メロンジュース (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メロンジュース
HKT48シングル
B面 そこで何を考えるか?
希望の海流(Type-A)
泥のメトロノーム(Type-B)
波音のオルゴール(Type-C)
天文部の事情(劇場盤)
リリース 2013年9月4日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間 3:23
レーベル UNIVERSAL SIGMA
作詞・作曲 秋元康(作詞)
井上ヨシマサ(作曲)
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2013年9月度月間1位(オリコン)
HKT48 シングル 年表
スキ!スキ!スキップ!
(2013年)
メロンジュース
(2013年)
桜、みんなで食べた
(2014年)
テンプレートを表示

メロンジュース」は、女性アイドルグループ・HKT48の楽曲で、2013年9月4日ユニバーサルミュージック (UNIVERSAL SIGMA) から発売された2枚目のシングル。楽曲のセンターポジションは田島芽瑠朝長美桜

背景とリリース[編集]

シングルの発売は、『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』開票イベント直後の2013年6月13日に開催された「博多レジェンド」公演内で発表された[1]。総選挙で1位を獲得し、センターポジションに就くこととなった指原莉乃の凱旋公演でもあったこの日、メンバーやファンが総選挙での指原の勝利を祝っている最中に指原が「逆サプライズ」として、新曲のリリース、および発売日が9月4日となることを発表した[2]

詳細については、7月20日に福岡 ヤフオク!ドームで開催された「AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜」初日公演で発表され[3]、アンコール4曲目に指原がセンターポジションを務めるAKB48の32ndシングル表題曲「恋するフォーチュンクッキー」が披露された後、指原がタイトルについて「メロンジュース」となることを発表[3]、次いで発表された選抜メンバーが1人ずつステージに登り[4]、全員が揃うと研究生の田島芽瑠と朝長美桜がセンターを務めることがその場で発表され、そのまま新曲が披露された[4]。発表後、今作でもセンターを務める田島が「福岡を盛り上げるけん、よろしくお願いします」と訴えた[4]

「スキ!スキ!スキップ!」選抜メンバー16人は、前作から4人が入れ替わった。秋吉優花・岡田栞奈・岡本尚子・谷真理佳が初選抜。朝長は初センター。前作の選抜メンバーのうち、植木南央・下野由貴・中西智代梨・若田部遥が選抜から外れた。研究生が16人中7人と半数近くを占めるが、これはAKB48グループのシングル表題曲では初めて[5]

カップリング曲のユニット割りは前作と類似しているが、全タイプの第2トラック収録の「そこで何を考えるか?」は新しく1期生の歌唱となっている。「メロンジュース」の選抜メンバー、「希望の海流」を歌うあまくち姫、「泥のメトロノーム」を歌ううまくち姫の3つのユニットに入らなかったメンバーが「天文部の事情」を歌い、さらに兒玉遥・指原莉乃・田島芽瑠・朝長美桜・宮脇咲良の5人が「波音のオルゴール」を歌っている。

キャッチコピーは「大声で叫ぶんだ!メロンジュース!」。

音楽性と批評[編集]

表題曲の「メロンジュース」はロック風の曲調の[5] アイドルソングで[6]、頭を振る動きが特徴だという[7]。さらに、指原によると「コール&レスポンスの多い曲」であるという[4]

アートワーク[編集]

CDのジャケットは、指原のフォトブック「さしこ」の撮影も担当した青山裕企が撮影を担当した[8]

ジャケット写真のメンバーの割り振りは下表のとおり。

TYPE-A 表 岡田栞奈・兒玉遥・指原莉乃・田島芽瑠・朝長美桜・村重杏奈・本村碧唯
TYPE-A 裏 「メロンジュース」選抜メンバー16名
TYPE-B 表 兒玉遥・指原莉乃・田島芽瑠・朝長美桜・渕上舞・松岡菜摘・宮脇咲良・森保まどか
TYPE-B 裏 「メロンジュース」選抜メンバー16名
TYPE-C 表 秋吉優花・穴井千尋・多田愛佳・岡本尚子・田島芽瑠・谷真理佳・朝長美桜・宮脇咲良
劇場盤 表 田島芽瑠・朝長美桜
劇場盤 裏 「メロンジュース」選抜メンバー16名

チャート成績[編集]

「メロンジュース」のシングルCDは 2013年9月3日(出荷日)付で 222,984枚売り上げ(前作を約1.8万枚上回る)、オリコンデイリーシングルチャートで1位を獲得。さらに 9月16日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場1位を記録した。同チャートにおけるHKT48の1位獲得はデビューから2作連続となり、これはグループからのソロ・ユニットデビューを除く女性アーティストとしては薬師丸ひろ子沢尻エリカNMB48に続く史上4組目(女性グループに限れば2組目)の達成である。初動売上は約26.9万枚となり、前作「スキ!スキ!スキップ!」の約25.0万枚を上回った[9]

ミュージック・ビデオ[編集]

「メロンジュース」のミュージックビデオは、神奈川県横浜市横浜BLITZにバックバンドと抽選で選ばれた1000人のエキストラを迎えて撮影され、メンバーは、竹中夏海が「激しく! パンクに!」というテーマで考案した振り付けを披露、「メンバーがジューサーの中でかき回されてHKT48全体がメロンジュースになる」というイメージのもと、サビでは激しいヘッドバンギングが繰り広げられた[8]。監督は「スキ!スキ!スキップ!」収録曲「片思いの唐揚げ」(あまくち姫)のミュージックビデオを手掛けた土屋隆俊[10]

「希望の海流」MVの監督は伊江なつき。茨城県龍ケ崎市若柴町の愛国学園大学附属龍ヶ崎高等学校で撮影。

「泥のメトロノーム」MVの監督は月川翔。茨城県高萩市下君田の高萩市立君田中学校で撮影。

メディアでの使用[編集]

「メロンジュース」には以下のタイアップが付いている。

  • TBSHKT48のおでかけ!』エンディング・テーマ(2013年8月21日 - 12月18日放送分)
  • アイア「I-SKY『HKT48 栄光のラビリンス』」CMソング
  • ロッテ「クレイジーガム放送局『博多フーセンガールズ篇』・『チューインガム・キス篇』」CMソング

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「メロンジュース」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 3:23
2. 「そこで何を考えるか?」   秋元康 酒井康男 清水哲平 4:14
3. 「希望の海流」 (あまくち姫) 秋元康 山上佑 野中“まさ”雄一 4:12
4. 「メロンジュース(Instrumental)」          
5. 「そこで何を考えるか?(Instrumental)」          
6. 「希望の海流(Instrumental)」          
合計時間:
23:45
DVD
# タイトル 時間
1. 「メロンジュース(Music Video)」    
2. 「希望の海流(Music Video)」    
3. 「特典映像「夏休み自由研究発表」」    

DVD特典映像「夏休み自由研究発表」の収録メンバーは、秋吉優花・穴井千尋・安陪恭加・伊藤来笑・井上由莉耶・今田美奈・岩花詩乃・宇井真白・植木南央・上野遥・多田愛佳・熊沢世莉奈・兒玉遥。

Type-B[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「メロンジュース」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 3:23
2. 「そこで何を考えるか?」   秋元康 酒井康男 清水哲平 4:14
3. 「泥のメトロノーム」 (うまくち姫) 秋元康 立花瞳 佐々木裕 4:31
4. 「メロンジュース(Instrumental)」          
5. 「そこで何を考えるか?(Instrumental)」          
6. 「泥のメトロノーム(Instrumental)」          
合計時間:
24:33
DVD
# タイトル 時間
1. 「メロンジュース(Music Video)」    
2. 「泥のメトロノーム(Music Video)」    
3. 「特典映像「夏休み自由研究発表」」    

DVD特典映像「夏休み自由研究発表」の収録メンバーは、梅本泉・岡田栞奈・岡本尚子・草場愛・神志那結衣・後藤泉・駒田京伽・坂口理子・指原莉乃・下野由貴・田中菜津美・中西智代梨・松岡菜摘。

Type-C[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「メロンジュース」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 3:23
2. 「そこで何を考えるか?」   秋元康 酒井康男 清水哲平 4:14
3. 「波音のオルゴール」   秋元康 福田貴訓 SHIKI 4:29
4. 「メロンジュース(Instrumental)」          
5. 「そこで何を考えるか?(Instrumental)」          
6. 「波音のオルゴール(Instrumental)」          
合計時間:
24:29
DVD
# タイトル 時間
1. 「メロンジュース(Music Video)」    
2. 「メロンジュース(Making Video)」    
3. 「特典映像「夏休み自由研究発表」」    

DVD特典映像「夏休み自由研究発表」の収録メンバーは、田島芽瑠・田中優香・谷真理佳・冨吉明日香・朝長美桜・深川舞子・渕上舞・宮脇咲良・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか・山田麻莉奈・若田部遥。

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「メロンジュース」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 3:23
2. 「そこで何を考えるか?」   秋元康 酒井康男 清水哲平 4:14
3. 「天文部の事情」   秋元康 章夫 若田部誠 3:42
4. 「メロンジュース(Instrumental)」          
5. 「そこで何を考えるか?(Instrumental)」          
6. 「天文部の事情(Instrumental)」          
合計時間:
22:50

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ HKT48 2ndシングル発売日決定!!”. HKT48公式サイト (2013年6月13日). 2013年7月21日閲覧。
  2. ^ HKT48、指原莉乃が凱旋! 2ndシングル発売日が発表”. CDJournal (2013年6月14日). 2013年7月21日閲覧。
  3. ^ a b ドーム初日にHKT48新曲&研究生ユニット発表”. ナタリー (2013年7月21日). 2013年7月21日閲覧。
  4. ^ a b c d HKT48、新曲は研究生Wセンター 地元3万2000人に初披露”. ORICON STYLE (2013年7月20日). 2013年7月21日閲覧。
  5. ^ a b HKT2枚目シングルは研究生Wセンター”. nikkannsports.com (2013年7月21日). 2013年7月21日閲覧。
  6. ^ “HKTが新曲初披露 田島芽瑠とのダブルセンターに朝長美桜”. スポニチアネックス. (2013年7月20日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130720-00000119-spnannex-ent 2013年7月21日閲覧。 
  7. ^ HKT48、田島芽瑠&朝長美桜によるWセンターの2nd SG「メロンジュース」を初披露”. minp! (2013年7月21日). 2013年7月21日閲覧。
  8. ^ a b “HKT48、シングル「メロンジュース」でパンク×ヘドバン”. ナタリー. (2013年8月13日). http://natalie.mu/music/news/97072 2013年8月16日閲覧。 
  9. ^ “【オリコン】HKT48、デビューから2作連続首位 女性グループ史上2組目の快挙”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年9月10日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2028511/full/ 2013年9月10日閲覧。 
  10. ^ HKT48『ファンと共に楽しんだミュージックビデオ撮影現場へ潜入!!』”. ORICON STYLE (2013年8月13日). 2013年9月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • HKT48「メロンジュース<通常盤Type-A>」のブックレット、UNIVERSAL SIGMA、2013年 JAN 4988005779601 / UMCK-5444
  • HKT48「メロンジュース<通常盤Type-B>」のブックレット、UNIVERSAL SIGMA、2013年 JAN 4988005779618 / UMCK-5445
  • HKT48「メロンジュース<通常盤Type-C>」のブックレット、UNIVERSAL SIGMA、2013年 JAN 4988005779618 / UMCK-5446
  • HKT48「メロンジュース<劇場盤>」のブックレット、UNIVERSAL SIGMA、2013年 JAN 4988005779625 / PROS-5006

外部リンク[編集]