基礎研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

基礎研究(きそけんきゅう,英語: fundamental research)は基本原理の理解を向上するために進める研究。それらはじかに、あるいは即座に商業的な利益を生み出すことを意図しておらず、知識欲や好奇心から生じるものと考えることができる。しかしながら、長期的には商業的な利益や応用研究英語版の基礎になるものである。基礎研究は主に大学や国家組織の研究班によって行われる。

総務省「科学技術研究調査」では

特別な応用,用途を直接に考慮することなく,仮説や理論を形成するため,又は現象や観察可能な事実に関して新しい知識を得るために行われる理論的又は実験的研究

と定義されている[1]

概要[編集]

基礎研究は人間の属する世界についての基礎的知識を進展させる。これはどのような仕組みで世界が働いているのか、何がそれを起こすのか、なぜ関係が決まっているのか、なぜ変わるのか、といったことへの説明の反証可能性に焦点を絞っている。基礎研究は最も新しい科学的発想の源であり、世界に対する証明や新しい認識を得る道である。

基礎研究は新しい見解、原理、理論などを生むがこれらはすぐに利用できるものではない。しかしながら、認識や知識の集約による進歩や他分野での開発の基礎となる。基礎研究は直接日常行われる事柄を助けることはほとんどないが、問題についての対処方法の革新や飛躍的向上をもたらす可能性を持つ方法についての新しい考え方を提供する。たとえば、今日のコンピューターは今より1世紀ほど前に行われた数学の基礎研究なしには成立し得ないが、当時はその数学の実用的応用が知られていなかった。

多くの場合、基礎研究は知識の要素拡大に必須である。科学界の中心にいる研究者が基礎研究とされるもののほとんどを行っている。

アメリカ[編集]

アメリカにおいては第2次大戦後に基礎研究のスポンサーとしてアメリカ国立科学財団が創立された。この創立は特定の計画があまりにも基礎研究を後援するために明確に権限がつけられたことで、政治的抵抗と他の連邦機関からの抵抗があり、遅させられた。

1956年、基礎研究の費用は以下のような分配であった。[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]