フユナラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フユナラ
Quercus petraea 06.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ブナ目 Fagales
: ブナ科 Fagaceae
: コナラ属 Quercus
: フユナラ Q. petraea
学名
Quercus petraea
(Mattuschka) Liebl.
英名
Sessile Oak
葉とドングリを付けた芽
吻合した木

フユナラ(Sessile Oak、Cornish Oak、Durmast Oak)は、ヨーロッパ全域からアナトリア半島に自生するナラの一種である。

高さ20mから40mに達する落葉性の大木で、分布域の重なるヨーロッパナラに似る。葉は、長さ7cmから14cm、幅4cmから8cmで、両側に5つから6つの裂片があり、葉柄は1cm程度である。花は、春に咲く尾状花序である。果実は、長さ2cmから3cm、幅1cmから2cmのドングリであり、成熟までに約6か月を要する。

ヨーロッパナラとの比較[編集]

葉に茎がついており、果実に茎がついていない点が、ヨーロッパナラとの植物学上の大きな違いである。ヨーロッパナラが低地の深い肥えた土壌を好むのに対し、フユナラは、浅い酸性の砂質の土壌で、雨の多い300m以上の高地に生える。Quercus × rosaceaと名付けられたヨーロッパナラとの間の雑種は繁殖力を持ち、両親種が土壌を共有する場所で見られ、両親種の中間の性質を持つ。

利用[編集]

木材は、木骨造等の建設や造船、ワイン用のオークの製造等に用いられる。

シンボル[編集]

フユナラは、ウェールズの国木に指定され、Welsh Oakという別名でも知られる[1]。また、コーンウォールの木としても認識され、Cornish Oakという別名もある[2][3]

出典[編集]

  1. ^ "Tree trail with worldwide flavour", BBC News, 23 July 2004
  2. ^ James Minahan, The complete guide to national symbols and emblems , Volume 1, 2009
  3. ^ http://www.thisiscornwall.co.uk/native-trees-thrive-future/story-13244009-detail/story.html