テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 テキーラの
古い産業施設群と
リュウゼツランの景観
メキシコ
テキーラ山付近のリュウゼツランの景観と町並み
テキーラ山付近のリュウゼツランの景観と町並み
英名 Agave Landscape and Ancient Industrial Facilities of Tequila
仏名 Paysage d'agaves et anciennes installations industrielles de Tequila
面積 35,019 ha
(緩衝地域 51,261 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4), (5), (6)
登録年 2006年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観」はメキシコの世界遺産のひとつ。メキシコの特産品であるリュウゼツランから造られる蒸留酒は、ハリスコ州テキーラ市周辺の限られた原料・製法で作られたもののみをテキーラ、それ以外のものをメスカルと呼んで区別する。世界遺産に登録されているのは、テキーラの原料となるリュウゼツランの一種(テキラリュウゼツラン)の栽培地や醸造所群が中心となっている。

歴史[編集]

テキラリュウゼツランは、3500年前にはこの地に自生していたものと見なされている。テウチトラン文化期にこの地に住んでいた先住民たちは、リュウゼツランの様々な部位を、縄や織物、建材などとして活用した。そして何よりも、その絞り汁を発酵させた飲料(プルケ)を製造するのに用いていた。

16世紀になるとスペイン人のコンキスタドールたちが入植し、フランシスコ会士たちの手によって、この地方の最初の植民都市サンティアゴ・デ・テキーラも建造された。

スペイン人たちは、手持ちのブランデーが尽きると、リュウゼツランの発酵飲料を蒸留し、新大陸で最初の土着原料による蒸留酒を製造した[1]

その80年ほど後に当たる1600年ころになると、アルタミラ侯ペドロ・サンチェス・デ・タグレ (Pedro Sánchez de Tagle) が、現ハリスコ州内で、最初の工場を作り、テキーラの生産に着手した。1608年までには、ヌエバ・ガリシア (Nueva Galicia) の総督が、これに税金をかけるようになり、その税収は総督府に大きな富をもたらした。

18世紀になると、農園の中に、現存する施設群が建設され、生産量・需要量とも増大していった。19世紀になると、鉄道網の整備に助けられて、他の地方でのリュウゼツラン蒸留酒が他の地域でも製造されるようになった。こうして広い意味でのテキーラは、19世紀後半には、地域の特産品からメキシコの国民的製品となり、さらには国際的にも認知されるようになっていった。

登録対象[編集]

この物件の登録対象は多岐にわたる。

リュウゼツランの栽培地[編集]

ハリスコ州内の農園に生えるテキラリュウゼツラン
テキラリュウゼツランの芯

リュウゼツランのうち、テキーラの原料となるテキラリュウゼツランの野は、テキーラ山からリオ・グランデ渓谷までの標高 2,000 m 前後に広がっている[2]。もともとテキラリュウゼツランはリオ・グランデに自生していたようだが、現在は野生種は絶滅しており、テキーラ用に栽培される形で残っている。

醸造所と工場[編集]

登録対象には、テキーラ市や近隣市の様々な醸造所が含まれている。多くは18世紀から20世紀前半に建てられたもので、稼動を停止し展示館などに転用されているものがある一方で、現在でも稼動しているものもある。伝統的な建造物群の多くには、日干しレンガ漆喰などが用いられており、新古典主義様式やバロック様式の装飾が施された建物もある[3][4]

稼動していない施設群[編集]

工場設備が現存するものや、住宅などの一部が現存するもの、遺跡として残っているものなどがある[4]

  • テキーラ市の施設
    • サンタ・アナ農園 (Hacienda of Santa Ana)
    • サン・マルティン・デ・カナス農園 (Hacienda of San Martin de Canas)
    • サン・フアン・デ・ディオス・デ・ラス・チョレラス農園 (Hacienda of San Juan de Dios de las Chorreras)
    • エスタンシタ農園 (Hacienda of la Estancita)
    • サン・ニコラ・デ・ロス・サンドバレス農場 (Rancho San Nicolas de los Sandovales)
    • サンタ・テレサ農園 (Hacienda de Santa Teresa)
    • ラ・カステジャナとラ・モラの工場 (Factory of la Castellana and la Morra)
  • エル・アレナル市の施設
    • ラ・プロビデンシア農園 (Hacienda la providencia)
    • ラ・パレナ農園 (Hacienda La parrena)
    • ラ・カラベラ農園 (Hacienda de La Calavera)
    • サンタ・キテリア農園 (Hacienda de Santa Quiteria)
  • アマティタン市の施設
    • サン・アントニオ農園 (Hacienda de San Antonio)
  • マグダレナ市の施設
    • ウイトシラパ農園 (Hacienda of Huitzilapa)

稼動中の施設群[編集]

ホセ・クエルボのヒマドール(刈取人)
ホセ・クエルボの銅製蒸留器
ハリスコ州内の醸造所の伝統的な労働者住宅(世界遺産登録対象外の醸造所。参考画像)
  • テキーラ市の施設
    • ラ・ロヘナ醸造所 (Distillery of La Rojena)
    • ホセ・クエルボ酒場[5] (Taberna of José Cuervo) - ラ・ロヘナ醸造所に隣接し、現在は博物館になっている。
    • バジャ・サウサ醸造所 (Distillery Villa Sauza)
    • ラ・コフラディア醸造所 (Distillery La Cofradia)
    • エル・マルティネノ醸造所 (El Martineno Distillery)
  • アマティタン市の施設
    • サン・ホセ・デル・レフヒオ農園 (Hacienda de San José del Refugio)
  • エル・アレナル市の施設
    • ラ・エスコンディダ醸造所 (Distillery of La Escondida)

以上のうち、規模や現存する施設群などの観点から特に重要なものは、テキーラ市のラ・ロヘナ醸造所とアマティタン市のサン・ホセ・デル・レフヒオ農園である[6]

タベルナ[編集]

タベルナ (Tabernas) は、スペイン語で酒場の意味だが、ここでは、かつてアルコール規制が行われた時代にテキーラを密造していた施設を指している。登録対象は2件で、ともにアマティタン市の施設である[7]

  • ロス・テペタテス酒場 (Taberna de Los Tepetates)
  • コフラディダ農園酒場 (Taberna de Rancho de la Cofradia)

街並み[編集]

テキーラ、エル・アレナル、アマティタンの3つの街並みも登録対象となっている。伝統的な街並みというだけでなく、エル・アレナルとアマティタンには、建築家ルイス・バラガンが1940年代に手を加えた教会堂が存在している[7]

テウチトラン文化の遺跡[編集]

グアチモントネス遺跡

テキーラの醸造に直接関わるものではないが、世界遺産にはスペイン人の入植以前の遺跡群も登録されている。登録されているのは、テウチトラン文化期(西暦200年頃 - 900年頃)のものである。テキーラ地方では、この時期の神殿、祭祀場、住居などの遺構が発見されており、以下の遺跡が登録対象になっている[7]

登録[編集]

世界遺産の暫定リストに登録されたのは2001年11月のことで、2004年に正式に推薦された[2]世界遺産委員会の諮問機関である国際記念物遺跡会議(ICOMOS) は、現地調査を踏まえて「登録」を勧告し、2006年の世界遺産委員会で正式に登録された[8]

登録名[編集]

世界遺産としての正式登録名は、Agave Landscape and Ancient Industrial Facilities of Tequila(英語)、Paysage d'agaves et anciennes installations industrielles de Tequila(フランス語)である。その日本語訳は資料によって以下のような違いがある。

  • リュウゼツラン景観と古代テキーラ産業施設群(日本ユネスコ協会連盟[9]
  • リュウゼツランの景観とテキーラ村の古式産業施設群(世界遺産アカデミー[10]
    • 世界遺産アカデミーはかつて「アガヴェのある景観とテキーラ酒の旧来の醸造工場群」と訳していた[3]
  • テキーラ(地方)のリュウゼツランの景観と古代産業設備(古田陽久 古田真美[11]
  • リュウゼツラン景観とテキーラ産業施設群(世界遺産なるほど地図帳)[12]
  • テキーラの竜舌蘭景観と古代の蒸留施設(なるほど知図帳)[13]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

登録に当たっては、リュウゼツランの茂る景観がスペイン人入植以前から先住民たちの生活と結びついてきた文化的景観をなしていること、アメリカ先住民の伝統とヨーロッパの技術の融合によって生まれたテキーラ酒の歴史的意義、テキーラがメキシコの代表的飲料のひとつとして国際的に知られ、音楽や映画などへの様々な文化的影響を及ぼしたことなど、多面的に評価された[8][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Chadwick, Ian (2004年). “In Search of the Blue Agave: History and Legend”. 2008年5月10日閲覧。
  2. ^ a b ICOMOS (2006) p.160
  3. ^ a b c 世界遺産アカデミー監修 (2007) 『世界遺産検定2007 公式出題解説&問題集』毎日コミュニケーションズ、pp.146-147
  4. ^ a b ICOMOS (2006) p.161
  5. ^ 原語はTaberna だが、世界遺産センターの文書では、「タベルナ」の節ではなく、こちらに分類されている。
  6. ^ ICOMOS (2006) pp.161-162
  7. ^ a b c ICOMOS (2006) p.162
  8. ^ a b 30COM 8B.58 Nominations of Cultural Properties to the World Heritage List (Agave Landscape and the Ancient Industrial Facilities of Tequila)
  9. ^ 日本ユネスコ協会連盟監修 (2013) 『世界遺産年報2013』朝日新聞出版、p.37
  10. ^ 世界遺産アカデミー監修 (2012) 『すべてがわかる世界遺産大事典・下』マイナビ、p.329
  11. ^ 古田陽久 古田真美 監修 (2011) 『世界遺産事典 - 2012改訂版』シンクタンクせとうち総合研究機構、p.174
  12. ^ 『新訂版 世界遺産なるほど地図帳』(講談社、2012年)、p.140
  13. ^ 谷治正孝監修 (2013) 『なるほど知図帳・世界2013』昭文社、p.160

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg メキシコの世界遺産
World Heritage Sites in Mexico

文化遺産
古代都市パレンケと国立公園 | 古代都市テオティワカン | メキシコシティ歴史地区ソチミルコ | オアハカ歴史地区モンテ・アルバンの考古遺跡 | プエブラ歴史地区 | グアナフアト歴史地区と鉱山 | 古代都市チチェン・イッツァ | モレリア歴史地区 | 古代都市エル・タヒン | サカテカス歴史地区 | シエラ・デ・サン・フランシスコの岩絵群 | ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 | 古代都市ウシュマル | ケレタロ歴史史跡地区 | グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス | カサス・グランデスのパキメ遺跡地帯 | トラコタルパンの歴史遺跡地帯 | ショチカルコの考古遺跡地帯 | 歴史的城塞都市カンペチェ | ケレタロ州シエラ・ゴルダのフランシスコ会伝道所群 | ルイス・バラガン邸と仕事場 | テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観 | メキシコ国立自治大学の大学都市の中央キャンパス | サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地 | カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ | オアハカ中央盆地にあるヤグルとミトラの先史時代の洞窟群
自然遺産
シアン・カアン | エル・ビスカイノのクジラ保護区 | カリフォルニア湾の島々と自然保護区 | オオカバマダラ生物圏保護区
複合遺産
カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市熱帯雨林保護区英語版
世界遺産 | 北アメリカ・中央アメリカの世界遺産 | メキシコの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、メキシコの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。