ノイケルン区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 Coat of arms of Berlin.svg ベルリン地図
(区の位置)
Coat of arms of borough Neukoelln.svg Berlin Bezirk Neukölln (labeled).svg
基本情報
連邦州: ベルリン州
緯度経度: 北緯52度29分 東経13度27分
面積: 44.93 km²
人口: 325,716人(2014年12月31日現在)[1]
人口密度: 7,249 人/km²
市外局番: 030
区コード: 08
区内地区数: 5地区
行政庁舎の住所: Karl-Marx-Straßeドイツ語版 83
12043 Berlin
ウェブサイト: www.neukoelln.de
区長: フランツィスカ・ギファイドイツ語版 (SPD)
区議会議席配分: Allocation of seats in the borough council of Neukölln (DE-2011-10-27).svg

ノイケルン区 (Bezirk Neukölln) は、ドイツ首都ベルリン南東部にある行政区である。区コードは08であり、数多くのGründerzeit の建物に特徴づけられる。

地区[編集]

地区番号 地区・区域
面積
人口[1]
(2014年12月31日人現在)
人口密度
区内地図(地区の位置)
0801 ノイケルンドイツ語版 11.71 km² 167,111人 14,271人/km²
Berlin Neukölln Neukölln.svg
0802 ブリッツドイツ語版 12.40 km² 41,355人 3,335人/km²
Berlin Neukölln Britz.svg
0803 ブーコウドイツ語版 6.35 km² 39,188人 6,171人/km²
Berlin Neukölln Buckow.svg
0804 ルードウドイツ語版 11.81 km² 41,521人 3,516人/km²
Berlin Neukölln Rudow.svg
0805 グロピウスシュタットドイツ語版 2.67 km² 36,541人 13,686人/km²
Berlin Neukölln Gropiusstadt.svg

歴史[編集]

このエリアは1360年に リヒャルツドルフ "Richardsdorf" として初めて文献に登場する。マルタ騎士団によって所有されていた。それゆえこの区のワッペンにはマルタ十字が描かれている。 1737年、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は、モラヴィア兄弟団ボヘミアからこの地域に移住させた。これは リックスドルフ"Rixdorf" と呼ばれている。彼らは自身の教会や家を、今日の リヒャルト通り"Richardstraße" と呼ばれるベルリン中心部の道路に沿って建設した。この新しいボヘミア人村は1797年に独自の憲法を持つことを承認された。

現在[編集]

移民が多く住んでいるエリアの一つである。2006年にはリュトリ基幹学校(Rütli-Schule)で移民系生徒による校内暴力学校崩壊によって全教員による廃校願いが市に提出され、ドイツのメディアをはじめ多文化主義政策の失敗などと報道された[2]。2010年にはメルケル首相が「多文化主義は失敗」と公言した[3]

姉妹都市[編集]

ノイケルン区は以下の都市都市名都市協定を結んでいる[4]

国外[編集]

国内[編集]

その他[編集]

  • 赤十字 ドイツ連邦軍310主要衛生センター (Leitsanitätszentrum 310)、ベルリン駐屯地衛生センター (Standortsanitätszentrum Berlin)2001年7月6日

ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ベルリン州における2014年12月31日時点の登録人口、資料:ベルリン=ブランデンブルク統計局ドイツ語版 (PDF)。
  2. ^ ドイツの移民政策における「統合の失敗」小林薫,東京大学「ヨーロッパ研究」第8号,2009年
  3. ^ メルケル「多文化主義は失敗」発言の真意ニューズウィーク日本版2010年10月28日
  4. ^ Städtepartnerschaften mit dem Bezirk. Berlin.de, abgerufen am 17. April 2014.

外部リンク[編集]