ミレイユ・マチュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミレイユ・マチュー
パフォーマンスをするミレイユ(2005年5月)
パフォーマンスをするミレイユ(2005年5月)
基本情報
別名 Mimi
出生 1946年7月22日(67歳)
出身地 フランスの旗 フランスアヴィニョン
ジャンル シャンソンキャバレー・ソングディキシーランド・ジャズジャズ
職業 歌手女優
活動期間 1950年 - 現在

ミレイユ・マチューMireille Mathieu, 1946年7月22日 - )はフランスの女性シャンソン歌手。

フランスのアヴィニョンの貧しい14人兄弟の家に生まれた。現在、世界一沢山のシャンソンのディスクを出した歌手とされている。

日本で発売されたシングル[編集]

・男と女 Un homme, uno femme (1966)

・愛の信条 Mon credo (1966)

・ラスト・ワルツ La dernière valse (1967)

・美しき星のワルツ La première étoile (1969)

・気まぐれを許して Pardonne-moi ce caprice d'enfant(1970)

・果てしなき愛 Donne ton coeur, donne ta vie (1970)

・恋にボンジュール Es geht mir, Chéri (Merci monsieur, très peu pour moi) (1970)

・モン・パリ Paris perdu (1970)

・ある愛の詩 Une histoire d'amour (Love Story) (1971)

・アクロポリス・アデュー Acropolis adieu (1971)

・別れの時には Dieu te garde

・コルシカの恋人 Corsica (1972)

・ラ・パロマ・アデュー La paloma adieu (1973)

・男と女の詩 La bonne annee (1973)

・幸せの鳩 Mille colombes (1977)

・トレビの泉 Aprends-moi

・バラ色の人生 La vie en rose 

・二人のラブソング You and I

来歴[編集]

彼女のテレビ・デビューは1965年11月21日で、それ以来フランスを代表する歌姫として、特に60年代と70年代には絶大な人気を博した。来日公演も幾度か行っている。

16歳の時パリに上り、テレビの歌番組でエディット・ピアフの「愛の賛歌」を歌ってチャンピオンとなった。そのとき、「ピアフの再来」と呼ばれ、フランス歌謡界に衝撃を与えた。ポール・モーリア作曲の「愛の信条」で颯爽とデビュー。ヨーロッパではエリザベス女王に次いで人気のある女性と呼ばれた時期もあった。

これまでのディスク売り上げ数は1億5千万枚、歌った歌は11カ国語で1200に及んでいる。英国のエリザベス女王アメリカ合衆国レーガン大統領、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の前で歌ったことでも知られている。


著書[編集]

Oui, je crois, Jacqueline Cartier, R. Laffont, 1987

外部リンク[編集]

先代:
ブリジット・バルドー
マリアンヌ
1978年 - 1985年
次代:
カトリーヌ・ドヌーヴ