ハイテクパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハイテクパーク英語: High-Tech Park)とは工業地区の一種で、ハイテク産業が自然発生的に集積したかこれを盛んにするために地方公共団体により設立されているものである。

それぞれの地域または特徴によりテクノパークテクノポリス(フランス・日本)、ハイテクゾーン(中国)、高新技術園区(中国)、ソフトウェアパーク(中国)、サイエンスパークITパークリサーチパーク研究学園都市スペースセンター宇宙基地などとも呼ばれている。またそれぞれの場所でハイテク企業の入園にはスペースの賃料の軽減、建物の入手価格の軽減、税額の軽減、人材の育成に関しての優遇政策があるところもある。

これはWikipedia英語版の"List of technology centers"と"List of research parks"からおもに翻訳・統合し、その他の情報を追加したものである。

世界のハイテクパーク[編集]

アジア・太平洋[編集]

オーストラリア
イスラエル
インド
シンガポール
中国
台湾
日本

(ハイテクパーク)

(その他)

(サイエンスパーク)

(リサーチパーク)

テクノパーク

韓国
ベトナム
  • ホアラックハイテクパーク
  • ゴンハイテクパーク(SHTP)
  • サイゴンハイテクパーク
タイ

アフリカ[編集]

エジプト
モロッコ

南北アメリカ[編集]

カナダ
  • シリコンバレーノースSilicon Valley North(オタワ首都圏)
米国
ブラジル

ヨーロッパ[編集]

アイルランド
  • ダブリンなど(ヨーロッパのシリコンバレー)
フランス
イギリス
スウェーデン
ドイツ
フィンランド
ロシアアジア地区を含む)

関連項目[編集]