インストラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インストラクター(instructor)とは、工業技術、スポーツなどの分野に於いて様々な指導を行う立場の者をさす。主に、指導者用の教育を経てインストラクターの資格を有することとなる。

スポーツクラブのインストラクター[編集]

スポーツクラブでのインストラクター資格は、水泳だと日本水泳連盟エアロビクスだと日本エアロビック連盟などの公認団体にて取得できる。ヨガだと全米ヨガアライアンスなどの指定のスクールで講座を受講し取得できる。クラブのレッスン等がすぐに不満足になってしまったひとは、1〜3ヶ月程度のインストラクター養成コースに通い、資格取得を目指すことが多い。インストラクター資格が取れたら、スポーツクラブの採用日程を見てオーディションを受け、指導員デビューをすることになる。

情報系のインストラクター[編集]

情報機器の利用技術を指導するインストラクターは明確な指導者資格があるわけではないが、ベンダー系の資格を取得することで「インストラクターとなりうるレベル」と判断されてスクールに雇用される場合が多い。但し、実際にインストラクターとして勤務する人には女性が多く、また一部のスクールでは女性以外のインストラクターを募集しないことがあるといわれ、性別による雇用機会の不均等があるとされる。また、たとえ指導能力や指導経験があっても、ベンダー系資格を持たなければ雇用されにくい一面があり、自主開業するケースもある。

略語[編集]

略語として,イントラと書かれることも多い。日本語のカタカナ語としての略語である。英語のinstructorを無理に「イントラ」と略すると、intruとなってしまう。これでは英語としても通用しないであろう。あくまで日本語としての略語である。

外部リンク[編集]