ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ブリュールの
アウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト
ドイツ
アウグストゥスブルク宮殿
アウグストゥスブルク宮殿
英名 Castles of Augustusburg and Falkenlust at Brühl
仏名 Châteaux d'Augustusburg et de Falkenlust à Brühl
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4)
登録年 1984年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト(ブリュールのアウグストゥスブルクじょうとべっていファルケンルスト)は、ドイツの世界遺産の一つで、1984年に登録された。ブリュールにあるこれら二つの建物は、シュロス庭園で繋がっている。

歴史[編集]

アウグストゥスブルク城(アウグストゥスブルク宮殿とも訳される)は、18世紀初頭に選帝侯を兼ねていたケルン大司教の座にあったヴィッテルスバッハ家クレメンス・アウグスト・フォン・バイエルンによって建造された。実際に建築を委ねられたのはヨハン・コンラート・シュラウンJohann Conrad Schlaun)であった。彼はブリュールにもともとあった中世の城を改築する形で質素な宮殿を作り上げたが、1727年からフランソワ・ド・キュヴィイエFrançois de Cuvilliés)が手がけた再改築によって、現存するロココ様式の壮麗な宮殿が出来あがった。宮殿には華やかな階段室があるが、これはバルタザール・ノイマンが手がけたものである。

ファルケンルスト

バロック様式の庭園であるシュロス庭園を手がけたのはドミニク・ジラールDominique Girard)である。彼は宮殿や別邸の南の区画にある入念な花園も彼が手がけていたが、そちらは1800年代にペーター・ヨセフ・レンネPeter Joseph Lenné)が手を入れ、風景式庭園に変えた。

ファルケンルストは鷹狩り用の宮殿として1729年から1740年に建造されたもので、実際の建築にあたったのはキュヴィイエである。この別邸はケルン大司教の東洋趣味を反映してロココ様式とシノワズリが同居している。

1994年までは、アウグストゥスブルク宮殿はドイツの大統領が国賓をもてなすレセプション・ホールとして使われていた。

登録基準[編集]

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は、世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと認定し、世界遺産として登録した(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

参考文献[編集]

  • 堀内正昭ほか『世界遺産を旅する(5)』近畿日本ツーリスト、1998年

外部リンク[編集]