カールスルーエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Wappen der Stadt Karlsruhe Lage der kreisfreien Stadt Karlsruhe in Deutschland
基本情報
連邦州: バーデン=ヴュルテンベルク州
行政管区: カールスルーエ行政管区
地域連合: ミッテラー・オーバーライン地域連合
郡: 郡独立市
標高: 海抜 115 m
面積: 173.46 km²
人口:

296,033人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,707 人/km²
外国人: 15.2 %
郵便番号: 76001-76229 (旧 7500)
市外局番: 0721
ナンバープレート: KA
自治体コード: 08 2 12 000
UN/LOコード: DE KAE
街区数: 27 地区
市庁舎の住所: Marktplatz
76133 Karlsruhe
公式ウェブサイト: www.karlsruhe.de
行政
上級市長: ハインツ・フェンリヒ (Heinz Fenrich) (CDU)
宮殿
Marktplatz広場にあるピラミッド

カールスルーエ(標準ドイツ語:Karlsruhe、アレマン語:Karlsrueh)は、ドイツ連邦共和国の都市。バーデン=ヴュルテンベルク州に属する。人口は約28万人で、同州ではシュトゥットガルトマンハイムに続く第三の規模の都市である。

ドイツ連邦共和国の最高裁判所に該当する連邦憲法裁判所(Bundesverfassungsgericht) や連邦裁判所(Bundesgerichtshof)の所在地として、ドイツの「司法首都」となっている。

地勢・産業[編集]

ライン川の近くに位置する工業都市で、ライン川とは運河で結ばれている。南にはシュヴァルツヴァルトが広がる。フランス国境に近く、最も近い所で街の中心から約10キロ程度。約50キロ北にハイデルベルク、55キロ北にマンハイム、60キロ南東にシュトゥットガルトが位置する。約30キロ南のバーデン=バーデンは、国際的な温泉保養地として知られている。紋章にあるFIDELITASはラテン語で「忠誠」である。

言語構成は上部ドイツ語の語群であるカトリックであるアレマン語話者と、プロテスタントである上部フランケン語の系統に属する南フランケン語話者などの方言が混合する境界域に位置している。

歴史[編集]

1721年に描かれた鳥瞰図

街の名称の由来はカールス(カールの、karls)とルーエ(休息所,ruhe)である。そのうち「カール」の語は、18世紀バーデン=ドゥルラハ辺境伯であるカール3世ヴィルヘルムにちなんだものである。もともとカール3世ヴィルヘルムの居城は、中世的な町ドゥアラッハ(ドゥルラハとも書かれ、カールスルーエ市の一部となっている)にあったが、その5キロほど西にある森に居城を移し、周囲に近代的な都市を建設しようと、1715年に宮殿の礎石を置いた。これが都市カールスルーエの誕生とされている。

カールスルーエは、宮殿を中心に道路網が放射状に伸びる計画都市で、格子状道路網を有するマンハイムと並んでドイツのバロック都市として有名である。この道路網は、輝く太陽の光線を示すものである。宮殿の近くでは、町が南側に扇形に広がっているので、「扇都市」とも呼ばれている。

第二次世界大戦では甚大な被害を受けたが、戦後に復興した。復興にあたっては、宮殿を中心に広がる道路網が尊重されている。1970年代に大規模な都市再開発が行われた際も、選定された案は放射状道路網を尊重したものであった。

中心街のカイザー通りに沿うMarktplatz広場には、ピラミッドがあり、カール3世ヴィルヘルムがその地下室に永眠する。

スポーツ[編集]

カールスルーエSCが、カールスルーエを本拠地とするサッカークラブ。オリバー・カーン(バイエルン・ミュンヘンに移籍)などを輩出した。ブンデスリーガ2部に所属している。

バスケットボール・ブンデスリーガ(ドイツプロバスケットボールリーグの1部)のBGカールスルーエの本拠地。

大学[編集]

出身有名人[編集]

姉妹都市[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]