、人とお金がついてくる50の習慣」他多数。

その他、DVD「言葉があなたの人生を変える たかの友梨」「アーユルヴェータ美人道」等。

不二ビューティ[編集]

株式会社不二ビューティ
Takano yuri head office yoyogi 2014.jpg
本社 (たかの友梨レインボービル)
種類 株式会社
本社所在地 151-0053
東京都渋谷区代々木三丁目37-5
たかの友梨レインボービル
本店所在地 107-0062
東京都港区南青山五丁目1-2
設立 1979年11月
業種 サービス業
事業内容 エステティックサロンの経営
代表者 髙野友梨(代表取締役会長)
根岸浩一(代表取締役社長)
資本金 9,500万円
(2013年9月30日現在)
売上高 159億9,500万円
(2013年9月期)
営業利益 3億9,800万円
(2013年9月期)
経常利益 8億3,600万円
(2013年9月期)
純利益 1億100万円
(2013年9月期)
純資産 18億1,900万円
(2013年9月30日現在)
総資産 339億5,900万円
(2013年9月30日現在)
従業員数 1,047人
(2013年9月現在)
支店舗数 120店舗
(2013年9月現在)
決算期 9月末日
外部リンク http://www.takanoyuri.com/
特記事項:創業は1978年9月
テンプレートを表示

株式会社不二ビューティは、東京都渋谷区代々木三丁目37-5に本社を置き、エステティックサロンたかの友梨ビューティクリニック」を展開する日本のサービス業者である。1978年(昭和53年)9月に東京・大久保にて創業した。120店(2013年9月現在)を運営。

沿革[編集]

  • 1973年(昭和48年) - 株式会社東京美機設立。美顔器「ヴィッキー」を考案・発売。
  • 1978年(昭和53年) - たかの友梨ビューティクリニックを設立。第一号店を大久保にオープン。入店研修用に「日本エステティック学院」を開校。
  • 1979年(昭和54年) - 青山にトータルエステサロンをオープン。施術内容が美顔・ボディ・電気脱毛3部門になる。
  • 1986年(昭和61年) - 1978年に開設した「日本エステティック学院」を「たかの友梨 エステティックアカデミー」に改称
  • 1992年(平成4年) - テレビ東京でたかの友梨、リゾートエステ紹介のテレビ番組「ビューティ紀行」スタート
  • 1995年(平成7年) - 本格的にインド伝承医療「アーユルヴェーダ理論」を学び、エステティックに取り入れる。また、「鐘の鳴る丘少年の家」へ資金援助し、全面改装をおこなった。
  • 1996年(平成8年) - 東京・代々木八幡に滞在型エステティックサロン「あゆるば館」をオープン。
  • 2000年(平成12年) - 「エステdeミロード」を展開する「アール・ビー・エム」社が倒産した際、同社会員への無償サービスを行った。
  • 2002年(平成14年) - 群馬県前橋市の児童養護施設「鐘の鳴る丘少年の家」に屋内体育館施設「たかの友梨レインボーホール」を寄贈
  • 2003年(平成15年) - たかの友梨エステティックアカデミーが、日本エステティック協会の認定校となる。
  • 2004年(平成16年) - 一般向けエステティシャン養成校として、たかの友梨エステティックアカデミーインターナショナルを開校。
  • 2006年(平成18年) - ボランティア活動として、群馬県の養護老人ホームで定期的にエステティックサービスの提供をスタート。9月には、スイスセラップ社と新しいコスメを共同開発。「たかの友梨セルコスメ」シリーズ発表。
  • 2007年(平成19年)
    • 7月 - 創業30周年を記念して本社移転。
    • 10月 - たかの友梨プロデュースダイヤモンドジュエリーブランド「エカテリーナ」がスタート。
    • 11月 - 群馬県前橋市の養護施設「鐘の鳴る丘少年の家」に、食育のためのケアハウス「たかの友梨レインボーハウス」を寄贈。
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)6月 - たかの友梨自身の長年の夢であった美と健康の本格エステ&スパ施設「桜庵」を河口湖にオープンする。社会福祉法人「鐘の鳴る丘 愛誠会」の後援会長に就任。養護施設「鐘の鳴る丘少年の家」に屋内体育館施設「レインボーガーデン」「レインボーフィールド」を寄贈。
  • 2010年(平成22年)2月 - 増資で引き受けたラ・パルレの株式14万株のうち13万株を、消費者金融業(のちのクロスシード。2013年倒産)の親会社(のちのJTインベストメント。2012年解散)に売却。ラ・パルレは2010年中に倒産、上場廃止。商標権を含めた事業は別会社(ビューティーパートナーズ。2014年7月からは、ニューアート・ラ・パルレがエステティック事業を承継)に移された。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月 - 「School Aid Japan(スクール・エイド・ジャパン)」を通じ、2校目となるカンボジア・ポーサット州カッフワット村に中学校校舎を寄贈。東日本大震災発生後、歌手GACKTが発起人の「SHOW YOUR HAERT」の街頭募金活動に賛同し、目黒駅で自ら募金活動に参加。
    • 4月 - 初頭に福島県いわき市の2ヶ所の避難所を訪れ、エステボランティアを実施。中旬には第2陣のエステボランティア隊を宮城県の避難所へ。長い避難生活をおくる女性や子供たちの生活に笑顔と潤いを届けたいという想いから、支援物資としてコスメセットやショーツ、マスク、ドライシャンプー、ヘアブラシ、子供用のTシャツやおもちゃ、チョコレートなどを届ける。
  • 2012年(平成24年)1月 - 「Tシャツ募金」として、全社員がチャリティーTシャツを購入。集まった代金は、日本赤十字社を通じて東日本大震災の義援金として寄付。
  • 2013年(平成25年)
    • 3月 - 景品表示法違反。
    • 4月 - フランスに本部のあるISO認証機関ビューローベリタスにおいて、品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001の認証を取得。日本のエステティックサロンとして初めての認証。
    • 8月 - 桜庵にホテルを新設。「桜庵 河口湖ホテル」オープン。
    • 10月 - 「たかの友梨CUP平尾昌晃チャリティゴルフ」開催。集まった募金を様々な団体へ寄付。
  • 2014年(平成26年)
    • 4月 - 東京都の認可を受け「学校法人たかの友梨学園 たかの友梨美容専門学校」開校。
    • 8月 - 不当労働行為にあたるとして仙台市労働基準監督署から是正勧告を受ける。同年末、和解。
  • 2015年 
    • - 同社とエステユニオン間で「ママ・パパ安心労働協約」締結。
    • 3月 - Vorkersの「理容、美容、エステティック業界」ランキングで総合評価で1位[7]
    • 4月 - 髙野友梨社長が代表取締役会長に退き、後任には根岸浩一営業本部長が昇格[8]

法抵触・不祥事[編集]

2013年3月18日、東京都から不二ビューティに対し、誇大な美容効果をうたった広告を出したとして景品表示法に基づく改善指示が出された[9][10]

2014年8月22日、仙台店に勤務する従業員の女性が有給休暇を取った際に残業代を減額されたことについて、不二ビューティが仙台労働基準監督署から是正勧告を受けたことを、従業員らの代理人弁護士が明らかにした[11]。また是正勧告が出た後、髙野友梨代表自らが仙台店に出向いて同店に勤務する全従業員を集め、「会社をつぶしてもいいのか」「職場にいながら会社に矢を向けた」などと約2時間半に亘って女性を難詰した[12]。告発した従業員が精神的にショックを被ったとして、同8月28日厚労省公益通報者保護の申し立てを行い、従業員が加入する労働組合ブラック企業対策ユニオン」が不当労働行為の救済を宮城県労働委員会に申し立てた[13][14][15][16]。なお「弁護団が公開した録音データ」では、「労働基準法にぴったりそろったら、(会社は)絶対成り立たない」「つぶれるよ、うち。それで困らない?」などの発言が髙野によるものとされている。

同9月6日、ブラック企業大賞実行委員会は業界賞に不二ビューティ(たかの友梨ビューティクリニック)を選出し[17]、同9月11日には、不二ビューティが、エステ・ユニオンから提出された公開要望書に対し、深くおわびすると共に、労働基準法の順守に全力を尽くすとする旨の文書を公表した[18][19]

同9月18日、日本エステティック機構は、労働基準法違反に基づく行政指導や、企業コンプライアンスを無視した髙野友梨代表取締役の発言、および東京都による景品表示法に基づく行政処分等を総合的に検討した結果、不二ビューティの運営する認証サロン3店の認証を取り消すと発表した[20][21]

同10月29日、都内の店舗で働いていた女性社員が、「お腹の張りと腰痛がひどかったのに、出産の3カ月前まで朝9時から夜10時まで働き、切迫流産になった」などのマタニティハラスメントがあったとして、不二ビューティを相手取り、損害賠償を求めて東京地裁に提訴した[22][23]。 女性社員はさらに弁護団などを通じて「客に必要のないパックを勧めた」「忙しくておにぎり1つ食べられない職場だった」「売上達成のため、三重のローンを組んで自社製品やサービスを買わされた」など、厳しいノルマに追い立てられていたことも告白した[24]。この訴えで女性社員は、未払い残業代の支払いも求めている。また同日、仙台店の女性社員と女性元社員も、未払い残業代の支払いを求めて仙台地裁に提訴した。女性元社員は会見で、「身も心もボロボロで、死に物狂いだった。この提訴が、声を上げられない人が声を上げるきっかけになればいい」と話した[25]

謝罪と組合側からの反論[編集]

2014年10月4日、不二ビューティは、労働基準法違反を内部通報した従業員に対し、髙野が圧力をかけたとされる問題で、プレスリリースにおいて「本日、仙台店において髙野社長が組合員・従業員に向けて謝罪いたしました」などと報告、公表した[26]。これに対して10月5日、従業員が加入する労働組合側は、「組合員・従業員に向けてと書かれてはいるが、問題の従業員や組合員に直接語りかけたものではなかった」などと、弁護士ドットコムからの取材を通して反論している[27]。労働組合側はさらに、10月6日の記者会見で「本人が出席していない」「代理人の出席も認めず、一方的な謝罪だ」 などと批判している、と報じられた[28]

訴え取り下げ・和解成立[編集]

2014年12月11日、都内の店舗であったマタニティハラスメントや未払い残業代に関する訴訟で和解が成立した[29]。また仙台店であった未払い残業代に関する訴訟でも、2015年1月26日に和解が成立している[30]

その後の役員人事[編集]

2015年5月7日、不二ビューティは髙野友梨代表取締役社長が4月10日付で社長を辞任し、代表取締役会長に就任したと発表した。上記パワハラ事件に対する引責辞任かとの報道もなされたが、同社はこれを否定した。なお社長・会長等の呼称は社内の職階に過ぎず、会社法上は代表取締役であれば職階は関係ないため、髙野氏の実質的な影響力に変化はないと考えられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “群馬の「人」”. 東京群馬県人会. http://www.gunmaken.org/discover/discover_hito.html 2014年8月22日閲覧。 
  2. ^ a b “たかの友梨 - ぴいぷる:ZAKZAK”. 夕刊フジ. (2006年3月23日). http://www.zakzak.co.jp/people/archive/20060323.html 2014年10月5日閲覧。 
  3. ^ 群馬県立前橋女子高等学校と群馬県立前橋高等学校の定時制過程は1966年に統廃合され、現在の群馬県立前橋清陵高等学校移管されている。
  4. ^ “株式会社不二ビューティ 代表取締役 たかの友梨さん”. 美容経済新聞. http://bhn.jp/interview/147 2014年10月5日閲覧。 
  5. ^ a b 2014年2月4日放送『ライオンのごきげんよう』より
  6. ^ たかの友梨『運が悪くってよかった!』IN通信社46頁,47頁を参照
  7. ^ 不二ビューティ(たかの友梨ビューティクリニック) 「会社評価ランキング」 Vorkers 2015年3月23日閲覧
  8. ^ “不二ビューティ、社長の高野氏が会長に就任”. 美容経済新聞. (2015年4月20日). http://bhn.jp/news/40095 2015年4月20日閲覧。 
  9. ^ “エステ「たかの友梨」に改善指示 都「誇大広告」”. 日本経済新聞. (2013年3月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1803Z_Y3A310C1000000/ 2014年8月22日閲覧。 
  10. ^ “幹細胞成分による美容効果等を誇大にうたったエステの広告に改善指示―たかの友梨ビューティクリニック「幹細胞美顔トリートメント」の広告表示―”. 東京都生活文化局. (2013年3月18日). http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/03/20n3i200.htm 2014年8月22日閲覧。 
  11. ^ “たかの友梨仙台店に労基署が勧告 残業代めぐり”. 共同通信. (2014年8月22日). http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014082201001933.html 2014年8月22日閲覧。 
  12. ^ “河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学 たかの友梨氏の7年前の激白から探る“ブラック”の境界線 自分が強くなったときほど、他人の痛みを思いやる”. 日経ビジネスオンライン. (2014年9月9日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20140905/270863/ 2014年9月12日閲覧。 
  13. ^ “内部通報者が公益保護申し立て”. NHKNEWSWEB. (2014年8月28日). http://www.nhk.or.jp/shutoken-news/20140828/4153151.html 2014年8月29日閲覧。 
  14. ^ “女性に高野社長「会社つぶしてもいいの」威圧か”. 読売新聞. (2014年8月29日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140828-OYT1T50135.html 2014年8月29日閲覧。 
  15. ^ “たかの友梨」が従業員圧迫か=内部告発を非難、救済申し立て-労組”. 時事通信. (2014年8月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014082801035 2014年8月29日閲覧。 
  16. ^ “公益通報者保護申し立て 「たかの友梨」従業員”. 日本経済新聞. (2014年8月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG2803T_Y4A820C1CR8000/ 2014年8月29日閲覧。 
  17. ^ “今年のブラック企業大賞は「ヤマダ電機」 東京都議会に特別賞も”. J-castニュース. (2014年9月8日). http://www.j-cast.com/2014/09/08215249.html 2014年9月12日閲覧。 
  18. ^ 仙台労働基準監督署指導への今後の取り組み並びに、エステ・ユニオン要望書への回答 (PDF)”. 株式会社不二ビューティ (2014年9月11日). 2014年9月12日閲覧。
  19. ^ “たかの友梨経営会社が文書 「労働基準法順守に尽くす」”. 朝日新聞. (2014年9月11日). http://www.asahi.com/articles/ASG9C5QRKG9CULFA02F.html 2014年9月12日閲覧。 
  20. ^ “株式会社不二ビューティ(たかの友梨ビューティクリニック)3サロンの認証取消のお知らせ”. 認定特定非営利活動法人 日本エステティック機構. (2014年9月18日). http://esthe-npo.weblogs.jp/blog/2014/09/3-2eab.html 2014年9月27日閲覧。 
  21. ^ “たかの友梨、日本エステティック機構の認証取消 「健全な発展を著しく阻害する」”. キャリコネニュース. (2014年9月19日). https://news.careerconnection.jp/?p=1884 2014年9月27日閲覧。 
  22. ^ “ビジネスマンが絶対知っておくべき最高裁判断「マタハラは原則違法」 - withnews(ウィズニュース)”. 朝日新聞. (2014年10月29日). http://withnews.jp/article/f0141029002qq000000000000000W00b0401qq000011056A 2014年10月30日閲覧。 
  23. ^ “たかの友梨をマタハラで提訴 女性社員「長時間労働で切迫早産」 - withnews(ウィズニュース)”. 朝日新聞. (2014年10月29日). http://withnews.jp/article/f0141029001qq000000000000000G0011001qq000011058A 2014年10月30日閲覧。 
  24. ^ “たかの友梨、提訴の女性社員が告白「売上のため自分で3重ローン」 - withnews(ウィズニュース)”. 朝日新聞. (2014年10月29日). http://withnews.jp/article/f0141029004qq000000000000000G0011001qq000011062A 2014年10月30日閲覧。 
  25. ^ “「たかの友梨」マタハラ・残業代未払いと提訴 従業員ら”. 朝日新聞. (2014年10月29日). http://www.asahi.com/articles/ASGBY5JDHGBYULFA017.html 2014年10月30日閲覧。 
  26. ^ “「弊社従業員への謝罪及び弊社の労務環境改善に向けた取り組みについて”. (2014年10月5日). https://www.takanoyuri.com/20141004.pdf 2014年10月5日閲覧。 
  27. ^ “「たかの友梨社長は女性従業員に直接、謝罪したわけではない」エステ・ユニオンが反論”. 弁護士ドットコムニュース. (2014年10月5日). http://www.bengo4.com/topics/2130/ 2014年10月5日閲覧。 
  28. ^ “「たかの友梨」社長謝罪、ユニオンが批判 「一方的だ」”. 朝日新聞. (2014年10月6日). http://www.asahi.com/articles/ASGB65DYZGB6ULFA013.html 2014年12月12日閲覧。 
  29. ^ “マタハラ・残業代未払い訴訟が和解 たかの友梨運営会社”. 朝日新聞. (2014年12月11日). http://www.asahi.com/articles/ASGDC6GJLGDCULFA03Z.html 2015年1月27日閲覧。 
  30. ^ “たかの友梨仙台店、和解成立 原告が訴え取り下げ”. 河北新報. (2015年1月27日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150127_13046.html 2015年1月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]