ハイテク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハイテクは、ハイ・テクノロジー(High-Technology)の略で先端分野の技術体系を指し、主に電子回路情報処理に関連する、応用技術体系を指す。

概要[編集]

ハイテクは、主に応用技術でも比較的高度な基盤が無いと開発できないが、その運用はしばしば独立した技術体系のように扱われる分野でもある。

日本では1980年代前半より使用されはじめ、当初は現代日本の主要産業であるエレクトロニクス分野を指していた。1990年代に入ると、コンピュータの普及に伴い、これらに情報処理関連の概念が加わってきている。このため、1980年代のハイテクはエレクトロニクス分野全般を指していたが、今日では、エレクトロニクスに加えて、情報処理技術を含めてこう呼ぶ。

なお、これらのいわゆるハイテクには、エレクトロニクスや情報処理技術を支える材料工学素材)や機械工学等の基礎研究技術分野はあまり含まれない。これらは対義語ローテクに分類される。しかしローテクの地道な研究の成果が発表され、一夜にして既存のハイテク製品が陳腐化し、その成果を盛り込んだ、既存製品の数倍に及ぶ能力を持つ製品が発売される事も珍しくない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]