アーヘン大聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 アーヘン大聖堂
ドイツ
アーヘン大聖堂
アーヘン大聖堂
英名 Aachen Cathedral
仏名 Cathédrale d'Aix-la-Chapelle
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(4),(6)
登録年 1978年
備考 北緯50度46分29秒
東経06度05分04秒
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
アーヘン大聖堂の位置
使用方法表示

座標: 北緯50度46分29秒 東経6度05分04秒 / 北緯50.77472度 東経6.08444度 / 50.77472; 6.08444

アーヘン大聖堂(アーヘンだいせいどう、ドイツ語Aachener Dom)はドイツ西部のアーヘンにある大聖堂である。

概要[編集]

ガラスの礼拝堂

アーヘン大聖堂はしばしば「皇帝の大聖堂」(ドイツ語Kaiserdom)として言及され、この大聖堂は北部ヨーロッパでは最古のものである。786年カール大帝がアーヘンの宮殿教会の建設を始めた。814年にカール大帝が死ぬと彼は自身の大聖堂に埋葬され、彼の骨はいまも特別の神殿に保存されている。 大聖堂は、一千年以上の時を経て、現在の装いを調えた。 アーヘン大聖堂の中心は宮殿教会である。それは後世の増築部分と比較すると驚くほど小さいが、建設当時は、それはアルプス以北では最大のドーム建築であった。 古典主義様式ビザンティン様式そしてゲルマン様式-フランク王国様式の要素を備えた心を奪う建築は、きわめて重要な記念碑的建造物の真髄である。アーヘン大聖堂は、936年から1531年にかけての約600年間に神聖ローマ帝国の30人の皇帝たちの戴冠式が執り行われた場所でもある。

設計図の一部

巡礼者の莫大な流入に対処するために、ゴシック建築の時代に聖歌隊のためのホールが造営された。それは2つの部分からなるガラスの礼拝堂でカール大帝没後600年を記念して奉献された。爾来、アーヘンの「ガラスの家」の壮麗な建築への賞賛は決して止むことはなかった。

1978年この大聖堂はユネスコ世界遺産リストの登録のための最初の12の遺跡の一つになった。最初のドイツのそして最初のヨーロッパの歴史上全般3つの遺跡の一つとしてである。

アーヘン大聖堂の宝物館は後期古典主義カロリング朝時代、オットー朝シュタウヘン朝の時代の傑作を展示しており、それらの中には「ロタールの十字架」や「カール大帝の胸像」や「ペルセフォネの石棺」のようなユニークな展示もいくつかある。アーヘンの大聖堂宝物館は北部ヨーロッパにおける最も重要な教会の宝物館の一つとして言及される。

1000年に、オットー3世はカール大帝の霊安所を開帳した。遺体は保存にかんして特筆すべき状態のもとにあることが判明し、大理石の玉座にすわり、皇帝のローブをまとい、頭には帝冠を戴き、膝には福音書が開かれてまま置かれ、手には王笏があったといわれている。  オットーを描いた大きな絵と彼の、亡き皇帝への、高貴なる眼差しはアーヘン市庁の大広間の壁画に描かれている。

1165年神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(バルバロッサ)は再び、霊安所を開帳し、中に安置してあるものをパリアンの大理石製の彫刻を施した石棺におさめた。 おさめたものの中にはアウグストゥスが火葬されたときの遺骨もあったという。 アウグストゥスの遺骨は1215年までこの中におさめられ、フリードリヒ2世の時に、金銀の小箱に納骨された。

登録基準[編集]

アーヘン大聖堂に施されたプロビデンスの目の装飾。下側にローマ数字で「MDCCLXVI」(1766年)と書かれている。

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg ドイツの世界遺産
World Heritage Sites in the Federal Republic of Germany

文化遺産
アーヘン大聖堂 | シュパイアー大聖堂 | ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場 | ヴィースの巡礼教会 | ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト | ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル聖堂 | トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂、聖母聖堂 | ハンザ同盟都市リューベック | ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 | ロルシュの修道院とアルテンミュンスター | ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム | バンベルク市街 | マウルブロン修道院の建造物群 | クヴェードリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街 | フェルクリンゲン製鉄所 | ケルン大聖堂 | ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群 | アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群 | 古典主義の都ヴァイマル | ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島) | ヴァルトブルク城 | デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国 | 僧院の島ライヒェナウ | エッセンのツォルフェアアイン炭鉱業遺産群 | ライン渓谷中流上部 | シュトラールズント及びヴィスマルの歴史地区 | ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像 | ドレスデン・エルベ渓谷 | レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ | ベルリンのモダニズム集合住宅群 | ムスカウアー公園/ムジャコフスキ公園(ポーランドと共有) | ローマ帝国の国境線(イギリスと共有) | アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(ほか5か国と共有) | アルフェルトのファグス工場 | バイロイトの辺境伯歌劇場
自然遺産
メッセル採掘場の化石発掘現場| ワッデン海(オランダと共有)| カルパティア山脈のブナ原生林とドイツの古代ブナ林群(ウクライナ、スロバキアと共有)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | ドイツの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、ドイツの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。