優木まおみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゆうき まおみ
優木 まおみ
プロフィール
愛称 まおみん
生年月日 1980年3月2日
現年齢 34歳
出身地 日本の旗 日本佐賀県佐賀市
血液型 B型
公称サイズ(2012年[1]時点)
身長 / 体重 165 cm / 47 kg
BMI 17.3
スリーサイズ 80 - 59 - 88 cm
カップサイズ B
靴のサイズ 24 cm
備考 [2]
活動
デビュー 2002年
ジャンル グラビア
モデル内容 一般、水着
他の活動 女優歌手
モデル: テンプレート - カテゴリ

優木 まおみ(ゆうき まおみ、1980年昭和55年)3月2日 - )は、日本マルチタレントである。本名非公開。

佐賀県佐賀市出身[1]生島企画室所属。ハーモニープロモーションと業務提携。

経歴・人物

日本・中国のハーフの父と、ロシア・中国のハーフの母のもとに生まれる[3]佐賀県立致遠館高等学校東京学芸大学卒業[1]

実家は中華料理[4]。部活は小学校4年生から高校3年生まで8年間、バスケットボール部に所属[5][6]。大学1年の秋にハワイ大学に短期留学[7]。一方で、約2年間地方で路上ライブを行い、歌っていたこともあった。そのライブを見た出版社の人に、グラビアをやらないかと声をかけられたこともあったという[8]

2002年白子のりのCMオーディションに合格、芸能界デビュー。以降はキャスターレポーター女優歌手として、ラジオ・CM・グラビアまでこなす"マルチタレント"として活動中。キャッチフレーズは「エロかしこい」

2004年から2007年まで、競艇のイメージガールを務めた。2007年1月、自らの名前を冠にしたレース「優木まおみ杯」が多摩川競艇場で開催され[9]、その際には彼女自らが優勝者にトロフィーを授与した。

2010年1月より、フジテレビジョンみんなのKEIBA』司会者として登場[10]、JRA-VANのイメージキャラクターに抜擢される[11]。同年11月2日、ベストレザーニストに選ばれる[12]

2013年1月1日、3歳年上の美容師と結婚することを発表[13]、同年6月28日、婚姻届を提出。

2014年4月4日、第1子となる女児を出産した。

エピソード

小学生の頃は、両親が実家の店の仕事で忙しかったため、放課後は近所のおじさん、おばさんの家に上がって世話になっていたこともあったという[4]

1990年9月25日、4級アマチュア無線技士免許を取得。家族全員がアマチュア無線技士免許を取得している(父2級、母と本人は4級)。また、大学時代に小学校教員免許も取得[3]

毎日放送で放送された『世界ウルルン滞在記』(2004年7月25日放送)出演時には、昆虫を常食する村で生活するなどタフなリポートに挑戦した。

有吉弘行から、62点というあだ名がつけられた[14]。後にネタとして30点とされることもあった。

2002年にフジテレビ(アナウンサー)入社試験を受けて不合格になり[15]、これ以後、フリーでやっていくことを決めた[8]。また、モーニング娘。のオーディションに落ちたこともあった[16]

学生時代はTSUTAYA予備校講師、イベントスタッフ、チラシ配りなどいくつものアルバイトを掛け持ちしていたことがあった[8]。また、大学生時代は京王電鉄府中競馬正門前駅付近に住んでいたということもあって、大学3年生の時は土曜日日曜日府中競馬場でアルバイトをしており、競馬を間近に体感していたことが後に競馬好きになったきっかけともなった[11]

結婚以後、ペットのトイプードル4匹とも同居している[17]

出演

テレビ番組

現在の出演番組(2013年4月時点)
過去の出演番組(レギュラー)

CM

Web

  • フジテレビ公式ホームページ内デジタルコミック『少年タケシ』ミス少年タケシ(2006年7月 - )
  • YOU+TV 優木まおみのYOU+ライフ (2007年6月 - )
  • NHK 週刊!ハタラキング
  • ニコニコ生放送
    • とりあえず生中(仮)(2009年5月25日 - 9月28日) 月曜(ガールズトーク)パーソナリティ
    • とりあえず生中(二杯目)(2009年10月6日 - 2010年3月30日) 火曜(ニュース)パーソナリティ
    • 週刊アプリ(2011年11月7日 - 12月22日) MC
  • (有)猫田工務店(Bee TV、2009年8月)

ドラマ

  • 成りあがり(フジテレビ、2002年11月23日) - 受付嬢 役
  • 魔女裁判(フジテレビ系、2009年7月)第9話 - 最終話 ゲスト 池内桐子 役
  • シマシマ(TBS、2011年4月22日)第1話 - 山本百合子 役
  • GI DREAM(BSフジ、2013年2月2日予定) - 競馬レポーター 役

映画

劇場版アニメ

webアニメ

吹き替え

ラジオ

PV

  • Don't Vanish Love / Emyli(2006年10月25日)

リリース作品

写真集

書籍

DVD

  • The 1st.(2005年8月26日)
  • Maomi size(ジーオーティー、2005年12月22日)
  • Maomix(フォーサイドドットコム、2006年7月25日)
  • smart life(リバプール アイドルニッポン!!レーベル、2006年10月27日)
  • DVD少年タケシ創刊号(2006年12月8日)
  • 熱帯夜(2007年1月21日)
  • 今の私にできること(リバプール、2007年4月25日)
  • Groover(フォーサイドドットコム、2007年7月27日)
  • Mirage(フォーサイドドットコム、2008年5月23日)
  • 純潔キネマ(リバプール アイドルニッポン!!レーベル、2008年8月27日(一般発売は2009年6月26日))
  • 世界ウルルン滞在記 Vol.12 優木まおみ(東宝、2009年11月20日)
  • 7doors(リバプール、2009年11月25日)
  • これがそれだ!!(リバプール、2010年5月30日)

歌手活動

Maxi

  • 「WORDS OF US」(2003年1月15日)
  1. WORDS OF US
  2. 雲と夕日
  3. かけがえのないものがたり

ミニカバーアルバム

  • 「Real My Heart」(2003年11月19日)
  1. 夢をあきらめないで岡村孝子
  2. シオン(沢田聖子
  3. 運命の人スピッツ
  4. WORDS OF US(自身のデビュー曲)
  5. 渡良瀬橋森高千里
  6. 幸せになろう沢田知可子
  7. WORDS OF US(Acoustic version)

ミニアルバム

  • 「Courageous」(2004年6月23日)
  1. 赤いワゴン
  2. THE SONG IS YOU
  3. 紙ひこうき
  4. Wish up on a star
  5. なにができる
  • 「心アルバム」(2004年12月27日)大江千里プロデュース
  1. Every day
  2. 冬モード
  3. ハートブレイク
  4. X'mas song for you
  5. 心アルバム

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 公式プロフィール”. 生島企画室. 2013年11月3日閲覧。
  2. ^ おはよ!”. 優木まおみ公式ブログ (2012年5月9日). 2013年11月3日閲覧。
  3. ^ a b アキバ発ニューアイドル、優木まおみがブレーク”. ZAKZAK (2003年12月15日). 2013年11月3日閲覧。
  4. ^ a b SAPIO小学館)2013年9月号でのインタビュー(107ページ)より。
  5. ^ インタビュー:優木まおみ「ツンデレじゃなく、デレデレです」(2ページ目)”. livedoorNEWS (2009年10月5日). 2014年4月8日閲覧。
  6. ^ 『MAOMI Style』(宝島社)112ページより。
  7. ^ 月刊現代 2007年11月号『in Focus(第35回)』より。
  8. ^ a b c 『MAOMI'S HAWAII WEDDING』(宝島社)97ページより。
  9. ^ 男女頂上決戦! 優木まおみ杯(1/13〜18)開催!”. 競艇オフィシャルWEB (2006年12月27日). 2011年6月1日閲覧。
  10. ^ 優木まおみ、フジ日曜競馬中継新司会者に サンケイスポーツ 2009年11月4日(2009年11月6日時点のアーカイブ
  11. ^ a b 競馬とは学生時代からの縁 優木まおみ「毎週通ってました」”. スポーツニッポン (2011年2月18日). 2014年4月8日閲覧。
  12. ^ ベストレザーニスト2010に高橋克典&優木まおみ ORICON STYLE 2010年11月2日
  13. ^ “優木まおみ“くまモン似”カリスマ美容師との結婚報告”. スポーツニッポン. (2013年1月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/01/03/kiji/K20130103004898630.html 2013年11月3日閲覧。 
  14. ^ インタビュー:優木まおみ「ツンデレじゃなく、デレデレです」(3ページ目)”. livedoorNEWS (2009年10月5日). 2014年4月8日閲覧。
  15. ^ 【エンタがビタミン♪】「何の根拠もないじゃん!」”売れなくて逆ギレ”した、優木まおみが過去を懺悔。”. Techinsight (2010年5月22日). 2014年4月8日閲覧。
  16. ^ 『ヒルナンデス!』2012年7月16日(月)”. gooテレビ番組 (2012年7月16日). 2014年4月8日閲覧。
  17. ^ 『MAOMI'S HAWAII WEDDING』(宝島社)106-109ページ。
  18. ^ BLUE SYMPHONY OFFICIAL BLOG・BLUE SYMPHONY(ブルーシンフォニー)
  19. ^ 映画『インモータルズ -神々の戦い-』の日本語吹替えを優木まおみさんが担当”. CINEMA TOPICS ONLINE. 2011年11月3日閲覧。
  20. ^ 優木まおみ ネット写真集「MaoBook」

外部リンク

先代:
ほしのあき
みんなのケイバ」として
みんなのKEIBA
女性司会者
2代目
次代: