井上公造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いのうえ こうぞう
井上 公造
生誕 1956年12月30日(57歳)
日本の旗 日本 福岡県福岡市中央区
出身校 西南学院大学商学部
職業 芸能リポーター
配偶者 井上 志保
(株式会社KOZOクリエイターズ 代表取締役[1]

井上 公造(いのうえ こうぞう、1956年12月30日 - )は、日本の芸能リポーターである。身長176cm。妻が代表を務める (株)KOZOクリエイターズ(旧・(有)メディアボックス)に所属している。

人物・略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 熱狂的な野球ファンであり、産経新聞入社理由も大好きな野球取材に携われるという理由からである。芸能リポーターへ転身してからもプロ野球の春季キャンプには必ず訪れる。
  • 1994年(平成6年)に田原俊彦が長女誕生記者会見の際に発した「オレはビッグ」発言の際、田原を批判した。
  • 1995年(平成7年)に山田邦子に不倫報道が囁かれていた時、空港で本人に直撃して激怒され、「お前もてないだろう」「バカじゃないの」と罵倒された[5]
  • 1998年(平成10年)に安全地帯玉置浩二薬師丸ひろ子と離婚したとき、玉置の会見で本人を直撃。離婚の話題を質問しようとすると、ごまかそうとおちゃらけた玉置にキスされてしまったというハプニングがある。
  • 2004年(平成16年)のチェッカーズの確執騒動では、高杢禎彦鶴久政治擁護派につき、藤井フミヤサイドを批判。ただし、これにはチェッカーズファン(特に高杢・鶴久に批判的な面々)から敵視されることもあった。
  • 2007年(平成19年)6月ナインティナイン矢部浩之の破局会見では、『スッキリ!!』代表として参加。もともとテレビ『めちゃ2イケてるッ!』の収録を兼ねた会見であり、また、会見では矢部側として参加していた加藤浩次が司会を務める番組の代表という縁から、わざと冷たくあしらうというコントを岡村隆史が仕掛け、それに意図したとおりに対応してくれたということでナイナイからは評価が上がった。逆に、以前懇意にしていた前田忠明は場の空気を読まない言動で、ナイナイは「東京のお父さんは前忠ではなく、これからは井上さんです」とラジオで語った。
  • 2008年(平成20年)7月30日放送分の『クイズ!ヘキサゴンII』に出演した際、予選ペーパーテストは26点で10位とそこそこ良い成績だったが、井上の前の藤本敏史FUJIWARA)がなかなか抜けられない間に他のチームが優勝してしまい、残ったメンバーでクイズを続けることになった。井上は里田まい野久保直樹木下優樹菜つるの剛士スザンヌ上地雄輔の「ヘキサゴンのおバカ6人組」に先に正解されてしまい、司会の島田紳助に「日本でドベ」と言われた(正確には井上の他に1人残っていたが、その1人はイラン出身のサヘル・ローズであったため)。
  • 2012年(平成24年)12月31日には、自身がレギュラー出演している「スッキリ!!」と同時間に放送しているテレビ朝日「モーニングバード!」に取材先のハワイからゲスト出演。(当日の「スッキリ!!」は休止)司会の羽鳥慎一からの「こんな時間に出て大丈夫ですか?」という質問に「日本からそんなツッコミをしないでください」と返したが、羽鳥は「(これで)スッキリしました」と答えていた。[6]

主な出演番組[編集]

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • 鏡の中の聖子

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ ABCラジオこれぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜』に出演した際に発言
  3. ^ 大阪・朝日放送(ABCテレビ)『公造とアナアナ』2009年1月13日深夜24:24~(日付上は1月14日の0:24~)の放送で本人が発言
  4. ^ ハワイ到着(^O^☆♪ 本人オフィシャルブログ 2011年12月28日付
  5. ^ ナンシー関『何をいまさら』角川文庫、1998年、p79.
  6. ^ 井上のテレビ朝日の情報番組出演は、1989年の『モーニングショー』降板以来約20年ぶり

関連項目[編集]

外部リンク[編集]