アルベルト・ルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルベルト・ルスAlberto RuzAlberto Ruz Lhuillier1906年1月27日 - 1979年8月25日)は、メソアメリカの研究で広く知られた、メキシコ考古学者

フランスパリ出身。キューバ人の父とフランス人の母との間に生まれる。キューバハバナカレッジを卒業。1936年にメキシコに移り住み、そこで市民権を得た。

1945年にパレンケ遺跡の発掘を開始し、1948年に碑文の神殿の下に隠されていたキニチ・ハナーブ・パカル1世(パカル大王)の墓の入口を発見。1952年に遂に大王の棺と遺体を発見した(発掘は1958年まで続けられた)。

1979年にカナダモントリオールで死去。73歳没。メキシコ政府はルスの功績をたたえるため、パレンケ遺跡の前に彼の墓を建てることを許可した。

文献資料[編集]