ヴィルヘルム2世 (ヘッセン方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィルヘルム2世Wilhelm II., 1469年4月29日 - 1509年7月11日)は、下ヘッセン方伯(在位:1493年 - 1509年)。のち兼上ヘッセン方伯(在位:1500年 - 1509年)。下ヘッセン方伯ルートヴィヒ2世とその妃であったヴュルテンベルク=ウラッハ伯ルートヴィヒ1世の娘メヒチルト(1436年以後 - 1495年)の息子。兄のヴィルヘルム1世(長兄伯)・従弟のヴィルヘルム3世(若年伯)と区別するため「中庸伯」と呼ばれる。

略歴[編集]

ヴィルヘルム1世の退位により、1493年に下ヘッセン方伯となる。ヴィルヘルム2世は、ヴォーデモン伯フェリー2世とロレーヌ女公ヨランド・ダンジューの娘ヨランド(? - 1500年)と1497年に結婚し、1500年に彼女と死別した。2人の間に子供はなかった。同年10月20日メクレンブルク=シュヴェリーンマグヌス2世の公女アンナ(1485年 - 1525年)と再婚し、彼女との間にヴィルヘルム(1500年3月27日 - 4月8日)、エリーザベト(1502年 - 1557年、ザクセン公ゲオルク子ヨハンと結婚)、マグダレーナ(1503年 - 1504年)、フィリップの2男2女をもうけた。

同じく1500年には、従弟の上ヘッセン方伯ヴィルヘルム3世が死去したため上ヘッセン方伯も嗣ぎ、2つに分割されていたヘッセン方伯を統合した。

1503年神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世は、ヴィルヘルム2世に対してプファルツ選帝侯フィリップの追放を命じた。

ヴィルヘルム2世は1509年に歿し、末子のフィリップ1世が方伯位を嗣いだ。

先代:
ヴィルヘルム1世(長兄伯)
下ヘッセン方伯
1493年 - 1509年
次代:
フィリップ1世(寛大伯)
先代:
ヴィルヘルム3世(若年伯)
上ヘッセン方伯
1500年 - 1509年
次代:
フィリップ1世(寛大伯)