ヴィエリチカ岩塩坑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群
ポーランド
ヴィエリチカ岩塩坑内の礼拝堂
ヴィエリチカ岩塩坑内の礼拝堂
英名 Wieliczka Salt Mine
仏名 Mines de sel de Wieliczka
登録区分 文化遺産
登録基準 (4)
登録年 1978年
拡張年 2013年
備考 過去に危機遺産登録(1989年 - 1998年)
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示
岩塩製の「最後の晩餐」

座標: 北緯49度58分45秒 東経20度03分50秒 / 北緯49.97917度 東経20.06389度 / 49.97917; 20.06389

ヴィエリチカ岩塩坑(ヴィエリチカがんえんこう、ポーランド語: Kopalnia soli Wieliczka)は、ポーランド共和国マウォポルスカ県にある岩塩採掘坑クラクフ首都圏内の都市ヴィエリチカ13世紀以来稼働していたが、コストの問題と坑内で洪水が起きる危険性があることから1996年に商業採掘は中止され、現在は観光地となっている。

概要[編集]

1044年創業ポーランド王国のクラクフへの遷都1038年)。「キンガ妃の指輪事件」がきっかけとなり国営企業となったのは1250年。廃坑になっていない岩塩坑としては世界最古で、同時に世界最古の製塩企業でもある。深さは地下 327 m 、全長は 300 km 以上に及ぶ(廃坑になっているものも含めると世界最古の岩塩坑は同じくポーランド共和国マウォポルスカ県にあるボフニャ岩塩坑。また現在操業中の岩塩坑でポーランド最大規模のものはヴィエルコポルスカ県クウォダヴァ町にあるクウォダヴァ岩塩坑)。

特筆すべきは、観光客向けの 3.5 km の坑道で、歴史上や神話上の様々なモチーフを象った彫像が並んでいる。その全ては、坑夫たちが信仰のために岩塩を彫り上げたものである。さらには屈曲した部屋や礼拝堂が岩塩で形成され、岩塩採掘史の展示までがなされている。さながらそこは岩塩製の地下大聖堂のごとき景観を呈しているのである。

この岩塩坑には年間110万人もの観光客が訪れる。長い歴史においてこの岩塩坑を訪れた有名人には、ニコラウス・コペルニクスヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテアレクサンダー・フォン・フンボルトドミトリ・メンデレーエフイグナツィ・パデレフスキロバート・ベーデン=パウエル、カロル・ボイティワ(後のヨハネ・パウロ2世)、ビル・クリントンなどがいる。

第二次世界大戦中には、この岩塩坑を占領したドイツ軍がその一部を軍需物資の製造拠点として使用した。

世界遺産[編集]

1978年ユネスコ世界遺産に登録された。最初に登録された12件のうちのひとつである。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

危機遺産登録[編集]

ヴィエリチカ岩塩坑は1989年危機遺産リストに加えられた。原因は、換気装置に問題があったことから坑内に湿気が溜まり、岩塩製のモニュメントを損ねていたためである。

きちんとした換気装置が据え付けられ、坑内の湿度が適切に保たれるようになったことから、1998年に危機遺産リストからは除外された。

参考文献[編集]

  • この記事の初版は英語版からの翻訳である。以下はその時点で英語版に掲載されていた文献である。
    • Jerzy Grzesiowski, Wieliczka: kopalnia, muzeum, zamek (Wieliczka: the Mine, the Museum, the Castle), 2nd ed., updated and augmented, Warsaw, Sport i Turystyka, 1987, ISBN 83-217-2637-2.
    • Christopher Kasparek, "Prus' Pharaoh and the Wieliczka Salt Mine," The Polish Review, 1997, no. 3, pp. 349-55.
  • 『世界遺産年報2007』日本ユネスコ協会連盟、2006年

関連項目[編集]