クロスパティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロスパティー

クロスパティー英語: cross pattée, cross pattee, crosse pattée, cross patty, cross formée, cross formyドイツ語: Tatzenkreuz)は、十字紋章の1つで、アームの幅が中央は細く端では広がっているもの。ポウクロス末広十字とも呼ばれる場合がある。

名称のパティー(フランス語: patteドイツ語: Tatze)は「足」の意味で、特に初期の形状が足に似ていた事に由来する。

マルタ十字と似ているが、マルタ十字ではアームは曲がっていない。ドイツ騎士団のクロスパティーは黒十字鉄十字の元となった。

種類[編集]

クロスパティーは以下のように複数のバリエーションがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]