チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧ヴィクトリア・ターミナス駅)
インド
駅舎正面
駅舎正面
英名 Chhatrapati Shivaji Terminus (formerly Victoria Terminus)
仏名 Gare Chhatrapati Shivaji (anciennement gare Victoria)
面積 2.85 ha
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4)
登録年 2004年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅マラーティー語:छत्रपती शिवाजी टर्मिनस、英語:Chhatrapati Shivaji Terminus)はインドムンバイにある鉄道ムンバイ近郊鉄道や、他の長距離鉄道も乗り入れている。旧名は「ヴィクトリア・ターミナス駅」 (Victoria Terminus)。名称が長いせいか、「CST」または「VT」と省略した呼び方のほうがムンバイ市民には通りが良い。歴史的な建築として、2004年ユネスコ世界遺産に登録された。

構造[編集]

1888年に建造された駅舎はヴェネツィアゴシック建築様式で、壮麗で豪奢な建築物である。特徴として、ヴィクトリア朝のゴシック・リヴァイヴァル建築とインドの伝統的建築の融合が見られる。内部は、木彫やタイル、鉄の装飾や真鍮のレール、切符売り場の鉄柵、大階段の手すり等の装飾はボンベイ・アート・スクールの学生の作品である。この駅は19世紀の鉄道駅建築として驚くべき進歩的な構造と技術力を誇っている。

歴史[編集]

駅は1887年から1888年建築家フレデリック・ウィリアム・スティーヴンスによって設計された。建造には10年かかり、ヴィクトリア女王の治世にちなみ「ヴィクトリア駅 (Victoria Terminus)」と名付けられた。1996年シヴ・セーナーの強い要望と、またインドにおける改名論議の一環として、「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス (Chhatrapati Shivaji Terminus)」と改名。17世紀マラータ王国の王チャトラパティ・シヴァージー (Chhatrapati Shivaji) にちなんでいる。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

外観[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯18度56分23秒 東経72度50分08秒 / 北緯18.9398度 東経72.8355度 / 18.9398; 72.8355