カラクムル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市
メキシコ
カラクムル遺跡の遠景
カラクムル遺跡の遠景
英名 Ancient Maya City of Calakmul, Campeche
仏名 Ancienne cité maya de Calakmul, Campeche
面積 3,000 ha
(緩衝地域 14,7195 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (3), (4)
登録年 2002年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

カラクムル (Calakmul) は、メキシコカンペチェ州にある先古典期後期から古典期にかけて繁栄したマヤ「中部地域」の大都市。1931年に発見され、その規模は30 km²に及び、マヤ遺跡では最多の117基もの記念碑(恐らく石碑 (Stela) のほかに祭壇やその他文字記録が刻まれた彫刻等の石造物を指す)が確認されており、ティカル (Tikal) と並ぶ古典期最大級の「都市」である。紋章文字 (Emblem Glyph) は、蛇の頭で表現され、その旧名は、オシュテトウン(3つの石)と呼ばれていたこと、他の遺跡の碑文でも「蛇(カーン)」王朝という強大な国の首都として記述されていたことが最近判明している。

王朝史[編集]

5世紀の初め頃の日付けを示す石碑や彩色土器が見つかっていることからカラクムルの王朝が始まるのはこの時期と考えられるが、王の即位日が長期暦 (maya Long Count Calendar) で記されていないため時期が確定できない。一説によると「カーン」王朝がカラクムルを首都としたのは6世紀に入ってからではないかと考えられている。

546年、トゥーン・カップ・ヒシュ王は、ナランホ (Naranjo) 王アフ・ウォサルの即位を後見したことが記録されている。次の王は、「空を見る者」と呼ばれる王で562年に現ベリーズにあった「オシュウィツア」(カラコル)を支援して「ムトゥプル」(ティカル)を破り、以後中部低地において覇権を確立した。全盛期はタホーム・ウカッブ・カック(「燃え上がる手」)王(在位622~630)、「ユクノーム頭」王(在位630~636)、「大ユクノーム」(ユクノーム・チェン2世)王(在位636~686)の時代である。タホーム・ウカッブ・カックのとき、626年、決別を図ろうとするナランホ王を2度にわたって破った。「ユクノーム頭」王のとき、631年にナランホに対して決定的な勝利をおさめ、その君主を屈辱的な殺し方で殺した。「大ユクノーム」王のとき、南方約180 kmに位置するグアテマラ・ペテシュバトゥン地方に「ムトゥプル」(ティカル)の王族の一人が建てた新王朝のドス・ピラス (Dos Pilas) を支援して「ムトゥプル」を牽制した。しかし、次の王のユクノーム・イチャーク・カック(「燃え上がる鉤爪」「ジャガーの足」)王のとき、695年、復興した「ムトゥプル」(ティカル)の王ハサウ・チャン・カウィール1世に敗れて以後、急速に衰退した。

現在の状況[編集]

カラクムルで最大級の建物は、建造物2号で、一辺120m、高さは45mに達する。2002年に世界遺産に登録された。

1984年から1994年にかけてウィリアム・フォーランによる調査が行われた。1994年からは、ラモン・カラスコに率いられたメキシコ国立人類学歴史学研究所の大規模な調査プロジェクトが実施中である。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

参考文献[編集]

Martin, Simon and Nikolai Grube 2000 Chronicle of Maya Kings and Queens, Thames and Hudson

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg メキシコの世界遺産
World Heritage Sites in Mexico

文化遺産
古代都市パレンケと国立公園 | 古代都市テオティワカン | メキシコシティ歴史地区ソチミルコ | オアハカ歴史地区モンテ・アルバンの考古遺跡 | プエブラ歴史地区 | グアナフアト歴史地区と鉱山 | 古代都市チチェン・イッツァ | モレリア歴史地区 | 古代都市エル・タヒン | サカテカス歴史地区 | シエラ・デ・サン・フランシスコの岩絵群 | ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 | 古代都市ウシュマル | ケレタロ歴史史跡地区 | グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス | カサス・グランデスのパキメ遺跡地帯 | トラコタルパンの歴史遺跡地帯 | ショチカルコの考古遺跡地帯 | 歴史的城塞都市カンペチェ | ケレタロ州シエラ・ゴルダのフランシスコ会伝道所群 | カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市 | ルイス・バラガン邸と仕事場 | テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観 | メキシコ国立自治大学の大学都市の中央キャンパス | サン・ミゲル保護街区ヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖域 | エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ | オアハカの中部渓谷にあるヤグルミトラの先史時代の洞窟
自然遺産
シアン・カアン | エル・ビスカイノのクジラ保護区 | カリフォルニア湾の島々と自然保護区 | オオカバマダラ生物圏保護区
世界遺産 | 北アメリカ・中央アメリカの世界遺産 | メキシコの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、メキシコの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

座標: 北緯18度06分19秒 西経89度48分39秒 / 北緯18.105392度 西経89.810829度 / 18.105392; -89.810829