パレンケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 古代都市パレンケと
国立公園
メキシコ
『宮殿』
『宮殿』
英名 Pre-Hispanic City and National Park of Palenque
仏名 Palenque
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(3),(4)
登録年 1987年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

パレンケ(Palenque)はメキシコにあるマヤ文明古代都市遺跡で、メキシコの世界遺産の一つである。

ユカタン半島の付根にあたるメキシコ南東部のチアパス州に位置し、7世紀に最盛期を迎えた[1]都市の遺構としての宮殿を中心とする、『マヤ遺跡の典型』といわれる[2]建物群を密林のなかに配置している。

発掘史[編集]

18世紀の半ば頃にスペイン人の手により発見に至り[3]、その本格的な発掘調査が始まったのが1948年[2]

その調査の最終局面にあたる1952年6月15日、メキシコの考古学者アルベルト・ルスが『碑文の神殿』の地下室に辿り着き、室内の壁面にはめ込まれていた巨大な石板を取り外したところ、鍾乳石の垂れ下がる広い洞窟のような部屋がその向こう側に確認された。そこには殉死者と目される数体の遺体に加え、肖像画マヤ文字、また生命樹の図柄の浮彫が施された石の蓋、そしてその下に石棺が埋もれており、数多の装飾品を脇にした遺体が内部に発見された。翡翠仮面をまとったこの遺体は、7世紀に在位したパカル王(偉大な太陽楯、8アハウの偉大なパカル、パカル2世、パカル大王、在位615年~683年)[4]として知られる王のそれであった。 この発見は、中央アメリカのピラミッドがエジプトのそれとは違うという定説、すなわち王の墓ではなく神殿の土台に過ぎないものとの定説を覆し、当時の考古学界に大きな旋風を巻き起こすこととなった。[5]

1987年には『古代都市パレンケと国立公園』として世界遺産に登録された。[6]

事物[編集]

宮殿[編集]

王族の住居であったものと目される建物で、パレンケの中心たる事物[2]天体観測用と考えられている、マヤ建築としては珍しい4階建の塔を中央に備える[7]

神殿[編集]

碑文の神殿[編集]

パレンケのピラミッドのうちで最も高いピラミッドで、パカル王の没年前後に建造されたものである。パカル王の遺体がその基層の墓室に発見された。パカル王の息子たるカン・バラム王に奉げられたもので、壁の一面にマヤ文字があることからこの名がある。[2]

その他の神殿[編集]

『碑文の神殿』のほかに、『十字の神殿』、『葉十字の神殿』、『太陽の神殿』などと呼ばれる、数多の神殿群がある。いずれも『碑文の神殿』に同じくカン・バラム王に奉げられたもので、カン・バラム王についてのことが描かれた石板が納められている。[8][2][3]

石棺に関する誤解[編集]

パカル王の石棺の浮き彫りは、横から見るとロケットに乗り操縦桿を握った宇宙飛行士のように見えたため、古くからUFO研究家などからマヤ文明が宇宙人によって作られた文明であるとの根拠にされてきた。

登録基準[編集]

世界遺産への登録に際しては、文化遺産の条項のうちの、

  • 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • 現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠。
  • 人類の歴史上重要な時代を例証する、建築様式、建築物群、技術の集積、または景観の優れた例。

の4つに該当するものと見做された。[6]

文献資料[編集]

  1. ^ パレンケ  文化遺産』 - 伊藤清忠国土交通省中部地方整備局)
  2. ^ a b c d e パレンケ』 - 東海大学文学部アメリカ文明学科
  3. ^ a b NHK 世界遺産の旅 【古代都市パレンケと国立公園】』 - NHK
  4. ^ サイモン=マーティン,ニコライ=グルーベ/中村 誠一(監修),長谷川 悦夫,徳江 佐和子(他訳)『古代マヤ王歴代誌』創元社,2002年,pp.240~246,ISBN 4422215175
  5. ^ 『世界遺産極める55』 P.88 - 世界遺産を旅する会 〔ISBN 4094171843
  6. ^ a b Pre-Hispanic City and National Park of Palenque - UNESCO World Heritage Centre』(英語) - ユネスコ
  7. ^ 『世界遺産極める55』 P.89 - 世界遺産を旅する会 〔ISBN 4094171843
  8. ^ 『世界遺産極める55』 P.86 - 世界遺産を旅する会 〔ISBN 4094171843

関連項目[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg メキシコの世界遺産
World Heritage Sites in Mexico

文化遺産
古代都市パレンケと国立公園 | 古代都市テオティワカン | メキシコシティ歴史地区ソチミルコ | オアハカ歴史地区モンテ・アルバンの考古遺跡 | プエブラ歴史地区 | グアナフアト歴史地区と鉱山 | 古代都市チチェン・イッツァ | モレリア歴史地区 | 古代都市エル・タヒン | サカテカス歴史地区 | シエラ・デ・サン・フランシスコの岩絵群 | ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 | 古代都市ウシュマル | ケレタロ歴史史跡地区 | グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス | カサス・グランデスのパキメ遺跡地帯 | トラコタルパンの歴史遺跡地帯 | ショチカルコの考古遺跡地帯 | 歴史的城塞都市カンペチェ | ケレタロ州シエラ・ゴルダのフランシスコ会伝道所群 | ルイス・バラガン邸と仕事場 | テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観 | メキシコ国立自治大学の大学都市の中央キャンパス | サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地 | カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ | オアハカ中央盆地にあるヤグルとミトラの先史時代の洞窟群
自然遺産
シアン・カアン | エル・ビスカイノのクジラ保護区 | カリフォルニア湾の島々と自然保護区 | オオカバマダラ生物圏保護区
複合遺産
カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市熱帯雨林保護区英語版
世界遺産 | 北アメリカ・中央アメリカの世界遺産 | メキシコの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、メキシコの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

座標: 北緯17度29分2.32秒 西経92度2分46.78秒 / 北緯17.4839778度 西経92.0463278度 / 17.4839778; -92.0463278