ポン・デュ・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ポン・デュ・ガール
フランス
ガルドン川に架かるポン・デュ・ガール
ガルドン川に架かるポン・デュ・ガール
英名 Pont du Gard (Roman Aqueduct)
仏名 Pont du Gard
面積 0.3257 ha
(緩衝地域 691 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(3),(4)
登録年 1985年
拡張年 2007年
備考 2007年に緩衝地域が設定された。
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ポン・デュ・ガールの位置
使用方法表示

ポン・デュ・ガール(仏:Pont du Gard)はフランス南部・ガール県ガルドン川に架かる水道橋である。ユゼスからニームへ水を運ぶための水路の途中にあり、古代ローマ時代・紀元前19年頃アウグストゥス帝の腹心アグリッパの命令で架けられたと考えられている。

概要[編集]

夜間にライトアップされたポン・デュ・ガール
  • ニームへの導水路は全長約 50 km、平均斜度は 1 km あたり 24.6 cm で、ポン・デュ・ガール上流でもっとも大きくなっている。それはこの橋の高さを出来る限り低くしようとしたためであった。流水量は1日約2万立方mであった[1]
  • 3層のアーケードは上に行くほど幅が狭くなっている。全体の高さはガルドン川の最低水位から 49 m である。
    • 下層は6つのアーチから成り、長さ 142 m 、幅 6 m 、高さ 22 m である。
    • 中層は11のアーチから成り、長さ 242 m 、幅 4 m 、高さ 20 m である。
    • 導水路がある上層は35のアーチから成り、長さ 275 m 、幅 3 m 、高さ 7 m である[1]
  • 19世紀ナポレオン3世の命令で改修されている[1]
  • この驚異的な光景をうたいあげた作家・芸術家・考古学者は数知れない。18世紀の思想家J.J.ルソーはこの巨大な橋を前にしたときの驚きを次のように語っている。
「この3層からなる素晴らしい建造物の上を歩き回ったが、敬意からほとんど足を踏めないほどであった。自分をまったく卑小なものと思いながらも、何か魂を高揚させてくれるものを感じて、なぜローマ人に生まれなかったのかとつぶやいていたのだった」[1]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ミシュラン・グリーンガイド プロヴァンス(南フランス) フランスミシュランタイヤ社 1991年6月1日 P167

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度56分50秒 東経4度32分07秒 / 北緯43.94722度 東経4.53528度 / 43.94722; 4.53528