国際記念物遺跡会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本イコモス国内委員会事務局が入居する岩波書店本社ビル[1]

国際記念物遺跡会議(こくさいきねんぶついせきかいぎ、International Council on Monuments and Sites、略称 ICOMOS、イコモス)は、世界の歴史的な記念物(あるいは歴史的建造物)および遺跡の保存に関わる専門家の国際的な非政府組織であり、ユネスコの記念物および遺跡の保護に関する諮問機関である。

1965年設立。『記念物および遺跡の保存修復憲章』(通称 ヴェニス憲章1964年)によって設立される。

専門的な対話フォーラムおよびコレクションの輸送、評価、また保存理念、保存技術、方針などに関する情報発信をすすめる。 ICOMOSは世界遺産条約に基づき世界遺産リストに収録される物件の指定を世界遺産委員会およびユネスコに対し答申する。

現在107カ国を超える国々に国内委員会がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本イコモス国内委員会. “お問い合わせ”. 2014年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]