ヴェッツラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Wappen Karte Wetzlar in Deutschland
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: ギーセン行政管区
郡: ラーン=ディル郡
標高: 海抜 148-401 m
面積: 75.67 km²
人口: 52.460人(2005年6月30日現在)
人口密度: 693 人/km²
郵便番号: 35521–35586 (旧: 6330)
市外局番: 06441
ナンバープレート: LDK (旧: L, WZ)
自治体コード: 06 5 32 023
市庁舎の住所: Ernst-Leitz-Straße 30
35578 Wetzlar
ウェブサイト: www.wetzlar.de
上級市長: ヴォルフラム・デッテ (Wolfram Dette) (FDP)
大聖堂
旧市街の風景
帝国最高法院の建物

ヴェッツラーWetzlar )はドイツ連邦共和国の都市。ヘッセン州に属する。人口は約5万2千人(2004年末)。

地勢・産業[編集]

ラーン川沿いに位置する。カメラなどで知られるライカ社の本社がある。近隣の都市としては約10キロ東のギーセン、50キロ北西のジーゲン、30キロ北東のマールブルク、50キロ南のフランクフルト・アム・マインなどが挙げられる。

歴史[編集]

1180年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世によって、自由帝国都市としての地位を認められた。1693年、神聖ローマ帝国の最高法院(Reichskammergericht )がシュパイアーからヴェッツラーへと移転し、1806年に神聖ローマ帝国が滅亡するまで置かれた。1815年より、ヴェッツラーはプロイセン王国の支配下に置かれた。

文化[編集]

1772年、この街でゲーテは既に婚約者がいたシャルロッテという女性と恋した。この時の彼自身の経験が、『若きウェルテルの悩み』の題材となっている。

気候[編集]

温帯気候であり、平均気温は夏17-18℃、冬1-2℃である。年間降水量は600-700mmと平均的なドイツの年間降水量よりもやや少ないが、ラーン渓谷の北部と南部に位置する高地においては年間降水量は800mmとほぼドイツの年間降水量と同じである[1]。6月と12月が最も雨の多い月であり、それぞれ74mmと73.3mmの降水量である。一方、最も2月は最も雨の少ない月であり、49.1mmしか雨が降らない。

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Umweltatlas Hessen. In: Hessisches Landesamt für Umwelt und Geologie, 2005.