ヴァールベリの無線局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ヴァールベリの無線局
スウェーデン
Grimeton VLF transmitter 2004.jpg
英名 Varberg Radio Station
仏名 Station radio Varberg
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4)
登録年 2004年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ヴァールベリの無線局の位置
使用方法表示

グリムトン長波海岸局(識別符号:SAQ)はスウェーデンハッランド県ヴァールベリ近郊にある超長波(VLF)送信局である。「ヴァールベリの無線局[1]の名称でユネスコ世界遺産に登録されている。

世界で唯一稼動可能な高周波発電機式(アレキサンダーソン式)の超長波 (VLF) 送信機を備えている。超長波送信アンテナは高さ 127 m の自立型鉄塔6基の間に渡されたワイヤで構成されているため、巨大な送電用鉄塔のように見える。

概要[編集]

高さ 127 m の自立型鉄塔

1922-1924年[2]に建設された。 1950年代までは専らアメリカロングアイランドにある Radio Central との間で大西洋横断無線電信の送信に使われた。1950年代から1996年の間はまた、潜水艦への送信も行われた。そのため1968年にはトランジスタ真空管を採用した2台目の送信機が導入された。従来の発電機式送信機の 17.2 kHz とは同じアンテナを使っているが、2台目の送信機は 40 kHz 付近で設計されている。

1996年、旧式となった発電機式送信機による運用を停止する。しかし送信機の状態が良かったため、国の史蹟として指定を受ける。

発電機式送信機の運用停止後も、年に1回アレキサンダーソン・デイ (Alexanderson Day) に限り、発電機式送信機による 17.2 kHz のモールス信号で特別記念局が開局されている。また夏期には送信機を見学することもでき、アレキサンダーソン・デイにはイベントが催される。

1960年代からの2代目の送信機は、現在もまだスウェーデン海軍が運用している。高価な周波数フィルタが必要となるため、アンテナを共用しての発電機式送信機との同時運用は不可能である。したがって、特別記念局からの送信は希少価値が非常に高いと言える。

同局は、超長波送信だけにとどまらず、短波帯FM放送、テレビ放送の送信も行っている。1966年には、40 kHz 用送信機のある建物の隣に地上高 260 m の支線付マストが建てられた。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

観光[編集]

  • ヴァールベリ方面から
ヨーロッパ道路6号線 (E6) 54番出口で降り、国道153号線をヴァーナモー (Värnamo) に向かって約 5 km 進む。ゲーデスタッド教会 (Gödestad) を通過したら、グリムトンに向かって右折。約 2 km 先の看板に従い左折。そこから 1 km 進む。
  • ストックホルム及びヴァーナモー方面から
ロルフストープ (Rolfstorp) の手前にある標識に従い、グリムトン教会に向かって左折、約 4 km 進む。教会前の無線局の看板に従い、1 km 程右折する。

[編集]

  1. ^ 日本ユネスコ協会連盟による日本語訳は「ヴァールベリ・ラジオ放送局」。世界遺産活動”. 2011年6月18日閲覧。
  2. ^ Radiostation Grimeton SAQ”. 2011年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯57度06分20秒 東経12度23分25秒 / 北緯57.10556度 東経12.39028度 / 57.10556; 12.39028