アヴィニョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アヴィニョン
Avignon coat of arms.png
Avignon sans pont.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(département) ヴォクリューズ県
(県庁所在地)
(arrondissement) アヴィニョン郡
(郡庁所在地)
小郡 (canton) 4小郡庁所在地
INSEEコード 84007
郵便番号 84000
市長任期 セシル・エル
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) Communauté d’agglomération du Grand Avignon
人口動態
人口 90,194人
2011年
人口密度 1 392人/km²
地理
座標 北緯43度56分58秒 東経4度48分32秒 / 北緯43.94944444度 東経4.808888889度 / 43.94944444; 4.808888889座標: 北緯43度56分58秒 東経4度48分32秒 / 北緯43.94944444度 東経4.808888889度 / 43.94944444; 4.808888889
標高 平均:23 m
最低:10 m
最高:122 m
面積 64,78km² (6 478ha)
アヴィニョンの位置(フランス内)
アヴィニョン
アヴィニョン
テンプレートを表示

アヴィニョンAvignon)は、フランスの南東部に位置する都市コミューン)で、ヴォクリューズ県県庁所在地である。

歴史[編集]

ローマ帝国時代から諸侯領時代まで[編集]

ローマ帝国時代にはガリア・ナルボネンシス属州の主要都市の一つであった。5世紀に蛮族の侵入によって荒廃した後、737年カール・マルテル率いるフランク人によって滅ぼされた。カール・マルテルが戦っていたアラブ人の側についたことによる。その後、ブルグント王国、ついでアルル王国領となる。12世紀末、都市は独立を宣言し、共和制をとる都市国家となるが、長くは続かず、アヴィニョンはプロヴァンス伯領、次いでトゥールーズ伯領となった。中世末のカタリ派運動の中ではカタリ派を支持した結果、1226年アルビジョア十字軍を率いたフランスルイ8世によって占領され、武装解除された。カタリ派を支持した街への処罰として、市の城壁は破壊された。

キリスト教が入ったのは早く、70年司教座が置かれた。1309年ローマ教皇クレメンス5世がアヴィニョンを居所に定め、1377年まで教皇庁所在地とした(アヴィニョン捕囚)。1426年に大司教座がおかれた。1303年アヴィニョン大学が開かれ、フランス革命まで続き、法学で知られた。

アヴィニョン捕囚時代の半ば、1348年に領主プロヴァンス伯(兼ナポリ女王ジョアンナから教皇クレメンス6世にアヴィニョンが売却された。以後、フランス革命で没収されるまでアヴィニョンは教皇領となった。何人かの対立教皇は、アヴィニョンに教皇座を置いている。

TGVから望むアヴィニョン市街地

アヴィニョン捕囚時代[編集]

1305年、教皇に選出されたボルドー大司教クレメンス5世としてリヨンで即位した。フランス人教皇誕生の背後にはフランス王フィリップ4世の強い影響力があった。アナーニ事件などで教皇を威嚇していたフィリップ4世の意志を受けたクレメンス5世は、ローマに戻らず枢機卿団と共にアヴィニョンに滞在し、ここに教皇庁の移転を宣言した。これがいわゆるアヴィニョン捕囚(教皇のバビロン捕囚]])である。

こうして1309年にクレメンス5世がアヴィニョンに居を定めて以来、1377年にグレゴリウス11世がローマに戻るまで、7代69年間にわたってこの「捕囚」が続いた。この間、事実上の「キリスト教界の首都」となったアヴィニョンには、教皇庁宮殿、現在はフラ・アンジェリコボッティチェリの「聖母子」を収蔵するプティ・パレ美術館として利用されている大司教館など、当時の建築が数多く残り、そのあたりの地区はアヴィニョン歴史地区として世界遺産に登録された。

アヴィニョンのサン・ベネゼ橋
橋と宮殿
橋と城壁
クリスマスの街並み

アヴィニョンの橋[編集]

サン・ベネゼ橋(Pont St. Bénézet)は童謡「アヴィニョンの橋の上で」で知られる。「橋の上で輪になって踊ろう」と歌われているが、実際は道幅が狭く、上で踊れるほど安全な橋ではない。渡ることさえ危険なときもあり、橋から転落し命を落とした者さえいる。ローヌ川の度重なる氾濫により何度も橋が崩壊、そのたびに修復を強いられ財政を圧迫した。17世紀には遂に修復を断念、22あった橋脚のうち、現在は4つのみが残っている。

文化[編集]

1947年にジャン・ヴィラール(Jean Vilar)によって始められたアヴィニョン演劇祭は、毎年夏、世界各地から集まった団体が、約1か月間にわたり街のいたるところで演劇、舞踏、音楽、映画などを発表する。2002年には580、2004年には667の団体が参加した。2003年はストライキのため公式には中止されたが、非公式に多くの催しが開かれた。

観光[編集]

アヴィニョン市内

近郊

交通[編集]

鉄道[編集]

姉妹都市[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]