フィリップ (プファルツ選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィリップ(Philip, 1448年7月14日 - 1508年2月28日)は、プファルツ選帝侯(在位:1476年 - 1508年)。ルートヴィヒ4世と妃マルガレーテの一人息子。

父はフィリップが1歳の時に死去し、叔父フリードリヒ1世の後見下に置かれた。その後フリードリヒ1世は自ら選帝侯位に就き、フィリップはその養嗣子という立場になった。1476年に叔父が嫡子の無いまま亡くなり、フィリップが選帝侯位を継承した。1481年、ヨハン・ダールベルクをハイデルベルク大学に招聘した。また1499年従叔父プファルツ=モスバッハ=ノイマルクトオットー2世が亡くなり、遺領を継承した。

1503年に義兄のバイエルン=ランツフート公ゲオルクが亡くなると、遺領を巡ってバイエルン=ミュンヘン公アルブレヒト4世と3男のループレヒト(ゲオルクの婿)が対立、ランツフート継承戦争が勃発した。1505年神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の仲裁で和睦、戦後は孫のプファルツ=ノイブルク公オットー・ハインリヒの後見役を務めた。1508年に死去、プファルツ選帝侯位は長男のルートヴィヒ5世が継承、オットー・ハインリヒの後見役は四男のフリードリヒが引き継いだ。

子女[編集]

1474年バイエルン=ランツフート公ルートヴィヒ9世の娘マルガレーテと結婚、14人の子を儲けた。

  1. ルートヴィヒ5世(1478年 - 1544年) - プファルツ選帝侯
  2. フィリップ(1480年 - 1541年) - フライジンク司教ナウムブルク司教
  3. ループレヒト(1481年 - 1504年) - フライジンク司教、バイエルン=ランツフート公ゲオルクの娘エリーザベトと結婚、オットー・ハインリヒの父
  4. フリードリヒ2世(1482年 - 1556年) - プファルツ選帝侯
  5. エリーザベト(1483年 - 1522年) - ヘッセン方伯ヴィルヘルム3世と結婚、バーデン=ドゥルラハ辺境伯フィリップ1世と再婚
  6. ゲオルク(1486年 - 1529年) - シュパイアー司教
  7. ハインリヒ(1487年 - 1552年) - ユトレヒト司教、フライジンク司教、ヴォルムス司教
  8. ヨハン(1488年 - 1538年) - レーゲンスブルク司教
  9. アマーリエ(1490年 - 1534年) - ポメラニア公ゲオルク1世と結婚
  10. バルバラ(1491年 - 1505年)
  11. ヘレネ(1493年 - 1524年) - メクレンブルク公ハインリヒ5世と結婚
  12. ヴォルフガング(1494年 - 1558年) - ノイマルクト宮中伯
  13. オットー・ハインリヒ(1496年)
  14. カタリーナ(1499年 - 1526年)
先代:
フリードリヒ1世
プファルツ選帝侯
1476年 - 1508年
次代:
ルートヴィヒ5世