キタゾウアザラシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キタゾウアザラシ
闘うキタゾウアザラシの雄
闘うキタゾウアザラシの雄
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目(食肉目)Carnivora
亜目 : アシカ亜目 Pinnipedia
: アザラシ科 Phocidae
: ゾウアザラシ属 Mirounga
: キタゾウアザラシ M. angustirostris
学名
Mirounga angustirostris
(Gill, 1866)
和名
キタゾウアザラシ
英名
Northern Elephant Seal

キタゾウアザラシ(北象海豹、Mirounga angustirostris)はネコ目(食肉目)アシカ亜目アザラシ科ゾウアザラシ属に属するアザラシである。 ゾウアザラシ属はキタゾウアザラシとミナミゾウアザラシの2種で構成される。

形態[編集]

キタゾウアザラシはアシカ亜目の中ではミナミゾウアザラシに次いで2番目に身体が大きいである。ミナミゾウアザラシよりも若干小さいが、ゾウアザラシの特徴である象鼻はキタゾウアザラシの方が大きい。 雄の体長は平均3.8mであり、雌の平均である2.5mよりもかなり大きく、身体の大きさに関する雌雄間の差が非常に大きい。体重は雄が平均1,800kg、雌は平均650kg。[1] ハレムを形成する一夫多妻制であり、強い雄は一繁殖期で50頭もの雌を妊娠させることができる。

生息地[編集]

分布図

キタゾウアザラシは北太平洋に棲息する。北はアメリカアラスカ州から南はカリフォルニア州メキシコバハ・カリフォルニア州の海岸にかけての海域を回遊する。出産、育児、換毛は主にカリフォルニア沖の島々で行う。 カリフォルニアの湾岸では多くの営巣地(コロニー)が観察されており、カリフォルニア湾では近年は増加が見られる。

生息数[編集]

19世紀には体脂肪から脂を採るための商業的なアザラシ漁が行われ、キタゾウアザラシは絶滅近くにまで減少した。 当時の個体数は100頭から1,000頭であったと考えられている。20世紀に入る頃、メキシコのグアダルーペ島 (Guadalupe Island) において群生繁殖地(ルッカリー)が残っていることがわかり、メキシコ政府による保護が始まった。 20世紀初頭より、メキシコとアメリカの両国において法律的に保護されるようになり、現在では個体数は10万頭以上にまで回復してきた。カリフォルニアでは、年率25%で個体数が増加し、新しい営巣地が確立されている。しかしながら、病気や毒物の汚染による絶滅の危険性は依然として存在している。またエルニーニョ現象やそれによって引き起こされる異常気象が及ぼす個体数への影響も問題であり、1997年から翌年までのエルニーニョ現象は産まれた仔の80%の死亡を引き起こしたと考えられている。

LOWER RISK - Least Concern (IUCN Red List Ver.2.3(1994))

Status iucn2.3 LC.svg

生態[編集]

キタゾウアザラシは主にイカタコなどの頭足類やヌタウナギ、小さなサメなどの魚類を食べる。 長時間の潜水で知られ、多くは深海において餌を捕る。 雄の場合、通常は300mから800m程度潜水して餌を捕るが、1,500mまで潜水することも可能である。 雌の場合には、身体が小さいこともあって、雄ほどは深くまでは潜水しない。 雄の平均潜水時間は20分程度である(雌は少し短い)が、息継ぎに必要な時間は3分程度に過ぎない。 長い場合には、最長2時間程度の潜水も可能である。

キタゾウアザラシの特に若い個体は、ホホジロザメによって捕食される。 時にはシャチによって捕食されることもあるが、雄の成獣に限っては、その巨体ゆえに襲われにくい。

夏季には非常に派手に換毛し、多くの体毛が抜けてしまう。 換毛の間は、新しい毛が生えてくるまで、体温を保つために海岸で過ごす。 この期間には、多くのキタゾウアザラシをカリフォルニアの保護区域(Año Nuevo州立公園(Año Nuevo State Park)、Point Reyes国立保養海岸(Point Reyes National Seashore)など)で見ることができる。 しかしながら、キタゾウアザラシを観察するためには許可が必要である。 というのは、見かけによらずキタゾウアザラシは陸上では人間が走るよりも速く走る事が可能であるからである。 キタゾウアザラシに追突されるのは乗用車に轢かれるのと同じくらい危険であることが知られている。

脚注[編集]

  1. ^ Mirounga angustirostris: Northern Elephant Seal”. North American Mammals. Smithsonian Institution. 2007年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]