講壇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

講壇 (こうだん、pulpit) は、キリスト教会において教役者礼拝を導き、説教を行う場所。説教することを講壇に立つという。またキリスト教会において、初期教会などの聖書朗読台、または講壇のことをアンボ ambo という。これは後期ラテン語である。語源となった pulpitum はラテン語で、英語の pulpit は1338年からこの形で見える。

朗読台のように机のように作られたもの、教会の部屋の片隅に作られたおなじみのスタイルなどがあるが、ハッカーフォートなどを行わないので、シナゴーグのビーマーのように周りを通路にしたものは無い。

シナゴーグの講壇[編集]

シナゴーグにおいて、ビーマーの上に設置された朗読台が特にアンムード עַמּוּד 'ammudオメド 'omedアシュケナジム式)― 「柱」の意味 ―などと称される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


写真
jpg(大) jpg(大) [1] (アイルランド系教会。pulpit と lectern の区別) [2]プラト
執筆の途中です この項目「講壇」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。