ストラスブールのグラン・ディル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ストラスブールの
グラン・ディル
フランス
イル川とプティット・フランスの街並
イル川とプティット・フランスの街並
英名 Strasbourg – Grande île
仏名 Strasbourg – Grande île
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (4)
登録年 1988年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ストラスブールのグラン・ディルの位置
使用方法表示

ストラスブールのグラン・ディル」は、フランスストラスブールにあるユネスコ世界遺産の物件名。グラン・ディルは後述するように北仏の都市ストラスブールの一区域であるが、この区域は歴史的に中心市街が栄えた区域であり、また世界遺産への登録もその点が評価されたものであることから、日本では「ストラスブールの旧市街」と意訳されることもしばしばある。

グラン・ディル[編集]

ストラスブールの市内にはイル川 (L'Ill) が流れている。イル川は市内で大きく2つに分岐した後、市外へ出る前に再び合流する。この結果、市内には分岐したイル川に囲まれた島状の区域が存在する。これが「グラン・ディル」(一般名詞としては「大きな島」の意味)である。

ストラスブールの地図(1888年)。中央がグラン・ディル

主な歴史的建造物・区画[編集]

大聖堂広場[編集]

ノートルダム大聖堂[編集]

ストラスブールのノートルダム大聖堂は、砂岩の外壁を特徴とする高さ142メートルの大聖堂である。現存する大聖堂は1176年から1439年に建造されたゴシック建築の傑作だが、建造当初のロマネスク様式も一部に残っている。建造当時はフランスで最も高い大聖堂だったが、のちにルーアン大聖堂に追い抜かれた。

  • 天文時計 - ストラスブール大聖堂の名物時計。最初のものは14世紀に作られたが、現存するものは18世紀に作られたからくり時計である。12時30分には、12使徒などを象った大勢の自動人形たちが動き出す。
  • 天使の柱 - 13世紀に作られた袖廊の柱。ゴシック様式の美しい彫刻が施されている。

ルーヴル・ノートル=ダム博物館[編集]

ルーヴル・ノートル=ダム博物館 (Musée de l'oeuvre Notre-Dame) には、キリスト教関係のステンドグラスとして現存最古の「ヴィッサンブールのキリスト」が保管されている。これはキリストの頭部を描いたものである。

ロアン宮[編集]

ロアン宮は、18世紀にロベール・ド・コットによって建てられたロアン家の宮殿。現在は、内部に考古学博物館、美術館、陶器などを集めた装飾美術館の3つのミュージアムを抱えている。

鹿薬局[編集]

鹿薬局 (Pharmacie du Cerf) は1589年に建てられたルネサンス様式の建物で、フランスでは最古の部類に属する薬局だが、現在では営業は行われていない。

カメルゼル邸[編集]

カメルゼル邸 (maison Kammerzell) は、1571年に建てられたルネサンス様式の建物。

プティット・フランス[編集]

プティット・フランス(Petite France ; 小フランス)は、ストラスブールの古い町並みが最もよく保存されている地区。イル川が細かく分岐して入り組んでいる。

クレベール広場[編集]

ジャン=バチスト・クレベールの像が立つ広場。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

外部リンク[編集]