ビャウォヴィエジャの森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


世界遺産 ビャウォヴィエジャの森
ベラルーシポーランド
ビャウォヴィエジャの森(ポーランド北東部のポドラシェ県にて撮影)
ビャウォヴィエジャの森
ポーランド北東部のポドラシェ県にて撮影)
英名 Bialowieza Forest
仏名 Fôret Bialowieza
面積 98,108ha
登録区分 自然遺産
登録基準 (9), (10)
登録年 1979年
拡張年 1992年、2014年
IUCN分類 II
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示
「ヤギェウォ王のオーク」の名で知られる大木(※樫の木ではない)
幹径約550cm、樹高約39m。1410年グルンヴァルトの戦い(タンネンベルクの戦い)に赴くポーランド王ヴワディスワフ・ヤギェウォがこの木の下で体を休めたと伝えられる。ポーランド、ビャウォヴィエジャ国立公園(en)内。

ビャウォヴィエジャの森は、ポーランドベラルーシの国境にまたがる原生林ヨーロッパに残された最後の原生林と言われる。貴重なヨーロッパバイソンの棲息地としても知られる。

ポーランド側は1979年、ベラルーシ側は1992年に、ユネスコ世界遺産自然遺産)に登録された。

名称[編集]

  • 世界遺産登録名(英語): Belovezhskaya Pushcha / Białowieża Forest [2]
  • 英語名: Białowieża Forest
  • ポーランド語名: Puszcza Białowieska (プシュチャ・ビャウォヴィェスカ)
  • ベラルーシ語名: Белавежская пушча (Belavezhskaya Pushcha)
  • ロシア語名: Беловежская пуща (Belovezhskaya Pushcha ; ビラヴィェーシュスカヤ・プーシシャ)

英語名に見られる Białowieża は、森林域の中央に位置するポーランド東端の村の名前[1]で、ポーランド語における発音は「ビャウォヴィェジャ英語版[2]。英名 Białowieża Forest はしたがって「ビャウォヴィェジャ(村)の森」の意味。 ユネスコによる世界遺産登録名はさらにこれにベラルーシ語名 Белавежская пушчаラテン文字化したものを併記して[3]、2ヶ国/2言語圏にまたがる事情を反映したものとなっている。ベラルーシ語名の意味も、やはり「ビャウォヴィェジャ(村)の森」である。

和名[編集]

日本語では2014年の再推薦前の名称を、日本ユネスコ協会連盟が「ベラヴェシュスカヤ・プーシャ/ビャウォヴィエジャの森」としている[3][4]ほか、TBSの番組『THE世界遺産』でも同じく「ベラヴェシュスカヤ・プーシャ/ビャウォヴィエジャの森」と呼んでおり[4]、これらはとくに世界遺産を扱う文脈から、併記型の世界遺産登録名をそのまま音写/翻訳したもの。また、ポーランド政府観光局の日本語サイトでは「ビャウォヴィエジャ原生林[5]と呼んでいる。本項ではこれらの例や、併記型でない各国語名に準じて、「ビャウォヴィエジャの森」としている。

ほかに、「ベロヴェーシ合意」のように、「ベロヴェーシ」という呼び方があり、「ベロヴェーシの森」という呼び方の例もある[6]が、これらはおそらくは、Białowieża をロシア語に言い換えた Беловежа (Belovezha)に由来している[要出典]。 さらには本来のポーランド語発音から大きく離れた「ビアロウィーザ」との一種の慣用読みも一部で見られる[7][8]

歴史[編集]

15世紀初めにポーランド王ヴワディスワフ・ヤギェウォ狩猟を行って以後、数々の君主らの狩猟地としてこの広大な原生林は開発されずに保護されてきた。一方でそこに棲息していた動物たちは密猟の横行もあって数を減らし、いくつかのは姿を消した。

1919年、森で最後のヨーロッパバイソンが撃たれ、野生種はいったん絶滅した。その後、動物園で飼育されていたものが人の手で繁殖され、森で再びその姿を見られるようになった。

1979年、ポーランド側がユネスコ世界遺産自然遺産として登録された。ベラルーシ側は1992年に追加登録されている。

1991年12月8日、ベラルーシ側の森の奥にある要人別荘で、ロシアウクライナ、ベラルーシの首脳らによる独立国家共同体創設に関する協定(ベロヴェーシ合意)が結ばれた。

ユネスコ世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

1979年の登録当初は自然美を理由とする基準 (7)[5]が適用されていたが、2014年の再推薦で生態系生物多様性を理由とする基準の変更が行われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ポーランド語名にある Białowieska はその形容詞形である。
  2. ^ 簡単にポーランド語の発音を解説すると、ł, w, ż の発音はそれぞれ [w], [v], [ʒ](ʒ=英語 pleasure の s)。母音の前の i は日本語でいう拗音になる。長音と短音の区別はなく、かつ長音は目立たないので、音写時には音引きをあまり使わない。
  3. ^ ただし、通常ならば Belavezhskaya Pushcha と書くべきところ、何らかの理由により Belo- となっている[1]。ちなみに、これはロシア語名のラテン翻字と同じ綴り。
  4. ^ ただし、これが“日本語での正式名称”というわけではない。
  5. ^ 新基準適用後の番号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]