エル・ビスカイノ生物圏保護区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 エル・ビスカイノの
クジラ保護区
メキシコ
Ballena gris adulta con su ballenato.jpg
英名 Whale Sanctuary of El Vizcaino
仏名 Sanctuaire de baleines d'El Vizcaino
面積 369,631 ha
登録区分 自然遺産
登録基準 (10)
登録年 1993年
IUCN分類 Unassigned
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

エル・ビスカイノ生物圏保護区(El Vizcaino Biosphere Reserve)は、太平洋カリフォルニア湾に挟まれたバハ・カリフォルニア半島中央部に設定されているメキシコ生物圏保護区である。1988年に設定された総面積2,546,790 haの生物圏保護区で、独特の砂漠の気候によって育まれた陸棲生物の固有種の豊富さや、コククジラの重要な繁殖地であることなどが特色である。

コククジラの繁殖地になっている2つの潟湖が、ユネスコ世界遺産に登録されている。

動物相[編集]

この地域の動植物は、雨が僅少で激しい風が吹きすさぶ砂漠気候に自らを適応させてきた。その結果、この地域では数千種にも及ぶ植物の固有種や、他では見られないような野生生活が育まれて来たのである。

この地の厳しい環境に適応した動物たちには、コヨーテ齧歯目の動物、ウサギなどの夜行性の動物たちが含まれている。それ以外の動物たちは、多肉植物からだけ水分を得ている。陸棲哺乳類の中で際立っているのが、地上最速の部類に属するプロングホーンである。この保護区では、ほかにもビッグホーンミュールジカなどが見られる。また、定住している鳥や渡り鳥などが数十種確認されている。重要なものとしては、ミサゴサギ科ウ科カモメ科などである。海洋動物としては主役であるコククジラをはじめ、イルカ類やウミガメ科キタゾウアザラシアシカなどが見られる。

世界遺産[編集]

エル・ビスカイノ生物圏保護区のうち、バハ・カリフォルニア半島にあるセバスティアン・ビスカイノ湾、および湾と繋がっている2つの潟湖オホ・デ・リエブレ湖(Laguna de Ojo de Liebre)、サン・イグナシオ湖(Laguna San Ignacio )は、コククジラの繁殖地として知られている。世界中に棲息しているコククジラの半数は、この湾で生まれている[1]

コククジラの繁殖にとって重要な場所であるが、それを目当てにした過剰なホエール・ウォッチングによって海洋環境が悪化したため、現在は観光には規制がされている[1]

世界遺産に登録されているのは、生物圏保護区内のオホ・デ・リエブレ湖(面積226,914ha)と、サン・イグナシオ湖(面積142,717ha)である[2]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

最初の定住者[編集]

アメリカ大陸北部からの放浪者であったコチミ人Cochimi)が、最初にこの地方に落ち着いたのは、1万1000年以上前のことであった。放浪してきたコチミ人たちはシエラ・デ・サン・フランシスコ(サン・フランシスコ山地)の洞窟群に隠れて住んでいた。その当時の生活の痕跡は、シエラ・デ・サン・フランシスコに今も残る洞窟壁画群に見出すことができる。

しかしながら、この地の峻厳な環境のせいで、大規模な開発に晒されることなく、現在まで自然環境がよく維持されてきた。

脚注[編集]

  1. ^ a b ユネスコ世界遺産センター監修『ユネスコ世界遺産(1)北アメリカ』講談社、1996年、p.202
  2. ^ Whale Sanctuary of El Vizcaino - Multiple Locations(2014年3月11日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg メキシコの世界遺産
World Heritage Sites in Mexico

文化遺産
古代都市パレンケと国立公園 | 古代都市テオティワカン | メキシコシティ歴史地区ソチミルコ | オアハカ歴史地区モンテ・アルバンの考古遺跡 | プエブラ歴史地区 | グアナフアト歴史地区と鉱山 | 古代都市チチェン・イッツァ | モレリア歴史地区 | 古代都市エル・タヒン | サカテカス歴史地区 | シエラ・デ・サン・フランシスコの岩絵群 | ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 | 古代都市ウシュマル | ケレタロ歴史史跡地区 | グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス | カサス・グランデスのパキメ遺跡地帯 | トラコタルパンの歴史遺跡地帯 | ショチカルコの考古遺跡地帯 | 歴史的城塞都市カンペチェ | ケレタロ州シエラ・ゴルダのフランシスコ会伝道所群 | カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市 | ルイス・バラガン邸と仕事場 | テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観 | メキシコ国立自治大学の大学都市の中央キャンパス | サン・ミゲル保護街区ヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖域 | エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ | オアハカの中部渓谷にあるヤグルミトラの先史時代の洞窟
自然遺産
シアン・カアン | エル・ビスカイノのクジラ保護区 | カリフォルニア湾の島々と自然保護区 | オオカバマダラ生物圏保護区
世界遺産 | 北アメリカ・中央アメリカの世界遺産 | メキシコの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、メキシコの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

座標: 北緯27度47分32秒 西経114度13分40秒 / 北緯27.79222度 西経114.22778度 / 27.79222; -114.22778