ピーセク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーセク
View to Písek from Otava River (1).JPG
Flag of Pisek.svg Pisek CoA CZ.jpg
位置
位置の位置図
位置
座標 : 北緯49度18分32秒 東経14度8分45秒 / 北緯49.30889度 東経14.14583度 / 49.30889; 14.14583
行政
チェコの旗 チェコ
 州 南ボヘミア州の旗 南ボヘミア州
 郡 ピーセク郡
ピーセク
市長 Ondřej Veselý
地理
面積  
  域 63.22 km2
標高 378 m
人口
人口 (2011年現在)
  域 29,923人
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
公式ウェブサイト : http://www.mesto-pisek.cz/

ピーセクチェコ語:Písekドイツ語:Pisek)は、チェコ南ボヘミア州の都市。

地理[編集]

プラハの南約100km、フラデツ・クラーロヴェーの北約50kmに位置する。

市街はオタヴァ川ヴルタヴァ川支流)の両岸に沿っている。ピーセクとはチェコ語で『砂』を意味する。

歴史[編集]

最初の定住者たちは、旧石器時代後期に既に現在の市街北部に定住を行っていた。鉄器時代には、のちに都市ができる場所にケルト人が暮らしていた。その後、ゲルマン人スラヴ人が定住した。

おそらく12世紀頃、聖ヴァーツラフ教会が村の中にあった。1308年にはアルトピセク、Altpisek(チェコ語でStarý Písek)の名が現れていた。

実際の中世の都市は、13世紀半ば、ヴァーツラフ1世治世末期にあった。都市の最初の記述は、1243年の王の文書においてである。ヴァーツラフ1世の息子オタカル2世は、南ボヘミアにおいてプシェミスル朝の力を強化するためにピーセク建設に特別な注意を払った。短期間で、教会とドミニコ会修道院のある都市に要塞が築かれ、川には石の橋(現在、チェコ国内最古の石橋)が架けられ、1256年には王立都市となった。

ピーセク建設の理由は、オタヴァ川で見つかる砂金であろう。ピーセクは金の通商路ゴルデナー・シュタイグ(de)を監視する、南ボヘミアにおける王権の拠点だった。都市はボヘミアの支配者から数多くの特権を授けられ、その富の基盤とした。

1419年にピーセクはフス派に加わり、その中の急進派であるターボル派に属した。1452年までピーセクはその独立性を維持した。1509年当時、ボヘミアで最も裕福な都市のひとつに数えられた。彼らはピーセツケ山地の森林地帯にある王家の城を購入したのである。繁栄の時代は1630年代まで続いた。

1532年、ピーセクは大火で建物のほとんどが焼失した。1543年、神聖ローマ皇帝フェルディナント1世に対する反乱にピーセクは参加し、失敗している。ピーセクは所有する全ての権利を剥奪される罰を受けた。品物は後で返されたが、都市の危機はさらに近づいた。

三十年戦争が致命的な結果をもたらした。ピーセクは3度征服された。特に、1620年9月30日の最後の包囲戦で都市は帝国軍に完全に破壊され、人口の一部が都市の周囲に住むほどとなった。衰えた都市はさらに1627年、1646年、1651年と火災の影響を受けた。都市の回復に数十年を必要とした。

1744年には駐留軍の駐屯地がおかれた。強力な愛国運動が起きた19世紀後半、産業革命がおき、1888年に市営発電所が運転を開始した。

1918年10月14日、チェコスロバキア共和国建国がピーセクで宣言された(公式宣言は二週間後の10月28日)。都市は、多くの高校があり高等教育の中心である戦前の伝統を受け継ぎ、学生の町である一方、夏の観光客や、平穏な老後を過ごしにやってくる退職者の町となった。ピーセクをトマーシュ・マサリクエドヴァルド・ベネシュが訪れている。

1939年以降、ピーセクはナチス・ドイツベーメン・メーレン保護領下に入った。都市が開放されたのは1945年5月10日、ソビエト軍によってであった。

2002年8月に起きた大洪水は、ピーセク市街の大部分に被害をもたらした。今日都市は再建されている。

出身者[編集]

姉妹都市[編集]