ヘッセン方伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘッセン方伯領
Landgrafschaft Hessen
テューリンゲン方伯 1264年 - 1567年 ヘッセン=カッセル方伯
ヘッセン=ダルムシュタット方伯
ヘッセン=マールブルク方伯
ヘッセン=ラインフェルス方伯
ヘッセン方伯領の国旗 ヘッセン方伯領の国章
(国旗) (国章)
ヘッセン方伯領の位置
1400年におけるヘッセン方伯領(水色)
首都 カッセルマールブルク
ヘッセン方伯
1264年 - 1308年 ハインリヒ1世
1509年 - 1567年 フィリップ1世
変遷
テューリンゲン方伯領より分立 1264年
2つに分裂 1458年 - 1500年
4つに分裂 1567年

ヘッセン方伯(ヘッセンほうはく、:Landgraf von Hessen)は、神聖ローマ帝国方伯。その所領(ヘッセン方伯領、独:Landgrafschaft Hessen)がフィリップ1世の息子達により分割されるまでの期間、1264年から1567年まで存在した。

歴史[編集]

中世初期にヘッセンはテューリンゲン方伯領の一部であったが、テューリンゲン継承戦争の後、ブラバント公アンリ2世と妃ゾフィー・フォン・テューリンゲンの息子ハインリヒ1世に相続された。ハインリヒ1世は1246年に最初のヘッセン方伯となった。

1458年から1500年まで方伯領は上ヘッセンと下ヘッセンに分裂していたが、1509年ヴィルヘルム2世の代で統合された。

フィリップ1世の統治下においてヘッセンの重要性は最も高まった。フィリップ1世は寛大伯とも呼ばれ、1524年プロテスタントを受け入れ、以降プロテスタント諸侯による保護同盟を創設する処置をとった。

1567年のフィリップ1世の死後、方伯領は最初の結婚で生まれた息子達に分割相続された。

関連項目[編集]