パキメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 カサス・グランデスの
パキメ遺跡地帯
メキシコ
Paquime0002.jpg
英名 Archaeological Zone of Paquimé, Casas Grandes
仏名 Zone archéologique de Paquimé, Casas Grandes
面積 36 ha[1]
登録区分 文化遺産
登録基準 (3), (4)
登録年 1998年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示
米国からメキシコにかけての主な先史時代の文化圏
アドべでできた区画状建造物
T字型の入り口
パキメ出土のフクロウ形象多彩色壺。A.D.1280-1450頃。スタンフォード大学蔵。
パキメ出土の「ラモス(Ramos)多彩色」(A.D.1280-1450)の幾何学文無頸壺[2]。スタンフォード大学蔵。
パキメ出土の多彩色人物形象壺。スタンフォード大学蔵。

パキメ (Paquimé) は、メキシコ北東部、チワワ州に残る先コロンブス期考古遺跡である。州都チワワの北西約240 kmハノス (Janos) の南約56 km の、カサス・グランデス川沿いの開けた肥沃な渓谷に位置し、州北西部の考古遺跡地帯の中では特に重要なものの一つと見なされている[3]。北米のプエブロ文化とメソアメリカの先住民文化の交流を証明する点などに価値があり、1998年にはUNESCO世界遺産リストに登録された。

スペイン語で「大きな家々」を意味するカサス・グランデスという名でも呼ばれるが、そちらは現在では所在地の地方自治体、カサス・グランデス市 (Casas Grandes) の名前にも使われている。この市は、近隣のより大きな自治体ヌエボ・カサス・グランデス (Nuevo Casas Grandes) とは別のものである。

歴史[編集]

一帯に人が住むようになったのは、8世紀頃と推測されている。このころに現在の米国ニューメキシコ州の辺りに住んでいたモゴヨン人 (Mogollon people) が南下してきたのである[4]。時期区分はいくつかあるが、11世紀半ばか12世紀半ば頃までは、アドベ日干しレンガ)を使った草葺き屋根の竪穴住居で暮らしていた[4][5]。この時期は「ブエナ・フェ相」とも呼ばれる[5]

それ以降、14世紀頃までに集落は飛躍的に拡大し、建築様式も劇的に変化した。この時期は「パキメ相」とも呼ばれる[5]。アドベを使ったアパートのような区画割された住居群が建てられるようになった。屋根には松の板や泥を使ったものになり、壁は白く塗られるか彩色されるかして仕上げられるようになった[5]

入り口は頭でっかちなT字型(棒付きアイスのような形、右の画像参照)で、下端が上端よりも細く狭まっている。この奇妙な形は外敵の侵入を警戒した結果とされている[5]

最大の集落は今日パキメないしカサス・グランデスとして知られている。それは最初、広場を備えて周囲を壁でめぐらせた20かそれ以上の住居群 (house clusters) のグループとして始まった。これらの一階建てのアドベの住居には、共同の水利システムが存在していた。考古学的知見に基づき、パキメには地下の下水道、貯水庫、各戸向けの水路、汚水システムなどを含む複雑な水利システムが備わっていたことが明らかになっている[6]

この頃のパキメはトルコ石陶器などの交易を大規模に行なっていたと推測されている[7][5]。アドベの建築物は北米のプエブロ文化との共通性を感じさせるものであり、よく似た遺跡は、米国ニューメキシコ州ヒラ (Gila) やサリナス・プエブロ (Salinas) 近郊のほか、コロラド州にも残っており、いずれもモゴヨン文化 (Mogollon culture) の文化グループに属するものである。他方で、I字型のメソアメリカ式の球戯場 (Mesoamerican ballcourts)やケツアルコアトルの図像なども見付かっており、幅広い文化的影響が反映されている[7]。特殊な工芸としては、銅製の鐘や装飾品、海の貝類に由来するビーズ製品、陶器などが挙げられる。

それらをつくる技術は、広範な交易網を通じて広まった。パキメの遺跡にはいくつかのあだ名がついた部屋があるが、「井戸の部屋」では大量の貝殻が、「かまどの部屋」ではメスカルの製造跡が見付かっており、グアテマラコンゴウインコの羽などとともに、広範な交易網の存在を裏付けている[5]。「コンゴウインコの部屋」では、122羽もの鳥の骨が埋葬されていた[8]

パキメの陶器は白ないし赤みを帯びた表面で、青、赤、茶、黒などの彩色がなされており、現在の同じ地域の陶器よりも優れているものも見られる。容器類は、しばしば彩色された人物を象ったものになっている。パキメの陶器は、メキシコ北部で広く取引されただけでなく、現在の米国ニューメキシコ州アリゾナ州に当たる地域でも取引された。パキメの陶器に関する大規模なコレクションは、現在、米国ユタ州ブリガム・ヤング大学の人間文化博物館 (Museum of Peoples and Cultures) が保有している。

その最盛期は14世紀から15世紀初頭と推測され、その頃には1万人の人口を擁していたと考えられているが、その後急速に衰えていき、入植したスペイン人たちも、一帯については小さな農業集落の存在に触れているに過ぎない[4]

学術的な発掘は1920年代に始まったが、本格的になるのは1950年代末以降のことである[8]。世界遺産に登録された1998年の時点では、まだ全体の20%が発掘されているに過ぎなかった[4]

パキメの考古遺跡は1972年の文化財保護法で保護され、1992年には「パキメ考古遺跡地域」(the Archaeological Monuments Zone of Paquimé) という保護区域が設定された[8]

世界遺産[編集]

登録経緯[編集]

メキシコ政府はこの物件を当初世界遺産の暫定リストに掲載しない状態で、1989年に推薦した。これに対してICOMOSは、暫定リストに掲載されていないことや比較研究の不足を理由として、1991年5月に「登録延期」を勧告した[9]

その後、メキシコ政府は1997年6月付で推薦書を再提出した[10]。これに対するICOMOSの勧告は「登録」で[11]、1998年の第22回世界遺産委員会京都)で正式に登録された[12]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

具体的には、基準 (3) は北米から中米にかけて、先コロンブス期に展開されていた文化的交流や交易に関する優れた例証である点が評価されたもので、基準 (4) は北米におけるアドベ建築の発展形態をとどめるだけでなく、メソアメリカの建築様式との混交が見られる点が評価された[11][13]

メキシコ政府は基準 (2) と (5) の適用も申請していたが、これらはICOMOSの勧告の段階で否定されていた[14]。なお、基準 (5) の適用を巡っては、世界遺産委員会の場で委員国から可能かどうかという疑問が呈された。基準 (5) は以下の通りである[注釈 1]


  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

これについては、伝統的生活が現存していることが条件であって、すでに放棄された集落であるパキメには適用できないという認識がICOMOSから示された[13]

登録名[編集]

この物件の正式登録名は Archaeological Zone of Paquimé, Casas Grandes (英語)/ Zone archéologique de Paquimé, Casas Grandes (フランス語)である。その日本語訳は、文献によって以下のような揺れがある。

  • パキメの遺跡、カサス・グランデス(日本ユネスコ協会連盟[15]
  • パキメとカサス・グランデスの考古遺跡(長谷川悦夫[16]
  • カサス・グランデスのパキメ考古学地域(『世界遺産の旅』[17]
  • カサス・グランデスのパキメ遺跡地区(青柳正規[18]
  • パキメの遺跡(世界遺産アカデミー[19]
  • カサス・グランデスのパキメの考古学地域(古田陽久[20]
  • カサス・グランデスのパキメ遺跡地帯(『なるほど知図帳 世界2010』[21]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 厳密に言えば基準 (5) は何度も改訂されており、ここで引用している最新版の基準は、1998年当時のものとは若干異なっている。

出典[編集]

  1. ^ 世界遺産アカデミー (2006) p.46
  2. ^ Tawnsend et.al 2005,plate.77,plate.78に類品あり。
  3. ^ Phillips and Bagwell (2001)
  4. ^ a b c d ICOMOS (1998) p.40
  5. ^ a b c d e f g 長谷川 (1999) p.72
  6. ^ Deeds (2000), p.49
  7. ^ a b 世界遺産アカデミー (2009) p.148
  8. ^ a b c ICOMOS (1998) p.41
  9. ^ http://whc.unesco.org/archive/advisory_body_evaluation/560.pdf (PDF)
  10. ^ メキシコ政府による推薦書改訂版 (PDF)
  11. ^ a b ICOMOS (1998) p.42
  12. ^ UNESCO World Heritage Committee Adds 30 Sites to World Heritage List
  13. ^ a b UNESCO World Heritage Centre - Decision - 22COM VIII.B.1(2010年8月14日閲覧)
  14. ^ ICOMOS (1998) pp.40-42
  15. ^ 日本ユネスコ協会連盟『世界遺産年報1999』。以降、『世界遺産年報2011』まで変化なし。
  16. ^ 長谷川 (1999)
  17. ^ 『地球紀行 世界遺産の旅』小学館、1999年
  18. ^ 青柳 (2003)
  19. ^ 世界遺産アカデミー (2006)、世界遺産アカデミー (2009)
  20. ^ 古田陽久監修「カサス・グランデスのパキメの考古学地域 - Yahoo!トラベル 世界遺産ガイド
  21. ^ 『世界遺産完全ガイドブック』(谷治正孝ほか監修『なるほど知図帳 世界2010』昭文社・別冊付録)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg メキシコの世界遺産
World Heritage Sites in Mexico

文化遺産
古代都市パレンケと国立公園 | 古代都市テオティワカン | メキシコシティ歴史地区ソチミルコ | オアハカ歴史地区モンテ・アルバンの考古遺跡 | プエブラ歴史地区 | グアナフアト歴史地区と鉱山 | 古代都市チチェン・イッツァ | モレリア歴史地区 | 古代都市エル・タヒン | サカテカス歴史地区 | シエラ・デ・サン・フランシスコの岩絵群 | ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 | 古代都市ウシュマル | ケレタロ歴史史跡地区 | グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス | カサス・グランデスのパキメ遺跡地帯 | トラコタルパンの歴史遺跡地帯 | ショチカルコの考古遺跡地帯 | 歴史的城塞都市カンペチェ | ケレタロ州シエラ・ゴルダのフランシスコ会伝道所群 | ルイス・バラガン邸と仕事場 | テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観 | メキシコ国立自治大学の大学都市の中央キャンパス | サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地 | カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ | オアハカ中央盆地にあるヤグルとミトラの先史時代の洞窟群
自然遺産
シアン・カアン | エル・ビスカイノのクジラ保護区 | カリフォルニア湾の島々と自然保護区 | オオカバマダラ生物圏保護区
複合遺産
カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市熱帯雨林保護区英語版
世界遺産 | 北アメリカ・中央アメリカの世界遺産 | メキシコの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、メキシコの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

座標: 北緯30度21分58.67秒 西経107度56分50.74秒 / 北緯30.3662972度 西経107.9474278度 / 30.3662972; -107.9474278